ストーカー女と化した同級生に惚れられたんだが、どうすれば!?

未完ちゃん

第18話 別々でいい

「ところで.......怪我は大丈夫?長谷川さん。」

「えっ.....?あっはい。大丈夫です......!
早川くんに手当てしてもらったので......。」

「そう、なら良かったわ。
......まぁとにかく、用が済んだなら、早く教室に戻りなさい。もうすぐで、昼休みが終わりますよ......。」

「はい。」

「失礼しました。」

...........。
なんか微妙に山野先生に追い出されたような気もしたんだが、気のせいだろう.......
ていうか、普通もうちょっと気まずくならないか......??
それとも、そういうものなんだろうか......??
まぁ、忘れろ。
と言われた以上、考える必要なんてそもそもないか。
それよりも.....
長谷川と今かなり気まずいな。
さっきの話も、山野先生のおかげ?で有耶無耶になったし......

「..............。なあ.....」
「..............。あの.....」

「あ、長谷川先に言っていいよ.....。」

「えっ.....はい。あの.....さっきの話なんですけど.....」

「ああ....さっきの。」

「私も、別々でいいと思います......。
只でさえ、迷惑をかけてしまっていますし..これ以上、迷惑をかけるのは、悪いです。」

「そうか、わかった。」

その方が、長谷川にとっても俺にとってもいいだろう。
.........

「大丈夫、か?」

「?なにがですか?」

「また、ストーカーにあったりしないかってこと。」

「え、?大丈夫ですよ.....。心配してくれて、ありがとうございます」

「ならいいんだけど、。」

なんで、大丈夫と言いきれる、??
それだけ、警戒心が薄いってことなのか、
単に気を遣わせてしまったのか.....
なんか、悪いな.......

ガラッ

教室を見回すと、既に良介は席について、
ノートに何かを必死に書いていた。

「良介ー?何書いてんだ?」

「んぁっ!?なんだ、翔太......。いつ戻ってきてたんだー?」

「今戻ってきてたんだよ。」

「そーかー。今なー.......草部さんとの遊園地デートのスケジュールを必死に考えて、メモってたんだよー」 

「へーー、それはそれは。浮かれすぎて、引かれないようにな?」

「.....ああ。」

ま、花はそういうの気にしないタイプだし、大丈夫だろ。
むしろ、そこを弄るようなやつだし。

「ところでよー、翔太。」

「ん?」

「長谷川さん、どうなったんだ?一緒に戻ってきてたのか?」

「ああ....実は.....」

良介に、先程まであったことを伝えた。

「へー.......なんか意外だな。
翔太なら、
俺が長谷川のこと、守るよ。
とかって言うかと思ったのに。」

「ストーカー女と化した同級生に惚れられたんだが、どうすれば!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー232154

    まあ、翔太は男らしくないと言えばそうであるよな…、翔太のせいで絡まれているんだし。

    0
コメントを書く