草食系男子が肉食系女子に食べられるまで

Joker0808

第20章 ただいま 2

 目を覚ますと既に朝だった、雄介はベッドから起き上がりカーテンを開け、外を見る。 外は快晴で気持ちがよく、少し肌寒いが、日差しが照り付けて温かい。
「……学校、行きたくねーな」
 雄介はそんな良い天気の外を見ながらつぶやく。 時刻は6時半、一階からは紗子が料理を作る音が聞こえてくる。
「帰って……来たのか……」
 記憶を取り戻した雄介にとって、その日の朝は少し憂鬱だった。 まず、家族にどう接してよいかわからない。
「はぁ……どうしよう……」
 昨日までは普通に接する事が出来たが、いざ記憶が戻ると、どうしたら良いのかわからなくなってしまう。 ベッドに腰かけ、とりあえず落ち着いて考えをまとめる雄介。
「……ただいまか……」
 夢で言われたことを思い出し、雄介は意を決して部屋のドアを開ける。 そのまま一階に向かい、雄介はリビングのドアを開ける。 そこにはエプロン姿で料理をする紗子が居て、ダイニングテーブルでは玄が新聞を読んでいる。
「ん、あぁおはよう、雄介」
「あら、おはよう。今日は良い天気ね」
 明るく挨拶を交わす二人。 雄介のために長期の休暇を取り、最近はいつも家にいる。 本当に心配をかけてしまった。 二人の気持ちを考えると、自分のやろうとしていた事が、どれだけ罰当たりだったのか、考えさせられた。
「紗子さん……玄さん……」
 雄介は涙を堪えながら、今の両親の名を呼ぶ。
「ん? どうかしたのかい」
「雄介?」
 雄介はそこで気が付く。 自分の身勝手さに、自分がどれだけこの二人に支えられ、今まで生きてこられたのかを……。 雄介は笑顔で二人に言葉を発する。
「ただいま……」
 その言葉の意味に、紗子と玄は直ぐに気が付いた。 紗子は料理をしていた手を止めて、玄は新聞を机に無造作に置き、二人で雄介の元に駆け寄った。
「雄介! もしかして記憶が……」
「はい…大変なご迷惑をおかけしました」
 雄介は深々と頭を下げて二人に謝罪する。 紗子は涙を流して雄介を抱きしめ、玄は目頭を押さえて涙を流している。 雄介は二人の反応に、心をひどく痛めた。そして、雄介はこの時誓った、もうこの二人を心配させない、もう不安にさせないと。
「でも……なんで思い出せたんだい?」
「なんだか、不思議な夢を見て、目が覚めたら思い出せてました。本当にすいませんでした」
「いいんだよ。記憶も戻って、本当の意味で雄介が帰ってきた……それだけで十分さ」
 玄は雄介の肩に手を置き、語りかけるように優しく雄介に言う。 紗子は相変わらず涙を流して雄介を抱きしめていた。
「心配したのよ……また……あなたが……何かを失うかもって……」
「心配かけてすいません。もう、何も失いませんよ……俺は」
 本当の子供ではない自分をここまで愛してくれる紗子と玄に、雄介は本当に良い家に引き取られたと再確認する。 それと同時に、この大きな恩をいつか返せればと思っていた。
「ふあぁ~、おはよう……って、お母さんもお父さんも何してるの?」
 里奈が起きてリビングにやってきた。 不思議そうに見つめる里奈に、雄介は微笑みながら里奈にも二人に言ったのと同じ言葉を言う。
「里奈さん、ただいま……」
「え、ユウ君……もしかして……」
「帰ってきました。っていうのは少しおかしいでしょうか?」
「ユウ君!!」
 里奈も雄介の記憶が戻ったことに気が付き、雄介の元に駆け寄って、雄介を抱きしめる。 いつも抱き着いてくる里奈だが、今回は違う。 本当に弟を心配し、記憶が戻った事を心の底から喜び、涙を流して喜んでいる。 随分心配をかけてしまったと、雄介は考えさせられた。
「よかった……本当に……良かった………」
 涙を流し、泣きじゃくる里奈を見て雄介は己の浅はかさを思い知った。 もし自分が死んでいたら、もっとこの人達を悲しませていただろう。 自分が滝沢を殺して、そのあと自分も死ねば、すべてが丸く収まると考えていた雄介だったが、それが間違いだということに改めて気が付く。 ようやく紗子と里奈が泣き止み、今村家一同はテーブルに付き、落ち着いて今後の話をしていた。
「とりあえず、俺は今日、病院に行ってこようと思います。記憶が戻った事を奥澤先生に伝えて、脳の検査を行ってもらわないと」
「じゃあ、私も行くわ、先生から話を聞かなきゃいけないし、玄もくるでしょ」
「もちろんだよ。どうせ家にいるだけだからね」
「すいません……本当に迷惑を……」
 自分のせいで仕事を休む羽目になった二人に対して、雄介は申し訳ない気持ちでいっぱいだった。
「良いのよ、どうせ今回のプロジェクトが終わったら、私はもう家から会社に通うことにしてたし」
「僕の方も気にしなくていいよ。仕事よりも雄介の方が大切だからね」
 二人の言葉に、雄介は胸がいっぱいだった。 結局雄介は急遽学校を休み、病院に行くことになったのだが、大変なのはここからだった。
「それならお姉ちゃんも行くわ! 学校はもちろん休んで」
 里奈は雄介の記憶が戻ったことで大変上機嫌だった。 しかも、さっきから雄介の腕にしがみついて離れようとしない。 本当に心配をかけてしまったこともあり、雄介は里奈何も言えずに、されるがままだった。
「……あんたは学校行きなさい」
「いや! ユウ君が心配」
「里奈、お母さんとお父さんが付いているから心配はいらないよ。それにそろそろ行かないと遅刻だよ?」
「学校よりユウ君の方が大事よ! それに、一日くらい休んだってだいじょ……」
ピンポーン
 里奈が言っている途中で家のチャイムが鳴った。 紗子が玄関に行き、対応すると制服姿の少女と共に、リビングに戻ってきた。 雄介はその少女に見覚えがあった。
「げ、佑美ちゃん……」
「おはよう、里奈。さ、学校に行くわよ!」
 リビングに入ってきたのは、里奈のクラスメイトであり、同じ生徒会の会計の石城佑美セキジョウユミだった。 佑美は無理やりに里奈を引っ張り、学校に連れて行こうとする。
「いや~、ユウ君と一緒にいる~」
「駄々をこねない! 今日も生徒会の会議なんだから! 里奈のお母さん、それじゃ預かっていきます」
「じゃあ、お願いね。里奈、いってらっしゃ~い」
「いーや~!!」
 里奈は佑美に無理やり連れていかれ、その様子を紗子は笑顔で手を振って見送った。 そんな風景を見て雄介は苦笑いをするが、同時にこんな日常が幸せなんだと感じた。 

「草食系男子が肉食系女子に食べられるまで」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー333169

    (。>д<)→\(^o^)/

    0
コメントを書く