ごめん皆先に異世界行ってるよ、1年後また会おう

味噌汁たべられる

2

いつも通りに、朝起きて妹にゴミを見る目で見られ。朝ご飯を食べて学校に行く。そしていつも通りにイジメられる。だが今回はいつもと違うことがあった。目の前に1人分ぐらいの穴ができていた

「な、何だこれ?」

手を入れると良く分からない感覚だった。

(面白そうだから中に、入ってみるか)

中に入ったら部屋みたいになっていた。

「なんだ?ここ」

ガラガラドーン

(上から落ちたみたいだ。なんだ?この未知の感触は?)
翔太は右手動かしながらそう言った。

(俺の右手が何か触っている)

(なんだこれ)
もみもみ
「あっ…んっ…ああっ……あっ」

っと女の子の喘ぎ声が聞こえた。

(感触は、布触っているみたいだ。しかし先端のコリコリしたこれはなんだ?暗くて何も見えない。何なんだこれは?)

「あっ……ああっ……んっ、ああっ……あっ……」
うん?このコリコリしたのを動かすと

「あっ……やあぁ……かふっ……へあぁっ」

下を向くと白髪の透けている服を着た顔が人形みたいに顔が整ったロリがいた。

服の中に手があった、

 (あれ?おれの手じゃね?じゃあさっきのイチゴの先っぽじゃね?この後俺警察に捕まるじゃん嫌だよテレビで皆に幼い子どもに性的な行為をしたとながされるの。)

(良し皆俺の今からやる行動を予測してくれ)
































答えは、全力で土下座をする事でした。

「大変申し訳ございませんでしたーー」

(ここは、もう土下座に頼るしかない)

ロリっ子はめちゃくちゃ顔が赤かく、ずっとフーフーと息をたてて呼吸をしていた。

(ど、どうしよう)
 
さっきからずっと人生初めてぐらいの量の冷や汗かいて。体の水分が足りない。

「まあ事故だったから仕方がないのじゃ、今回のは無かったことにしようかのう。」

「ところでお主はだれじゃ?」

「ワシの部屋にはだれも入れないようにしてあるのじゃがなー何処から入ってきたんじゃ?」

「学校にあった黒い穴からはいってきました。」

「あちゃーなんじゃ、結界にあながあいていたのじゃー。」

「ところで貴方は、誰ですか?」

「わしは神のティアである。」

(はい?今自分の事神とか言わなっかたなかったか?)

「その通りじゃお主らでいう女神じゃ」

(心を読まれた!)

「メガミサマデスカ?」

[分かってくれてよかったのじゃ]

(こんなちっちゃいのかよ女神様、もっと女神様は、お姉さんキャラでボンキュボンだよなー)
っと一人で考え一人で頷いた。

「なんじゃちっちゃいってワシに失礼じゃな。」
いまにも手を振り回しそうな雰囲気でそう言った。

「そんな事一切思っていません」

「ま、まあそれは良い。お主は、今から2つの選択肢がある。まず1つは今ワシと話した事を忘れてさっきいた場所まで戻るか、このまま余り力を持たないで異世界に行くかだ」

「マジですか。今すぐ異世界行きます。」
っと即答した。
「そうかそうかわかったの、じゃって、お主今異世界行くと言ったか、あと1年待てば皆んなより少し弱いけどちゃんと異世界行けるのじゃぞ。」

(ということは、俺の学校1年後に異世界いくのかー)

「その通りじゃお主の学校は、1年後異世界に行くのじゃ」

「でも先に行こう、自分は魔王討伐は、面倒だし、それに、クラスのメンバーと異世界行ったら、皆にふざけで殺されそうだし。」
青ざめた顔で翔太は、そう言った。

「そこまで言うならわかったのじゃそれでは異世界に送る前に5つほどスキルを与えよう目は、1つ目は、異世界言語理解と、2つ目は、アイテムボックス後3っつめは、鑑定じゃ。後2つは、お前らの好きなガチャで決めてやるのじゃ。異世界は、中世のヨーロッパぐらいの文化レベルじゃ。」

「ガチャですか?」
翔太は、驚いた顔でいった。

「お前はノーマルガチャじゃ。ちなみにお主の学校生徒はレアガチャなのじゃ。」

「そうですか。じゃあ引きます」

ガラガラ        ポン

「おお、これは、」






















「まだましなスキルなのじゃ」

「まじですか!それでスキルの内容は?」


「スキルの内容は、裁縫と工作じゃなやったのーお主これで服は、作れるし、作りたい放題じゃ。」
っと喜んだ顔で言った。

「たしかにまだましだけどこれ冒険に役立ちますか?」

「一切役に立たないのじゃ」
即答された。
「ですよねー知っていました」

「さーてこれからお主を異世界に送るのじゃ異世界に送る前に妾からのプレゼントじゃ異世界に行ったらステータスボックスで見てくれなのじゃ」

「何から何までありがとうございます」

「異世界の転移場所は、どこが良いかのう?」

「それじゃあ大きな街でお願いします。」

「分かったのじゃそれじゃ元気でなのじゃ」

「女神様もお元気でありがとうございました」




























「ごめん皆先に異世界行ってるよ、1年後また会おう」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • アース

    1.言語理解
    2.アイテムボックス
    3.鑑定
    4と5はガチャから2つ出てきたヤツ、
    野良民さん足りてるよー

    1
  • ノベルバユーザー153651

    ほどだからまぁそこは…

    2
  • 野良民

    スキル一つたりなくね?

    7
  • ノベルバユーザー76359

    神よ、あんたのセリフくっそ読みずれぇ!

    2
コメントを書く