話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ストーカー女と化した同級生に惚れられたんだが、どうすれば!?

未完ちゃん

第2話 登校

「ん?どした?」

「いや、なんでもない。」

もう、めんどくさいからいい。

「秋田くん、いつもこの時間に登校してるの?」

「うん、そうだよ〜長谷川さんも?」

「えっ?ええっと、、」

俺の登校時間に合わせてるからランダムかな?なんて言えないよな、、、仕方ないな。

「、、長谷川は、たまに、この時間にいるよな」

「えっうっうん!そうなの!」

「へ〜そうなんだ〜!」

「うん〜」

「で、良介。」

「んー?どした?」

「お前、話って何?」

「へっ?」

こいつ、、、

「昨日お前がメールで話があるって言ってたじゃねぇか」

「あーあれねー!後で言うわ〜」

「、、分かった」

他人がいたら困る話題か、、、?
めんどくさい予感しかしないな、、、
そして、しばらく歩いて学校についた時、、、

「しょーくーん!!」 

「うわっ」

その声を聞いた瞬間、かなりの怖気がたち、俺に猛突進しようとした人間を全力で避けた。

「ぎゃー!」

「はっはな、、、!」

「なんで避けるんだよぉしょーくん、、、! 
まったく、、痛いなぁ、、」

と言い膝を叩きながら立つこいつは、
俺の幼馴染の、草部 花。
俺に異常なぐらいに懐いてくる幼馴染。

「草部さん、おはよう、、!」

そして、花を前にすると必ず良介は赤くなる。
まあ、好きなんだろうな。

「ああ、おはよう秋田くん。」

そして、花は何故か俺以外への話し方が地味に冷たい。

「よかったら、草部さんも一緒に教室までいかない?」

「うん、そうする、、、行こっ!しょーくん!」

「あっああ、、、。」

良介もよく、めげずにやるわな、、、
後、さっきからずっと怖い顔で花を長谷川が見てるんですけどどういうこと、、!?

「ストーカー女と化した同級生に惚れられたんだが、どうすれば!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く