異世界転生~神に気に入られた彼はミリタリーで異世界に日の丸を掲げる~

鈴木颯手

第二話特典と転生

「…特典を選ぶ前に転生する先の世界について知りたいのですが」
良太はそのように聞く。もし転生する先が現代よりも化学が進んだ先なら特典によっては使い道がなくなってしまうかもしれなかったからだ。
「それなら教えてあげますよ。転生する世界は中世ヨーロッパのような世界で魔法が存在します」
女性は快く教えてくれた。良太はその内容を踏まえて特典を選ぶ。
「成程、分かりました。それならミリタリー関連でお願いします」
「分かりました。それならミリタリーの知識も与えましょう。ミリタリーに関するものは魔法ということにします。脳内でイメージすればできますよ。それでは早速転生しますか?」
「はい、でもその前に一ついいでしょうか?」
「何でしょうか?」
良太はずっと気になっていたことを質問する。それと同時に体が光ってくる。
「貴方は一体誰なのですか?」
その疑問に女性は不敵に笑うが周りが光ってしまう。しかし、声が最後に聞こえてきた。
「私は天照大御神。今まで子孫ともども信仰してくれてありがとう」
女性、天照大御神の言葉を最後に良太の意識は反転した。





















「…ううん?」
気が付くと良太は風が心地よい草原に寝ていた。上半身を起こし周りを見回してもクラスメイトはおろか人すらいなかった。確認後立ち上がろうとしたとき左手が少し柔らかいものに触れた。左の下を見てみればれな…ではなく稲荷輝夜の姿があり左手は彼女の豊満とは言えないが形の良い胸を触っていた。
「ううん?…!?」
眠っていた彼女は胸を触られる感触で目を覚ますと胸を触れられていることに気付き真っ赤にしてさらに触れているのが良太と分かるとさらに赤くなった。
「りょ、良太。な、何故…!?」
「…すまん」
そう言うと良太は胸から手を外し立ち上がった。輝夜も少し落ち着いたようで立ち上がった。
「こ、こちらこそすまんかったの。気が動転してまっての」
輝夜の顔は赤かったが口元がだらしなく緩んでいた。どうやら恥ずかしさと一緒に嬉しさもあったようだ。
「で、何で稲荷様がいるんだ?」
「む、稲荷様じゃなくて稲荷輝夜!きちんと覚えんか!というよりも様付けなのにいつの間にかため口!?」
「ダメか?輝夜」
「いいとも!」
名前呼びされてうれしい輝夜は普通に了承してしまう。
「それで、何でいるんだ?」
「それはお主も知っておろう。わしはお主と一緒にいたいと言ったであろう。だからあ奴に頼んで一緒に転生させてもらったんじゃ♪」
輝夜は楽しそうに言い良太は確かにと思い出す。
「その件については分かった。つまりここは異世界なんだな?」
「うむ、その通りじゃ。ここは大陸の北西に位置する島で大きさは日本くらいかの」
「大きいな。流石は異世界。それじゃあ、早速特典の確認をするか。確か天照大御神の仰っていた通りなら脳内でイメージすればいいんだよな」
天照大御神の言葉を思い出しながら脳内でまずは警察が使う拳銃を思い浮かべる。すると拳銃は出てこなかったが目の前に青いウインドウが現れた。
「…なんだこれ?」
そう思い触れるとスマートフォンの画面のように様々な画面が出てきた。
『軍事基地一覧』
『軍事施設一覧』
『軍事品一覧』
『車両一覧』
『公共施設一覧』
『住居一覧』
『食料一覧』
『臣民一覧』
『???』
『???』
と描かれていた。その一つ『軍事品一覧』をタッチすると様々なものが写る。
「成程、こうやって呼び出すのか」
孤立はしていたが授業を真面目に受けて頭も悪くない良太はやり方を理解してまずは先ほど出そうと思っていた拳銃をクリックする。すると体から何かが抜けていく感覚がして拳銃が現れた。触ってみるとずっしりとした重みがあり本物ということが分かった。
「どうじゃ?特典の感想は?」
そこへ横から見ていた輝夜が楽しそうに聞いてくる。良太はその問いに満足げに答える。
「ああ、最高だよ」
「良太が強くなっていけば出せるものは増えていく。精進するのじゃじょ」
「勿論だ」
次に良太は『住居一覧』を選択して二階建て住居を選択する。すると今度は上から見た地面が写っており良太の目の前に赤い四角で囲まれたところがあった。恐らく立てる場所を決めるのであろう。良太はそのまま選択すると目の前に選択した住居が現れた。良太は輝夜の方を向く。
「とりあえずこの中に入ろう。輝夜も来るだろ?」
「勿論じゃとも。お主の行く所全てにわしはついて行くつもりじゃ♪」
二人は中に入り一階のリビングに入る。家具はついてくるらしくソファーがあったがテレビはなかった。尤も、ここは異世界であるため必要はないのだが。
「それで?お主はこれからどうするのじゃ?」
輝夜は子供のようにソファーで跳ねて遊んでいる。こういうところは妹と似ており良太は輝夜が妹のように思えてくる。
「取り合えず能力を把握しておかないとな。いざという時に使えないとなると困るからな」
そう言って画面をいじっているととある画面に行きついた。
「魔力残量85?」
そう言えばと良太は思い出す。天照大御神がミリタリーを魔法にすると言っていた。つまり自分の中の魔力を使って召喚したのだろうと良太は考えた。よく見れば拳銃が5、住居が10と書かれており元もとが100であったことが分かった。
「輝夜、魔力はどうやって回復するんだ」
「時間の経過とともに回復するはずじゃよあ奴(天照大御神)もその辺は考慮してくれているはずじゃよ」
輝夜がそう言うので調べるとなんと『食料一覧』の所に魔力回復ポーションといのがあった。調べるときちんと説明が書かれていた。
【魔力回復ポーション】
【飲むと魔力を20~30回復できる。その代り一度飲んだら半日は飲まないようにしないといけない。連続で飲むと魔力が暴走、吹き飛びます】
「怖いな。気を付けないと」
死因が魔力回復ポーション飲みすぎによる破裂などお断りだともって一つだけ出す。今回は魔力を消費しなかったようだ。
「これが魔力回復ポーションか」
見た目は瓶に入った青い液体であるが何処か少しドロッとしていた。良太はそれをソファーの目の前にあるテーブルに置くと画面に視線を戻す。もう少し魔力を使ってから使うようだ。
「『臣民一覧』って言うのを開いてみるか」
『臣民一覧』を開くと男と女を選択する画面が出てきて女の方を選ぶと次に背格好や人種、初期装備を選ぶ画面が出てくるが淡々と打ち込み最後に召喚をおす。初期装備を含むため魔力は70消費したがその分うまく作ることが出来た。召喚したのは迷彩色の軍服を着た女性で年齢は20代前半、戦闘特化のその女性は良太に敬礼する。
「初めまして鹿島様。私は朝霞博美と言います。よろしくお願いします」
「ああ、こちらこそよろしく頼むぞ。早速で悪いがこの家の警護をお願いしたい。これを使ってくれ」
良太はそう言って先ほど召喚した拳銃を渡す。受け取った博美は敬礼して家の外へと向かっていった。
「…取り合えず臣民はどうやるか分かったがこれは意外とチートだな」
天照大御神からの特典に良太は慄くのであった。

「異世界転生~神に気に入られた彼はミリタリーで異世界に日の丸を掲げる~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く