すばらしき竜生!

白波ハクア

第17話 稽古

 子供達の突然の頼み事に戸惑ってしまった二人は、明日の朝から稽古を開始するという約束で、その場は解散となった。
 そして、気持ちの良い朝の村の広場には四人の少年と一人の男が見えていた。 少年達は木刀を両手に持ち、それぞれ違った構えを取り、一人の男を囲って集中している。 その男は真剣そうな少年達とは逆に、眠そうに欠伸をして背伸びしている。首を左右に倒して――ゴギッゴギッという音を出している。 そこを隙と感じたのか、一人の少年が木刀を振るいながら飛び出す。
「うりぁあ!」
 カツン!
「遅い」
 ガンッ!
 腕を伸ばして完全によそ見していた男は、振り向きもせずに襲い掛かる木刀を人差し指で受け止め、素早く木刀にデコピンをして襲い掛かってきた少年を吹き飛ばす。
「うわぁああ!」「早く立て、殺し合いだったら相手は待ってくれないぞ」「――はいっ!」
「はぁあああ!」「バレバレだよ」
 ドゴッ!
 次は男の背後から別の少年が斬りかかるが、それも軽々と受け止められてしまい元の位置に投げ返されてしまう。
「――うぐっ……」「いつまでも倒れてんじゃねぇ!」「――ッ! はい!」
「………スパルタねぇ。もうちょい優しく稽古出来ないのかしらロードってば」
 気合の入った声とは全く違う、気の抜けた声が5人にかけられる。
「うるせぇぞシエル、俺は教えるのが苦手なんだよ。だから体に叩き込むしかないんだ」
 ロードは、気怠げにシエルを見返して文句を言う。シエルは相変わらずの脳筋さにため息を吐く。
「じゃあ、せめて課題を作れば?」「課題? ……あー、ナイス意見だシエル。確かにあった方がやる気が出るな。それじゃあ………課題は何にするかな……」
 顎に手を置いて考え込んでいるロードを見て、シエルは微笑ましく思う。 普段は嫌だと言ったり、態度で示しているロードだが、それでもしっかりと頼まれたら真剣に考えてあげるのだ。 それは、ロードの少ない優しさなのかもしれないと思い、それを見れたシエルは何故か嬉しくなってしまった。
「よし、決めた。おいガキ共、俺とシエルはあと五日間ここに滞在する。その間に俺が出した課題をクリアすると良い物をやる」
 子供達から歓声の声が出る。
「俺の本気度をレベル一からレベル十に区切る。お前らはその中のレベル一の俺と一分間、剣の打ち合いを出来れば課題達成だ」「でもそれなら簡単なんじゃないですか?」「だってレベル一だものねぇ」「ん、じゃあ、さっきから観戦している村長に見本になってもらうか」「………あはは、流石はロードさん。バレていましたか」
 村長は子供達が心配だと、朝の稽古をこっそり覗いていた。それをバレバレだとでも言うように、あっさりと村長の隠れていた場所を見破る。
「今から村長と、俺のレベル一で打ち合いをするから参考までに見てろ。村長は今出せる本気で掛かって来い」「はぁ、本気でですか……それではよろしいですかな?」「あぁ、そっちのタイミングで来い」「それでは―――フッ!」
 村長は息を軽く吐き、渡された木刀をロードに向けて投擲する。それを予想していたロードは木刀で弾くが、村長は既に次の木刀を手に持ち目の前まで迫っていた。
「………へぇ?」「――行きますぞ!」
 カンカンカッ! カカカカカンッ!
 村長の連撃が襲いかかり、ロードは受け流す。 子供達にはなんとか見える程度だが、これを受けろと言うのはなんとも酷な話である。
「これを受け流されますか………本当にレベル一なのですかな?」「はっ、レベル一だと受け流すのが限界だよ」「そうですか。それでは……本気で行きますぞ!」
 ガンガンガンガンガンガン! ―――ガッ! ガガガガガガガ!
 先程の打ち合いより重い剣撃が流れ込んでくる。それを必死に最小限の動きで受け流す。その動作が何回も続くと思われるほど、力量は均衡していた。
「―――ラァ!」「――グッ! ――ッ! …………参りました」
 二人が競り合いになった時、ロードの体当たりで村長がバランスを崩す。よろめいた隙を逃がすロードでは無く、村長の首元に木刀の先をピタリと当てて勝敗は決した。
「凄えな爺さん。ここまで強いとは思わなかったぞ」「十ある段階のレベル一の状態で言われても素直に喜べないですな」「いや、素直に喜んどけよ。爺さんの若い頃だったら勝負はどうなっているか分からねぇな」「それでは……喜んでおくとしましょうか。――あいたた、久しぶりに動くと腰が痛いですのぉ」
 最後には握手をして、村長は家に帰っていった。ロードが最後に村長の耳元で小さく何かを言い、村長はため息をついて頷いていた。
「………なるほど、力を抑えると戦いも楽しいな。これは思わぬ収穫だったな さて、今のがレベル一だが、あと五日間でこれと打ち合いが出来るようになってもらう」「いや無理ですよ!」「あんなのと打ち合えって言うんですか!?」
 当然子供達からはブーイングだった。 それと同時に最低レベルでもあれだけ強い事にシエルは呆れていた。牢屋での喧嘩をしようとしていた時の自分を殴りたい気分だ。
 確かに通常通りのシエルなら、木刀を投擲された時に、木刀を拳銃で弾いてもう片方の拳銃で魔弾を撃ってチェックメイトだが、ロードの様に力を抑えたなら勝てはしないだろう。
「まぁ待てお前ら、何も勝てとは言っていない。一分間だけ打ち合えって言ったんだ、どんな手を使ってでもな。さっきの村長みたいに開幕で木刀をぶん投げて他の木刀を使うのも良し、本当の戦いに卑怯は無いんだ。……だから、な? 簡単に思えてくるだろ?」
(((((思わねぇ!)))))
 口には出さないが、不満を持っている事は誰にだって分かった。ロードは、それを笑って切り捨てる。 そして、更に爆弾発言を投下する。
「じゃ、俺は用事があるから故郷に帰るわ。明後日には戻るからしっかり村長に基礎は教えてもらえよ。アドバイスとしては基礎だけに囚われるなよってだけだな」「「「「「え? えぇええええ!!」」」」」
 ロードは片手を振って、その場から離れる。最終的に子供達は、ポカンとしたまま固まってしまった。 握手の時、何かを言っていたのはこの事だった。
「ちょっと待てぃ!」
 門を通ろうとしていたロードの肩を誰かが捕まえる。ロードの速度に着いてこれるのは、この村に一人しかいない。振り向くと案の定シエルが居た。
「なんだよ」「あんたの故郷って……あれよね」「あぁ、黒竜の集落だな。急いでも結構掛かるからお前は連れて行けねぇぞ」「別に着いて行きたいわけじゃないわよ! ………仲間として理由を聞いておきたいだけよ。話してくれても良いじゃない………」
 裾をギュッと掴んで、ロードを責めるように軽くグーで殴る。シエルは目的を話してくれないロードに、少しの苛立ちと疎外感を持ってしまったのだ。 それを感じ取ったロードは、戸惑いながら最初から言ってやれば良かったと後悔する。
「………あ~、すまん。そうだな仲間には言っといた方が良かったな」「………ロード」「でも、そんな込み入った話じゃないんだ。俺達って金が無いだろ? だから集落の金になる物を集めてくるとか、仲が良いダチと別れの挨拶をして来るだけだ。………待っててくれるか?」「うん、分かった。待ってるわね」「おう……というかお前まで来たら子供達の稽古どうするんだよ。お前も女の子二人に魔法を教えるんだろ?」「う……忘れてただけだもん! ロードが帰ってくるまでに、あっと驚く様な強さに鍛えてやるんだから!」「……女の子なんだから優しくな。じゃあ行ってくる」「えぇ、行ってらっしゃい」
 そう言ってロードは大地を駆ける。 村人達には見えないだろうが、シエルには見えていた。凄まじい速度で黒い塊が空を駆けていったのを。
「あ、いた! シエラ先生ー、稽古お願いしまーす!」「魔法教えてくださーい!」
 シエルがロードを見送っていると、背後から少女達の声が聞こえてきた。シエルが魔法を教えると約束した二人だ。
「はーい、厳しく行くから覚悟してねー」
 こうして、ロードがいない間は村長が少年達に剣術の稽古を、シエルが少女達に魔法の稽古をする事になった。
 村長は元冒険者なので教え方が上手く、少年達は瞬時に力を増していった。 シエルも魔法について細かく教えていき、少女達は知識と理解の基本は覚え、後は魔法を撃てるかの実戦のみだった。

        ◆◇◆

 黒き竜は風となって大地を、木々の合間を、空を駆ける。 やがて目的地に着く頃には太陽は真上に来ていた。
 そこに集落だった面影は僅かしか残っていなかった。全てが焼け焦げており、ほとんどの家が崩れている。黒竜はもちろん居ない。 ここを黒竜の集落だと言って誰が信じるだろうか。それほど酷い有様であった。だが、住んでいたのは短かったが、ここは確かにロードの故郷だった。
『………ただいま』
 もちろん、ロードの言葉に帰ってくる声はひとつも無い。
『バルトが戻ってきて、何か残していった可能性も考えたんだが………それは無いらしいな。―――さて、皆には悪いが物色させてもらうぜ』
 先程までの悲壮感を返せとばかりに、強風が吹く。それもそのはず、今のロードの目は盗賊の目そのものだった。
『どーれどれ? ………これも売れそうだな、これは……ダメだな焼けすぎだ。―――お? これは懐かしい。金になると良いんだが』
 そして1時間、十分に探し回ったロードは、金になりそうな物を"収納"して次の目的地に向かおうとしていた。
『ラゴウ、元気にしてっかな』
 目的地とは、雷竜の集落だ。ここから急いでも1時間掛かる距離にある。正直言って行くのも面倒だが、しばらく会えないだろうから挨拶はしておいた方が良いとロードは思う。
『………さて、仲間も待ってることだし急ぎますか』

 また空を駆け、ぴったり1時間後に雷竜の集落に辿り着いた。見た目は黒竜の集落とさほど変わってなく、文化が若干違うだけだ。 集落に来たは良いが、ラゴウの家が分からないので、ロードは少し強引な手に出る。 集落の真上の空に"空歩"にて立ち、大声を発する。
『すいませーん! 黒竜種のロードですがー! ラゴウは何処に居ますかー?』
 なんとも分かりやすい作戦だった。 ロードの声は、雷竜の集落全体に響き渡り、ラゴウの耳にも入ったであろう。 だが、集落の真上は良い的だった。
『―――この、ボケェェエエエ!!』『ノォオオオオオ!?』
 五秒後に、ラゴウの怒号と共に竜族最大火力のブレスが、ラゴウが出掛けている可能性を思い出し心配しながらボサッとしていたロードに直撃し、ロードは久しぶりの悲鳴をあげた。
『―――てめっ、何しやがる! 本気で死ぬかと思ったぞオイ! まだ若干ピリピリしてるぞ!?』『うるっせぇ! 連絡も寄越さねぇで、どこをほっつき歩いていやがった! それで、ホイホイとここに来やがって心配してたのが馬鹿らしいぜ!』『んだとぉ!? せっかく安心させようと来てやったのに、その言い方は無いだろ! 心配してくれたのはありがとう!!』『どういたしまし――グァ!』『ハッハァ! ざまぁみ――アバッ!』
 飛翔してきたラゴウを殴り飛ばす。お返しにと雷撃を頭上から落とされる。 いつの間にか二体は取っ組み合いになっていた。だが、ラゴウが同年代最強のロードに勝てるはずも無く、振り下ろされた尻尾にて地面に叩き落とされる。
 気性が荒い友達同士は会ったら喧嘩が常識なのだ。二体は初めて出会ったその次の日から度々会って喧嘩をしている。結果は全てロードの勝利だが、ロードと正々堂々ここまで戦えるのは現時点でラゴウとシエルだけだ。
『うっし、今日も俺の勝ちだな。お前、見ないうちに力上げたな』『だぁあああ! 毎日特訓してたのにまだ勝てねぇのか、特訓のやる気が出てくるじゃねぇか! ………家に来い、歓迎するぜ。それと、詳しい話を聞かせてもらうからな』『………あぁ』

「すばらしき竜生!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く