草食系男子が肉食系女子に食べられるまで

Joker0808

第16章 新たなる朝7

 二組見舞いが来ただけなのにも関わらず、雄介は疲れて寝てしまった。 突然のガチのお嬢様からの告白に、少し常識のズレたその子の父親との面会。 疲労が溜まるのも無理は無かった。 病室には、徹が置いて行った豪華な花が異様な雰囲気を醸し出している。
「ん……う~ん……今何時だ……」
 雄介は目を覚まして、近くに置いていたスマホを手に取り時刻を確認する。 時刻はもう16時を回っていた。 織姫が病室を後にしてから、実に2時間ほどが経過している。
「結構寝たんだな……よっと」
 雄介は起き上がり、ベッドの横に置いてあるテレビをつける。 チャンネルを回すが何も面白い番組は無い、仕方無しにニュースを見ているととあるニュースが雄介の目についた。
『続きましては、先週起きた学園祭襲撃事件のニュースです。既に犯人は逮捕され、学校も通常通りの授業を再開しました。事件に関しましては……』
 ニュースのアナウンサーが、事件についての細かい詳細を話している。 雄介はそのニュースがどうも気になった。 何か知っているような、聞いたことがあるような……。そんな思いでニュースに見入っていた。
コンコン
 ニュースを見ていると病室のドアをノックする音がした。 雄介はテレビを消し、慌ててノックの主に向かって答えた。
「は~い、どうぞ!」
 雄介がそう言うと、勢いよくドアが開き、ドアの向こうから綺麗な少女が顔を出した。
「ユウ君……」
 その女性の正体は、雄介の義理の姉である、今村里奈だった。 里奈は、学校帰りに直接やって来たらしく、制服姿に学校指定のカバンを持っていた。 しかし、雄介は里奈の事を覚えているはずもなく、誰なのだろうか? と考えながら口を開こうとするが……。
「えっと……どなたでって、うわぁ!!」
「ユウ君! 会いたかった! 会いたかったよ~」
 里奈は雄介が言葉を言い終える前に、雄介の元に飛んでいき、胸に抱き着いた。 わんわん大泣きをしながら、里奈は雄介の胸に顔を押し当てる。 当の本人である雄介は、里奈の正体がわからず困惑していた。
(また、変な人が来た……)
 内心雄介はそう思いながら、里奈が泣き止むのを待った。 数分で里奈は泣き止み、落ち着きを取り戻して、ベッドの脇に用意された椅子に座って涙を拭く。
「あの……すいません、自分記憶が無くて……貴方の事を覚えていなくて……」
「知ってるわ……でも、生きてた……また、会えた……」
 涙をこぼしながら、笑顔でそういう里奈。 雄介は、自分が多くの女性を泣かせるような罪な男だったのだろうか? などと本気で思い始めていた。
「失礼ですが、お名前と自分との関係を聞いても良いでしょうか?」
「えぇ……私は今村里奈、貴方の姉で嫁よ」
「あぁ~貴方が、すいません覚えていなくて………ん?」
 雄介は今さっき里奈が言った自分との関係について、大きな違和感を覚えた。 雄介はその違和感の正体を探るため、もう一度里奈に確認する。
「あの…さっきの自分との関係ですが……嫁とかって言いました?」
「えぇ、言ったわ」
 雄介は確認して間違いで無い事を知ると、頭の中で必死に考えた。
(あれ? 俺って結婚してるの? でも確か、日本男性の結婚年齢って確か18からなんじゃ……)
 などと考えていると、里奈がおもむろに雄介を自分の胸元に抱き寄せて来た。 雄介は里奈の行動に驚きつつも、突然だった事と、里奈の強い力によって、身動きが取れなくなってしまった。
「可哀そうに……ごめんね…お姉ちゃんが守ってあげられなくて……でもこれからはずっと一緒よ。さぁ、お姉ちゃんと一緒に田舎でひっそり暮らしましょう!」
「ま! 待ってください!! とりあえず離してください! 苦しいです…」
「あ、ごめんね…」
 そう言うと里奈は雄介の拘束を解き、椅子に座り直す。 雄介は身の危険を感じ始め、若干里奈から距離を置く。 この人は本当に自分姉なのだろうか? そんな疑問まで浮かんでくる。
「あの、先ほど嫁とか言ってましたけど、冗談ですよね? 年齢的に自分は結婚できませんし……」
「そうね、少し話を盛ったのは認めるわ……でも、結婚を誓い合った恋人同士なのは本当よ!」
「そ、そうなんですか!」
 まさかの姉が恋人という衝撃の真実に雄介は驚く。 しかし、その事実が間違いだという事を、後から入ってきた人物によって知らされた。
「あんたは何やってんの…」
「ぎゃ! い…痛いよ……」
 後からやってきたのは紗子だった。 里奈の頭を本の角で叩き、里奈の言葉を止めた。
「はぁ~、この子はまったく……雄介、この子が貴方の姉って言う事だけが本当。それ以外はこの子の妄想」
「あ、はい。なんか納得です」
 雄介は紗子の説明に直ぐに納得することが出来た。 普通に考えてあり得ない話だし、記憶を失う前の自分がどんなだったか、今の雄介は分からないが、そうじゃない気が何となくしていた。
「まぁ…でも、あの子が雄介を家族として愛しているのは本当だから、久しぶりに会えてうれしかったのよ」
 そう言った紗子の目は、まぎれもない母親の顔だった。 二人の子供を交互に見ながら、紗子は目を細める。
「絶対に、貴方たちを不幸になんてさせない。今回の事で決心したわ」
 雄介は紗子の言葉を聞きながら、どう反応したら良いのか戸惑った。 記憶が無い以上、雄介からしたら紗子は他人。 なぜ自分にここまでの事を言うのか、雄介はまだ分からなかった。
「そんな事よりユウ君!」
「え、あ…はい」
 雄介は里奈に呼ばれて、若干後ずさる。 しかし、里奈はベッドの上に乗り、雄介の目の前までやってきて、雄介の顔をよく見る。
「本当に……良かった……」
「え…えっと……」
 里奈は、雄介の頬を撫でながら、優しくそう言い、涙をこぼした。 最初は変な人だと思っていた雄介も、里奈のそんな姿を見て考えを改めた。 自分の事を本当に心配し、愛してくれているのだと……。

「草食系男子が肉食系女子に食べられるまで」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く