ごめん皆先に異世界行ってるよ、1年後また会おう

味噌汁たべられる

現実世界[愛華side]

(最近翔太君が来ない何でだろう?皆んなが、いじめてたからかな?)

「どうした?愛華?そんな顔して可愛い顔が台無しだ、なんか悩みがあるのか俺でよかったら聞くぞ」

「それがねー最近翔太君が来ないの皆んながいじめられてたからかな。」

「そういえば最近、翔太君が来ていないね心配だなー」

「だから私学校終わったら今日翔太君の家に行ってみようと思うの。」

「本当に愛華は、優しいね。」 

キーンコーンカーンコーン
「すいません先生?最近翔太君が来ないので翔太君の家に行ってみようと思うんですけど翔太君の家の住所知りませんか?」

「確かに翔太君は、来ていないね、ちょっと行って見てくれ。それで住所は、…………」

「ありがとうございます」

(えっと先生に、言われた住所は、ここかな?ここに翔太君が住んでるだよね少し緊張するな)

ピンポーン
「はい、誰ですか?」

インターホンから聞こえてきた声は、女の人の声でそして少しやつれたような声だった

「私、翔太君の同級生の伊藤 愛華って言います。すいません翔太君は、居ませんか?」

「そうですか。まあ家の中に、入ってください」

ガチャ
「どうぞ」

 出てきた人は、身長約155cmぐらいのとても美人な人だったが顔は、少しやつれていた

「お邪魔します。」

「まあ、座ってくださいそういえば、言い忘れてました私、翔太の妹の佐藤 由美って言います。」

「そうですか。翔太君の妹さんだったんですか、それで翔太君は、」

「実は、お兄ちゃんは、行方不明になっています」

(え?行方不明?聞き間違いじゃないよねちゃんといま、行方不明って言ってたよね。)

「行方不明ですか?警察には、言ったんですか?」

「はい。言いました警察の人達が今探してくれてます」

「そうですか」

(嘘でしょう、翔太君が行方不明だなんて、まだあんまり喋ったことだって遊んだことも無いのに、それに、私の思いもまだいってないのに。)



「どうしたんですか?」

「え?何がですか?」

「あのー、目から涙が出てますけど。」

愛華の目から涙が出ていた

(あれ、目から涙が出てたの?あれ?拭いても拭いても涙が止まらない、どうしたんだろう?私?)

「いえ、ちょっと調子が悪くて」

「そうですか、それじゃあ早く家に帰って休まれた方がいいんじゃないんですか。」

「そうですね、早く家に帰って休んだ方がいいですね。」

「あのーお兄ちゃんが見つかれば、メールとかで送りたいので携帯とかありますか?」

「え、はい、あります」

(今日は、もう帰ろう。)

「それでは、お邪魔しましたー」

「あのお兄ちゃんのために来てくれてありがとうざいました」




ーーーーーーーーーーーーーーーー
ここまで読んでくださってありがとうございます、
良いねをいただくと励みになるので良いねお願いします。










「ごめん皆先に異世界行ってるよ、1年後また会おう」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー334287

    なんか色々と抜けてるっていうかまぁよくわかんないです。ここまで読ませていただきありがとうございます

    0
  • レグルス・コルニアス

    地の文無いとか論外でしょ? 仮にも小説書きたいんなら地の文無いと面白味出ないよ?

    1
  • 竹傘

    それな

    3
  • パパ6年生

    個人的意見、『かおが、少しやつれていた』『顔』漢字がいいなぁ…

    1
  • 爽健美茶1205

    皆んながいじめられたではなく皆にいじめられただと思います

    4
コメントをもっと見る / 書く