話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

草食系男子が肉食系女子に食べられるまで

Joker0808

第16章 新たなる朝2



「えっと……なんで思い出せないんだ? しかもこんな大けがして……」
 雄介は困惑していた。 記憶をなくし、自分が何者であるかもわからず、ただこの状況がどういう状況なのかを考えていた。 すると、病室のドアが開き、白衣を着た老人が入ってきた。
「おぉ、目が覚めたか…よかった、いや実に良かった」
「先生ですか?」
「ん? 何を言って居るのじゃ? わしじゃよ。定期検査であっていたじゃろ?」
 雄介は何のことかさっぱりわからず、首を傾げる。
「あの、自分の事を知っているんですか?」
「何を言って居るんじゃ雄介君? ……まさか……」
 白衣を着た老人は、何かを思い立ち急いで病室を出て行ってしまった。 一体誰だったのだろう? 雄介はそう思いながら、とりあえずベットに横になった。
「これって、俺のかな?」
 雄介は机のわきに置いてあったスマホを手に取り見てみる。 スマホの操作はなぜか体が覚えていた。 自分の物なのか定かではないが、ロックが掛かっていないのが不用心だと思いながら、雄介はスマホを開いて中を確認する。
「今村……雄介……これが俺の名前?」
 スマホの中にあまりアプリは入っておらず、メッセージアプリには数多くの未読の通知が来ていた。
「写真を見てみるか……」
 写真何か手がかりがあるかと思い、写真フォルダを雄介は見始める。そこには楽しそうに笑う友人と自分が写っていた。 女生徒の写真が多く、一体自分は何もだったのか、心配になってくる。
「雄介君! すまないが、今から早速検査に行こう」
「え、あ、はい……」
 慌てて戻ってきた白衣の老人がそういうと、俺は車椅子に乗せられて別室に移動になった。 自分が何の病気で入院しているのかもわからないのに、検査というのは不安だった。 検査は長かった、MRIとか言う機会に入って見たり、レントゲンを撮ったり、2時間くらいずっと検査であちこちを調べられた。 そして、やっと病室に帰って来て、今は白衣の老人が俺の体の説明をしていた。
「単刀直入に言ってしまえば、君は記憶喪失になっている可能性が大きい」
「まぁ、そうでしょうね……何にも思い出せないし……」
 老人の説明を受けるうちに、雄介は自分の事が少しづつわかってきた。 高校1年生である事、元の両親は既に他界しており、今は義理の両親と姉が一人いるらしい。 間もなく、その義理の両親が来るらしいのだが、いかんせん実感がわかない。
「まぁ、あまり情報を与えすぎてもパンクしてしまうかもしれん……とりあえず、ここまで知っていればよいじゃろ。あと、わしは奥澤オクザワ、君の主治医をしている」
「あ、よろしくお願いします。もう一つお聞きして良いですか?」
「なんじゃ?」
「自分は、なぜこんな大けがを?」
 雄介は包帯だらけの体を見せて奥澤に尋ねる。 奥澤は少し考え、優しい顔で雄介に微笑みかけながら語りだす。
「それは、君のやさしさの勲章だ。しかし、同時に憎しみの傷でもある……」
「あの……どういう意味ですか?」
「知らないほうが幸せな事もあるってことだよ……」
 そんな話をしていると、病室のドアが開いた。 ドアを開けたのは二人の男女であり、雄介はおそらく自分の今の両親なんだろうと思いながら、二人に視線を向ける
「雄介!!」
 急いで俺に駆け寄ろうとする女性を奥澤が止める。 そして奥澤が何やら説明をし始める。
「雄介君、少し待っていてくれ」
「あ、はい」
 三人は病室を出て行ってしまった。 しかし、本当に直ぐに戻ってきた、時間にして5分も経っていない。 おそらく廊下で少し話をしたくらいなのだろう。 しかし、帰って来た二人の男女の内、女性が泣いていた。
「あ、あの……あなた達は?」
 雄介は恐る恐る尋ねる。 若々しい感じの男性が雄介の問いに笑顔で答えた。 雄介はこの人が本当に義理の父親だとした随分若いんだなと、驚きながら話を聞いた。
「雄介…いや、覚えていないんだよね……じゃあ、初めましてだね。僕は今村玄イマムラゲン君の父親だよ。こっちは紗子、君の母親だ」
「あ……えっと、すいません……何にも覚えていなくて……」
「そうか……いいさ、悪いのは雄介じゃない……雄介は……頑張ったよ、良く頑張った。だから……今は休んでいて良いんだよ」
 話をしているうちに玄も涙を流し始める。 子供が自分の事を覚えていないのがつらいのは分かる。しかし、雄介は何を言われてもこの人達との記憶が無い、どんな顔をしてこの人達と話せば良いのか、わからない。
「ごめんね……」
 それまで口を開かなかった紗子が口を開いた。 第一声は雄介に対する謝罪だった。
「私が……私が守るって……約束したのに………ごめんね……」
 雄介の手を取り、強く握りながら紗子は雄介に謝り続ける。 雄介は分からなかった。 何を謝られているのか、何を約束したのか、全く覚えていない。 ほどなくして、紗子は無きやみ、三人で奥澤の話を聞くことになった。
「おそらく、頭に強い衝撃を受けた際に脳にダメージを受けたのでしょう。記憶が戻るかどうか、現状は分かりません」
「そんな……」
「しかし、戻らない訳でもありません。突然戻るかもしれませんし、徐々に思い出して行く事もあるのです。とりあえず、体の事の方が今は心配です。このままもう少し入院して経過を見ましょう。雄介君の場合は色々と厄介ですから……」
 何が厄介なのだろうか? 雄介はそこが気になったが、何も言わずに話を聞いていた。 自分の体はそこまで悪いのだろうか? そう考えながら奥澤の話を聞いていた。
「とりあえず、この病室に現状では両親以外は入れないようにと、警察の方からも釘を刺されています。とりあえずは体を治す事に精進し、記憶はその後で取り戻していきましょう」
 そう言って奥澤は出て行った。 残された雄介達は気まずい空気が流れていた。 雄介は何か話した方がいいだろうかと、チラチラ両親であろう人たちの顔を見たり、ソワソワしたりしていた。
「雄介、喉乾いて無いか? 僕が買ってこようか?」
「あ、じゃあすいません、お茶を……」
「分かった、紗子は何か居るかい?」
「私はいらないわ……」
 そう言うと玄は病室を急いで出て行った。 雄介は紗子と二人きりで何を話したらいいか、更に悩んでいた。 泣き止んだものの、その顔は明るいものではなく、どこか暗い表情で、俯いていた。

「草食系男子が肉食系女子に食べられるまで」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー240181

    泣けるアニメ映画みたい

    1
コメントを書く