ごめん皆先に異世界行ってるよ、1年後また会おう

味噌汁たべられる

13

(じゃあこの調子で頑張ろうか)

(お!いたいた、フェンリルか?)
「鑑定」
ーーーーーーーーーーーーーーーー

   フェンリル   ランクss

lv47
   体力   670

   攻撃力  850
   
   防御力  750

   素早さ  1200

   魔力   750

  スキル
   
・神聖魔法lv5 ・光魔法lv6・聖爪lv5・威嚇lv5・跳躍lv4・身体強化lv4
ーーーーーーーーーーーーーーーー
(このフェンリルいつものフェンリルより弱いなー。スキルは、やっぱり光魔法かなー、じゃあ触って。)

スキル奪取のレベルが2に上がりました、

(スキルlv上がった、だけど上がって何が変わったのかな?)

「鑑定」
ーーーーーーーーーーーーーーーー
スキル奪取lv2
スキルを奪取するとき、一つのスキルを奪取を自分で選んで。運が良ければ、ランダムでスキルが一個手に入る。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
(うん?これって確かにスキルlv上がったけどさーもっとさースキルを2個選べるとかだったら良いのになー
)

(というか腹減ったなー最近何にも食べていないからなーさっきのコラロット。結構肉は、美味そうなんだよなー、焼いて食ってみるか。じゃあ木を持ってこようか。)

7分後

(これだけあれば、十分だろう、じゃあライターで火をつけて、………うん?ライターあったけ?無いよな
俺の大好きな焼肉が出来ないなんて、もういいよ、炎魔法のスキルを奪ってくるから。炎魔法のスキルを持ったモンスターいたっけ?とりあえず探してみるか?)

翔太の前には、 光っているところがあった

(お?あそこが燃えているな?炎魔法のモンスターか?)

(さて何かな?)

翔太が見たものは、炎を纏った、浮かんでいる、炎の精霊の様に見えた。

(何だこいつ?)

「鑑定」
ーーーーーーーーーーーーーーーー
イフリート
         ランクs

lv47
   体力   500

   攻撃力  650
   
   防御力  650

   素早さ  700

   魔力   1400
スキル
・炎魔法lv6
・炎鎧lv5
・魔力吸収lv4
・炎魔法無効化

称号
・精霊
ーーーーーーーーーーーーーーー
この魔物が出たら、全てを燃やされると思った方が良い。



(………………確かにさ、俺は、炎魔法が欲しかったよ、それに、しても強く無い?、俺がなもしアイツの体に、さわれたとしても炎魔法取る前に俺の手がバーベキュー状態になっちゃうじゃん、焼肉が食いたくて仕方がない、他のモンスターを探そう)







[???????side]


「サッサと準備をしないか、そこの奴隷ハーフエルフと、奴隷猫獣人が。」
太った男が奴隷に言った。

「準備とは、どこに行くのですか?」
心配そうな顔をしたハーフエルフの少女は言った。
「ご主人様どこかにいくのですか?」
それと合わせるように猫耳を持った獣人も言った。
「俺みたいな凄腕の奴隷商人が、行く場所は、決まっているだろう。世界樹だ。」
っと太った男は自信満々に言った。
「せ、世界樹ですか?さ、流石にそれは、危険かと思います。何のために行くのでしょうか?」

「金の為に決まっているじゃないか。」

「お金の為に命を賭けてまで行く価値は無いと思います。」

「私もその意見に賛成です。」

太っていて背が低い金持ちそうな男が怒った顔で2人を殴った

「うるさい。黙っておけお前ら奴隷は、俺のゆう事を聞いておけば良いんだよ。」

「や、やめてくださいご主人様」

「すみませんでした。たかが奴隷がご主人様に歯向かってしまって?殴るのをやめて下さいご主人様。」

(もうこんな生活はいや、誰か助けて下さい。)


ーーーーーーーーーーーーーーーー
ここまで読んでくださってありがとうございます。
良いね、フォローお願いします。

「ごめん皆先に異世界行ってるよ、1年後また会おう」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 船枻 蔑

    会話棒読み、奴隷の子達が出てくるとこ、棒読みすぎて笑ってしまった。
    面白いので頑張って欲しいです。

    1
  • ノベルバユーザー256860

    会話の時の感情表現をもうちょっと頑張って欲しいな
    頭の中ですごい棒読みでセリフが流れてくる

    1
  • 竹傘

    次奴隷ゲットだぜ!

    0
  • ペンギン

    この奴隷の子達を助けて欲しい...

    1
  • Qual

    面白いです!更新待ってます

    3
コメントをもっと見る / 書く