すばらしき竜生!

白波ハクア

第9話 自己紹介

 先に自己紹介を始めたのはシエラだ。
「まずは私から言うわね。 私の名前はシエラ。シエラ=ルミエルよ。気の良い間柄にはシエルって呼ばれてるわ。あなたは気付いているかもしれないけど、種族は………吸血鬼よ」
 本当に言ってもよいのか、言いふらされないだろうか? という若干の迷いを見せたが、シエラは短い間だが共に行動をしてくれているロードを信じたらしい。 こいつは強い奴にしか興味が無いから、種族なんてもの気にしないはずだと。自然とロードを馬鹿にしているが、ロードはシエラの心の中なんぞ知るわけがない。 だが、返ってきた反応はシエラの斜め上をいった。
「あぁ、道理で……」「何が道理で、なのよ」「いや? 八重歯少女って実物を見たら可愛いんだなぁって、思ってたところだ」「――なっ!? あ、ああ当たり前でしょ? わた……私が可愛い………なんて」
 ロードがサラッと褒めると、シエラはなぜか顔を赤くしながらそんな事を言い、そっぽを向く。 ロードはただ素直な感想を言っただけなので、顔を赤く染めてそっぽを向くシエラに、風邪か? と心配するだけだ。
「気を取り直して、自己紹介を再開するわね。私の称号は―――」「ちょっと待て」
 再開していきなりロードが聞いたことない単語が出てきて、ロードは反射的に話を止めてしまう。 シエラは、あまり無い胸を張って自慢気に何かを話そうとしていたところを止められて、少しだけご立腹。頬を膨らましてロードを睨んでいる。
「……なによ」「いや、称号ってなんだ? 聞いたことが無い単語だったから、止めちった……すまん」
「―――え、嘘!? あなた、謝れたの!? それにあんたみたいな奴が、称号の存在を知らないなんて……」
 シエラは2つの意味で驚いていたが、前者の驚きにはロードもムッとした。ロードは俺だって謝るときもあるわ! と叫びたい気持ちを必死に押し殺した。 確かに滅多に謝る事は無いロードだが、自分が悪いと思ったらきちんとロードだって謝る。
「………いいから称号の説明をしてくれ」「わかったわよ…… 称号って言うのはね、特別な者に与えられる権利や能力みたいな物で、今までで一番称号が多い人物は………たしか三つ持ってたわね。勇者と魔王の器って言われる人物は称号を三つ持てるそうよ。 称号で得られる能力っていうのは技能スキル特殊技能エクストラスキルとは違う、圧倒的な力を取得できるわ。称号で得られた能力は固有技能ユニークスキルとか、一部の人の間ではチートとも呼ばれているわね ……その一番チートっぽいあんたが称号無しノーネームだなんて驚きだけど」
(そりゃあ、中身はこれでも"七天竜"ですから。というか"七天竜"は称号にならないのか? ………あぁバルトが持ってるのか)
 声には出さないが、ロードはそう答えておいた。 称号は誰でも取れるチャンスがあるならロードも取ってみたいと思う。ロードの場合"戦闘狂"なんて称号が取れそうだが、あえて考えないようにする。
「で? お前の称号って何だよ」
 先程からシエラがウズウズしていたので、途中で止めてしまったお詫びも込めて助け舟を出す。 するとシエラは、よくぞ聞いてくれました! と言わんばかりに机を叩いてロードに寄ってきた。
(………近い)
「私の称号は――【吸血姫】よ! 能力は、"吸血"による全能力の大幅上昇、それに吸血鬼の全能力の取得よ!」
 だが、シエラの少しの自慢が、ロードの強敵と戦いたいという願望を刺激してしまう。
「―――ほう? って事は、血を吸えば強くなるんだな? なぁ?」「―――ヒィ!」
 ロードの悪魔の微笑みを直に受けてしまったシエラは、短い悲鳴をあげて部屋の端まで素早く後退りする。
「わかったわかった、今は・・戦わないから安心しろって」「今は? 今は、って事は後でって事!? ノォオオオオ! 地雷踏んだぁ!」

 ――一分後、ようやく落ち着きを取り戻したシエラは自身の戦闘スタイルについて説明をし始めた。
「私の武器は、この二丁拳銃よ。元は魔法具だったんだけど私の血を混ぜて攻撃力、耐久力ともに上昇して、更に自由に何処からでも取り出せるように改造したわ」
 そう言い、虚空から二丁拳銃をチャキッと構えながら取り出す。 じっくりよく見ると、黒がベースの拳銃に細かく紅い線が通っているのが見える。なんとも中二病心をくすぐる拳銃だった。 クロトの舎弟に見せたら「フォオオオオオ!? クロトさん、ヤベェっす! めっちゃカッコいいっす!」とか言いそうだ。
「普段は拳銃に魔力を込めて通常の弾を撃ち出すんだけど、更に多い魔力を込めると技も出せるの」「あん時の追尾弾みたいなやつか」「正式には追従魔弾バレットホーミングだけどね。他にもあるけど、それは使う時に見た方が早いわね。私の自己紹介は終わりだけど、質問は?」「吸血鬼なのにから日光は大丈夫なのか?」「これも【吸血姫】のおかげで"日光耐性"は完璧よ」
 ロードが知っている吸血鬼と言ったら日光に当たると消滅してしまう夜行性の生き物なのだが、そこら辺は技能スキルでカバー出来ているらしい。
「行動に支障は無しって事か。後は……個人的に気になってたんだが、吸血鬼って黒や赤のイメージがあるんだが、実際には違うんだな」「いえ、私以外の吸血鬼は大体黒と赤の服を身に纏っているわよ」「じゃあなんでお前は白で統一してんだ?」「簡単な話よ。純白が紅い血で濡れるのがカッコいいからに決まってるわ」「………あ、そう。もう大丈夫だ」
 思ったよりどうでもいい理由で、ロードは質問した事を少しだけ後悔した。 こうしてシエラのターンは終わった。

        ◆◇◆

 次はロードのターンだ。 正直言って、自己紹介をするにしても何を言えば良いのか分からないロードは、シエラが言ってくれたように全てを話すことにした。
「お前に名乗るのは初めてだな。俺はロード、ロード・ヴァン・アデルだ」「名前……ロードって言うのね。……ん、アデル? どこかで聞いた事が―――アッ! アデルって"七天竜"の一柱、黒竜を代表する名前じゃない!」「なんだ、やっぱりそれなりに"七天竜"は有名なのか。知ってたなら説明が早い。 ―――俺の種族名は竜族、それの黒竜種だ。俺の父さんが"七天竜"の黒竜代表な」「―――すいませんでしたぁ!」
 ロードが説明した瞬間、シエラの綺麗な土下座が発動した。 ロードがよく見ると、身体が小刻みに震えている。それにシエラはスカートを履いているので土下座をされると目の場所に困る。ちなみに白だった。
「お、おい。どうした大丈夫か?」「あの"七天竜"しかも、災厄と呼ばれている黒竜種に私はなんて態度を。どうか殺すのだけは勘弁してください!!」「いや殺さねーよ。頭大丈夫か?」「なにが頭大丈夫か、よ! あ、いえ、ですか!」「とりあえず口調は直せよ。気持ち悪い」「――ウッ……むぅ」
 とりあえず承諾してもらえたようだ。シエラは土下座もやめて普通に椅子に座っている。
「あんたが異常なまでに強い理由がわかったわ。黒竜の代表………あんたの親は更に強いの?」「いや? 身体能力では俺が圧倒的に高いと思うぞ。人型での試合は俺が勝ったが、竜形態では技量の差で負けるだろうな」
 なにせ人型ではロードが勝利し、その後の襲撃で死んだ黒竜を全て喰らい尽くし、本来の力の最低でも二倍は上がったとロードも確信しているのだ。 戦ってみないと分からないが、体力テストとかやったら勝つ自信はある。
「黒竜種って、みんなそんなに強いの?」「知らん。全員行方不明か死んだからな。親以外と戦った事無いし」「え………行方不明? 死んだ?」「………過ぎたことだ。もう気にしてねぇよ」
 ロードも、既にその事は過去の出来事になっている。シエラはまだ少しだけロードに同情しているようだが、ロードが気にしていないと言うのでこれ以上は何も言ってこなかった。
「さて、自己紹介を続けるか。……と言っても何も言うこと無いんだよなぁ。称号ってのも何も持ってないし、竜形態に戻る事も出来るけど宿壊すだろうし………戦闘スタイルは殴る蹴るだけだ。なにか質問あるか」
 ロードが質問すれば、シエラは腕を組んで必死に質問を考えてる。
「ん〜、じゃあ何歳?」
 ロードは座りながらコケた。必死に考えてそれかよ! とツッコミをしたかったが、見る限りシエラは子供っぽい質問を本気で考えたようだ。
「十八だ。竜としてはまだまだガキだな」「へぇ~、私と一緒なんだ。私も吸血鬼としては生まれたばかりなのと変わらないのよね」「それは意外だな。吸血鬼って見た目が幼くても年いってるのが多いからな」「失礼ね。誰だって幼い時はあるのよ」「そうだな、少しデリカシーが足りなかったか? すまん、なんか喧嘩の仲だからか気軽に軽口叩けるんだよなお前は」「謝らないでよ、調子狂うわ。それに軽口を言いやすいのはお互い様だから」「じゃあ明日から少しの間だが、よろしくな吸血姫シエラ」「足を引っ張らないように頑張るわよ。こちらこそよろしくね黒竜さんロード
 二人は椅子を立ち、互いに握手を交わす。 ロードとシエラは案外、相性が良いのかもしれない。 こうして、シエラの提案した自己紹介は成功に終わったのだった。

「すばらしき竜生!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く