ロストブレイカー

井上晴臣

第4話岩木風香現る

岩木風香は教室に出ても人気だった、俺はあまり興味がなくいつも通り学校生活をしていた。
6時間目が終わりトイレに行こうとしたとき外から大きな音がする、俺は真っ先に下駄箱にある靴を履いて外に出た。
外にはロストが暴れていた。俺はいつも通りロスト目掛けて拳をぶつけようしたとき目には見えないほどの速さでは避けた。
俺はマジかと思いながらも態勢を整えて攻撃しようとしたとき『おい、そこの黒いバケモノ!』その声は今日一番知っている声だった。
俺とロストは声が聞こえた方向を見た、そこには刀を持った岩木風香がいた。
俺は?マーク浮かびながらも質問した。
『なぜあなたがいるんですか?』
『なぜってあの黒いバケモノを倒しにきたに決まってる!』

「ロストブレイカー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く