話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

彼の心にわたしはいないシリーズ

ノベルバユーザー225269

登場人物

〈主人公〉春両親は7歳のときに事故で亡くなった。そのことで負い目を感じており、両親が亡くなった大きな要因は自分だと思っている。それから施設に行ったがそこで暴行を受けていた。祖父の家に引き取られたが、自分を除く全員が美形あるいは美人だったので容姿にコンプレックスを持っている。本人はいたって普通の顔立ちで、父親の影響が強く出た模様。俊哉に恋をしていたが、彼が別の人間に恋をしていたことを知っていた。それでも想いつづけていたが結局は別れてしまうが、失恋の痛みはなかなか消えそうにない。愛情にとても飢えていた。不思議と人に好かれるタイプ。人の気持ちに敏感だが自分の気持ちを伝えることは苦手。

〈両親〉京四朗(父親)夢を追いかけて家を飛び出した。教師になり妻になる涼子に出会った。涼子と春にはしょうしょうタジタジ。親ばかで春が嫁に行くことを嫌がっている。涼子のことは運命の人だと思っていて相思相愛。父親にアルバムを送っていた。

島涼子(母親)美人。京四朗に対しては少々きつい言い方をするが愛情の裏返し。京四朗と春といる時間がとても幸せ。写真を撮るのが好きだった。



〈家族〉おじい様春の祖父。厳格で言い方がきついときがある。自分とは違う光や輝きに憧れを抱いている。そのために京四朗が出て行くことを拒んでいた。自分の行いを恥じている。春を愛していたがそれを伝えることを怠ったため大きな代償を得ることになった。

おばあ様春の祖母。春を愛していたがそれを伝えていなかった一人。

健太郎春の伯父で京四朗の兄にあたる。きつい言い方をすることもあるがその中には愛情がある。京四朗の夢を一番に応援した人物。

昭次郎春の伯父で京四朗の兄にあたる。春に誰よりも目をかけていた。伯父の中では春が一番なついていたと思われる。息子に弘人がいる。

喜三郎春の伯父で京四朗の兄にあたる。優しい物腰。兄弟の中で中で唯一の未婚者。

弘人昭次郎の息子で春の従弟にあたる。春の一つ下。頭脳明晰でもちろん容姿も整っている。春のことをよく見ていた。11歳の時に春への想いを自覚した。春に新京高校を勧めた。春の笑顔と幸せのためには自分の意思を無視する。

祐介母親が京四朗の姉にあたる。5歳で家にいる子供の中で一番幼い。春のことを慕っている。


〈元婚約者〉各務俊也春の10歳年上の才能あふれる王子さまのような青年。絵を描くことが好きだった。亡くなった橋田美雪を愛していた。しかし春のことを捨てることもできなかった。美雪のことを胸に秘めつつ春と婚約をしていたが結局は解消となった。



〈その他〉

橋田美雪俊哉の想い人。俊哉よりも2つ年上で庶民の出。25歳の時に亡くなった。



「彼の心にわたしはいないシリーズ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く