話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ストーカー女と化した同級生に惚れられたんだが、どうすれば!?

未完ちゃん

第14話 缶コーヒー

「ックック。そうだ、、ックック。だから牛乳人前で飲むの嫌なんだよ、、ックック」
 
へー、、そうだったのか。

「そうか、、それは悪いことしたな。今度炭酸ジュース奢るわ」

「いや、、ックックック、、普通のジュースで頼む。」

「、、 了解。」

「ックックックックック」

、、、。

「お前、そのしゃっくり、止まらないのか?」

「ックック、、ック。コーヒー飲んだら止まるック」

「缶コーヒーでもOK?」

「OK。ック」

「じゃあ、自販機行って買ってくるわ」

多分、缶コーヒー、売ってあっただろう、、、

「ありがとなーック」

「ああ」

俺のせいでしゃっくり出たんだし。
本人も地味に辛いだろうし
あと、しゃっくりがしつこいし、早々に買ってきてやろう。







「ックックック」

あーくそー。しゃっくり止まんねーな
くっそー
牛乳飲むの嫌になりそうだなー
もうすでにちょっと嫌だけどさー
早く帰ってきてくれ、翔太ー!
じゃねぇと、しゃっくりで疲れそう、、、。
、、、、、。
くっそーー身長伸ばしてぇーー
なんか、いい方法ねぇかな〜、、
ちょっと調べてみるか。

« 身長伸ばす方法 »

検索っと。
、、、
サプリ、サプリサプリ、、
金かかるものばっかだな。
金のかからないのがいいんだよなーー
、、サプリ、、サプリ、、、、、、、、、
ストレッチ!
これか!
ふむ、、、へー、、、
思ってたよりは簡単なんだな、、、
よし、!これを、帰ってから毎日やるとしよう、、、!!







ガチャッ

「良介ーー缶コーヒー買ってきたぞー」

「おー来たか翔太。ありがとな〜」

「ああ。」

元を正すと俺のせいだけどな。
、、ん?

「お前、何見てんだ、、??」

「んー?金をかけずに、身長伸ばす方法調べてただけだよー」

ゴクッゴクッゴクッ

「あーなるほどな」

そんなに身長伸ばしたいのかよ、、、
すげえな、恋って笑
俺には到底できこっないけど。

「ぷは、、、ふぅー、、地味に辛かったー、、!」

「そりゃ、しゃっくり止まんねーのは疲れるだろうよ、、、」

「いや、翔太のせいだからなー?しゃっくりで始めたのー」

ギクリ。
しーらないしーらない。
って、、ん?

「、、、長谷川だ。」

「いやいや誤魔化されるかよー、、、ってホントだ。」

「な?あれ、何してんだ、、?」

北校舎を見ていたら、建物の影のところに長谷川が立っていた。
何かを数人の女子と話している。

「さー?ふつーに話してんじゃねーのー?」


「いや、普通あんなとこで話すかよ?」

気になって見てると、
長谷川が女子達の中の一人に押されてよろけ、腰をついた。

「、、!あれ、絶対普通に話してないだろ、、、
ちょっと止めてくる。」

「おー行ってらっしゃいー。流石、ヒーロー」
こいつ、、、、!!
誰がヒーローだ。
なにが流石だ。

「うるさい。」

ボソッ
『そんなんだから、嫌いになれないんだよなー』

「ん?何か言ったか?」

扉を開けようとしたところで、良介が何か言ったような気がして、振り返る。

「ー?いや、何も言ってないぞー?気のせいだろー」

「そうか?まぁ、とにかく止めてくる。」

「おー」

「ストーカー女と化した同級生に惚れられたんだが、どうすれば!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く