ストーカー女と化した同級生に惚れられたんだが、どうすれば!?

未完ちゃん

第15話 女達の嫉妬

ボソッ
『そんなんだから、嫌いになれないんだよなー』

「ん?何か言ったか?」

扉を開けようとしたところで、良介が何か言ったような気がして、振り返る。

「ー?いや、何も言ってないぞー?気のせいだろー」

「そうか?まぁ、とにかく止めてくる。」

「おー」





居た、、!
まだなんか言われてる。
 
「もうっ、、!何なのっ!?
長谷川さん、迷惑って思ってないの!?」

「そっ、、それは、、!」

「っ、、!マジイラつく!とにかく、もう今後一切、早川くんに、近寄らないでよっ!!」

えっ、、、俺?
え、、これ、俺のせいなのか、、、?
って、そんなことより、とりあえず止めないとっ、、、
女子達のうち、
さっき長谷川に、
俺に近寄るなといった一人が、
長谷川を叩こうとした既のところで、なんとか長谷川の前に出て、代わりに叩かれる

パァンッ!!

盛大に叩かれた音がする。

「えっ!!なっなんで、早川くんが、、!?!?えっえっ、、どっどうしよう、、、
ヤバい、、!!あの人・・・に知られたら、、、!!!!」

「ッ、、、」

意外に痛いな、、、。
、、?あの人、、、??
あの人って誰だ、、?

「はっ早川くん、、!?だっ大丈夫ですかっ、、!!
どっどうして、、、なんで、こんなところに、、」

「ああ、大丈夫だ。
口論になってたから止めようと来たら、
叩かれそうだから、庇っただけだけだ。」

「、、、っすみまっ、、! 
、、、ありがとう、、、ございます。」

「ん。ちゃんと言えたな。それより、、、」

危うく、すみませんって言われるとこだったけど、、、。

「なんで、長谷川をこんなところに呼び出したんだ?」

俺は、呆然としている女子達に言った。 

「っ、、それは、、っ!長谷川さんが、早川くんを独占してるからっ、、!」

はい?
俺、長谷川に独占されてるのか、、?
っていうか、それって、登下校一緒にしてることに対してのことだよな、、、?

「だからっ、、!」

「叩こうとしたのか?」

「っ、、、!」

「ふぅー、、、あのなぁ、、そんなしょーもないことで人を叩こうとするなよ。」

「ッ、、!」

「しょーもない、、こと、、。」

「はー、、、分かったか?
、、、とりあえず、俺がこいつらに叩かれたってことは、他の人には言うなよ、長谷川」

「、、っ!?」

「えっ、、なんで、、?」

「俺がお前らに叩かれたってあの人?に知られたら、やばいんだろ?」

「っ、、はい、、。」

「だから、1度だけ見逃してやるって言ってんだ。その代わり、金輪際、長谷川に近づくな。」

「、、、、はい、、」

「よし、、長谷川もそれでいいか、、、?」

「わっ私は、いいですけど、、」

「なら決まりだな。、、、とりあえず保健室に行っとくか長谷川。」

「えっ、?」

「膝、血出てる。」

「えっ、、?あっホントだ、、。気づきませんでした。」

「よし、行くか。歩けるか?」

「はい、大丈夫です。、、ありがとうございます。」

「ストーカー女と化した同級生に惚れられたんだが、どうすれば!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • オメガゼウス

    保健室の「健」ミスってます

    いつも楽しく読まさせていただいています
    次が楽しみです!!

    1
コメントを書く