ヘヴンリィ・ザン・ヘヴン ~異世界転生&成長チート&美少女ハーレムで世界最強の聖剣使いに成り上がる物語~

佐倉唄

1章1話 冬の始まり、そして両手に花(1)



 ラピスラズリの月も、もうすでに中旬――。
 グーテランド七星団学院の前期もすでに折り返し地点に差しかかっていて、どの学年でも中間試験に向けての雰囲気が漂っていた。そして雰囲気だけではなく、実際に講義の内容も試験を意識したモノに少しずつ変わってきている。具体的には、少しだけ今までの講義のおさらいみたいなモノが増えた。

「でも、普段から、毎日こつこつ予習復習をしていれば、試験なんて余裕なのにね」
「その予習復習が難しいんじゃないかな?」

「そうかしら?」
「まぁ、できる人はできるわけだし、難しいとは思わないよね?」

「むっ、ロイのイジワル。あと、私は人間じゃなくてエルフよ」
「あっ、そこだけはゴメン」

 この日の講義が終わると、ロイとアリスは講義室に居残って喋り合っていた。
 なんとなくロイが窓の外に視線を送ると、真っ白な雪が深々と降っていた。冬ということでかなり日が短くなり、空はもう夜の色をしていて、学院のガス灯にも橙色が灯っている。

 そしてロイしか実感できないことかもしれないが、西洋風の街並みに雪が積もると、日本の似非えせクリスマスよりも、なおのこと本物のクリスマス、という感じがした。惜しいのは、この世界にクリスマスがないということなのだが。

「ロイくんっ、アリスっ、お待たせ!」
「ううん、大丈夫だよ」
「シィもきたし、行きましょうか」

 ロイとアリスはシーリーンを待っていたのである。

 そのシーリーンと合流できると、3人は学舎がくしゃから出て門扉を目指す。
 雪も降っていることもあり、建物の外はなかなかに寒かった。冷気が身体に沁みるようである。手の指の先がかじかみ、耳たぶに低温やけどのような感覚が宿り、そして口から吐く息は白い。

 しかし、シーリーンはこれをチャンスだと見方を変える。

「ロイくん、寒いね」
「? そうだねぇ」
「と! いうわけで! えいっ」
「っっ」

 ロイの腕に抱き付くシーリーン。幸せそうに、満面の笑みでロイの腕に頬をスリスリさせながら、彼に自分のかなり発育良好な胸を押し当てる。そこにいやらしい意味はなく、少しでも、1ミリでも、結婚したいと思えるほど、好きで、好きで、大好きな男の子と触れ合っていたかったのだ。

「こうすれば暖かいよね?」
「シィは甘えん坊だね」
「えへへ、ロイくんだけ。他の人にはしないよ?」

 と、シーリーンは初雪のように白い頬を乙女色に染めてはにかんだ。
 しかし、次いで、ロイのシーリーンとは逆隣りを歩いていたアリスが、シーリーンと同じようにロイの腕に抱き付く。

「~~っっ、あ、っ、あなたの恋人は、その……シィだけじゃないでしょ? 私にも同じことをしないと不公平だわ」

 透明感のある白い頬を赤らめるアリス。シーリーンのそれが好きな男の子に素直になった結果なら、アリスのそれは、好きな男の子に照れた結果だった。照れ、といっても、ツンデレに近いが。

 アリスの政略結婚に関する一件でロイとアリスは結ばれたわけだが、アリスはなかなかロイに対して素直になれない。厳密に言うと、まったく素直になれなくて気持ちを伝えられない、なんてことはないが、素直になった次の瞬間には、見栄を張ったり、言い訳したり、少しだけイジイジしてしまったりしてしまう。

「もぅ、アリスは素直じゃないなぁ」 と、シーリーン。
「べ、別に私は、ロイと腕を組みたいわけじゃないわ。ただ、こっちの方がこの季節、暖かいわね、って」
「そっか」

 唇をツンとさせて言い訳するアリスが微笑ましくなり、ロイは彼女に対してクスクスと微笑んだ。
 すると、アリスはそっぽを向いて、ロイと視線を合わせない。

「なによ、ロイのバカ」

 いじけたように、不貞腐れたように、アリスは不満を口にする。だが、決して、ロイと腕を離そうとはしない。満更でもないのだろう、好きな男の子と触れ合えているこの状況が。

 やはり、恋をすると、人も、エルフも、個人差はあれど変わるものだ。
 アリスの場合、以前と好意の種類、好きの意味が変わったせいか、前述のようにロイに対して少しだけ素直じゃなくなっているのだが(無論、そこには、素直じゃなくてもロイなら受け止めてくれる、という甘え要素もあるのだが)、そして加えて、普段よりも子供っぽくなっている。講義中や屋敷では常に貴族らしい気高い立ち居振る舞いをしているのだろうが、ロイの前でだけは、少し、子供っぽい自分を見せる傾向にある。

 余談だが、夜に恋人同士で愛を深める時、シーリーンはロイに甘えさせて、翻って、アリスはロイにかなり甘えてくる。

「そうだ、アリス」
「? なに?」

「そろそろ政略結婚の後処理も終わったと思うんだけど――」
「後処理って……ロイがぶち壊しにしたんじゃない」

「なら、壊さない方がよかった?」
「……、そんなわけ、ないわよ。……、壊してくれて、本当によかったわ」

「あはは……ゴメン、少しイジワルだったかな?」
「まったくよ、もぅ」

 やはり子供っぽく、アリスは頬を小さく膨らませる。
 ここで、シーリーンが会話に混ざるように、くい、と、自分を意識させるためにロイの腕を少しだけ引っ張った。



「ヘヴンリィ・ザン・ヘヴン ~異世界転生&成長チート&美少女ハーレムで世界最強の聖剣使いに成り上がる物語~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー359879

    まじおもろいやん

    0
コメントを書く