雨と一緒に女の子が降ってきた?!

ちぃびぃ

プロローグ

ある雨の日、僕は普通に学校から帰宅していた。しかし今日の帰宅は少し変わっていた。僕の腕の中には美少女がいた。糸のように細く、腰まで届くさらさらの銀髪に傷ひとつない白い肌に僕は顔を赤くした。

「ヤバい、早く帰らないと」

僕はそう言いながら美少女を連れて走り出した。


______________________________________________________
作者からのあとがき
初めまして。かなり初心者なので至らないとこもあると思いますが、一生懸命頑張るので良かったら次も見てください。

「雨と一緒に女の子が降ってきた?!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く