話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ストーカー女と化した同級生に惚れられたんだが、どうすれば!?

未完ちゃん

第12話 身長175cm以上

、、、。
そろそろか、、、?

ドタドタドタドタドタドタ
ガチャッ

来た。

「翔太ー!!聞いてくれ〜!!」

あれ、、泣いてない、、まさか、、!

「遊園地に一緒に行ってくれるってー!」

「やっぱ、そうか。よく誘えたな、、、どういうふうに誘ったんだ?」

「え?ふつーに、遊園地の割引チケットあるから、一緒にいこーって。」

「ああ、、、。」

割引って言葉にあいつは弱いからな、、、。
にしても、よくあいつ、OKしたな、、、。
あいつは確か男に触られるの極度に嫌っていたんだけどな、、、。

「おめでとう、良介。」

「おうっ!」

嬉しそうだな、良介のやつ、、、。
あいつと遊園地に行けるのがそんなに嬉しいのか、、、。

「楽しみだな〜、、」

「良かったな、、ところで、、、あいつの好みのタイプ、知りたいか?」

「えっ!?めっちゃ知りたい。どんなんだ?」

「まずは、身長が最低でも175cm以上。」

「175、、!!」

「ああ、175cm。」

「足ったりねぇ、、、」

「あれ、、お前今、何cm?」

「169.8cm」

あれま。5.2cm足りてないんだ笑笑

「惜しかったな!」

「惜しくねぇよ!」

ハッハッハ

「頑張れよー」

「ああ、、、今度から牛乳毎朝飲む、、、」

「お前、牛乳飲めたっけ?」

「、、気合いだ」

さいですか。

「、、、俺が手伝ってやろうか?」

「はい?」

「牛乳をお前の口の中に流し込んでやるって言ってんだよ。」

「NO!!」

「よし、、それじゃ、牛乳買ってくるから、そこで大人しく待っとけよー」

「えっちょっ、、おい!」

「なんだ?身長伸ばしたくないのか?」

「、、、。」

沈黙はOKのサインだろう。
よし、買ってきてやろう、、、。
2.3本くらい流し混んで飲ませてやる、、!!
これも、良介の為。
けっして、嫌がらせなどではない!!
、、、はず。

「ストーカー女と化した同級生に惚れられたんだが、どうすれば!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー232154

    まあ……、正確には、牛乳だけ幾ら飲んでも身長は伸びないんですけどね…。

    1
コメントを書く