草食系男子が肉食系女子に食べられるまで

Joker0808

第15章 文化祭の開始9

「どういう意味だ! オリジナルってなんのことだ!!」
「そのままの意味だ。檜山雄介……いや、今は今村か。お前だって覚えがあるだろ? あの実験を……我々はその実験によってつくられた!!」
「ぐっ!」
 話の途中で男は雄介の不意を突き、雄介を蹴り飛ばす。 男の力は強く、雄介は背中から床に倒れ込む。 男は直ぐに立ち上がり、雄介から距離をとって、拳銃を回収する。
「お前はまだ殺すなと命じられている。屋上に来い、そこに俺の……俺達の同類と共に、あの女が待っている。お前の大事な物をすべて壊すためにな」
「あいつらに手を出して見ろ! 俺がお前らを皆殺しにする!!」
 雄介は立ち上がり、男から距離をとる。 男はそのまま階段を上がり、屋上の方に駆けて行った。 雄介は、その場で怒りに震えた。
「クソッ!! あの女……」
 雄介は誰も居なくなった廊下で、怒りを壁にぶつけるしかなかった。 思いっきり壁を殴り、滝沢への怒りをぶつける。 雄介は、屋上に急ごうとまた駆け出す。そして懐からあの四角いケースを取り出し、中を確認する。
「いざとなったら……これを使おう…」
 ケースの中には緑色の液体が入ったアンプルと、それを体内に打ち込むためのシューターが入っている。 雄介は足を止めて、小畑に連絡を取るためスマホを取り出す。滝沢との因縁に決着をつける、そう告白するつもりだった。 しかし、小畑は出ない、代わりに電話に出たのは、雄介が怒りを向けている最中の女だった。
『やっぱりこの男に連絡したね~、このおっさんなら今は屋上で伸びてるよ~。早く来ないと、こいつも死んじゃうね~』
「滝沢ぁぁぁぁぁぁぁ!!!」
 雄介は怒りをむき出し、我を忘れて吠える。 そんな雄介を電話の向こう側で、滝沢は楽しそうに笑う。
『あはははは! 怒ってる? ねぇ、怒ってるよね?? 良いよ~、その声。早く会いたいよ~』
「覚悟しろ! 俺が絶対に、お前を殺す!」
『やってみな~、クソガキ…』
 そこで電話は切れた。雄介は静寂に包まれた廊下を走り、屋上に向かう。 敵が何人いるか分からない、それでも雄介は負ける気なんてさっぱり無かった。 拳銃を持った奴が何人いようと、雄介には勝つための策がしっかりとあった。
「この先か…」
 雄介は屋上のドアの前にたどりつき、改めてアンプルとシューターを確認し、アンプルをシューターにセットしてポケットに忍ばせる。 アンプルはすべて合わせて3本。それらを確認し、雄介は屋上のドアを開ける。
「あははは! 待ってたよ~、遅いから一人殺そうかと思ってたとこだったけど、間に合ったね~」
 ドアを開けた先には、滝沢と先ほど戦闘をした男の他に、スーツを着た若い男が8人ほどいた。 その後ろには、クラスメイトが十数名と優子や慎、沙月に帰ったはずの織姫と倉前さんも居た。
「あぁ~、まずは謝ろか~、我慢できなくてねー。結局今日全部壊す事にしたんだよ~」
「鼻からお前の言葉を信じたつもりはない、だから警官も手配してもらった」
「でもね~、このおっさんまったく使えなかったね~」
 滝沢は、頭から血を流して倒れている小畑の髪を掴み、顔を無理やり上げさせて、雄介に見せる。
「小畑さん!」
「…う…す、すまない…ゆう…すけ……君」
 小畑は苦痛に顔をゆがませながら、雄介に謝罪する。 雄介はそんな小畑に心配そうな表情を浮かべる。 滝沢はそんな小畑から手を離し、腹部に蹴りを入れる。
「ぐあ!……うぐ……」
「小畑さん!! 滝沢ぁ!」
「あはは!! その顔だよ、その顔!! 私に向ける怒りの表情! 私はあんたのその表情が見たかった~。でも、クラスメイトは怖がってるよ~」
 そこで雄介はクラスメイト達の恐怖におびえる表情が目に入った。 覚悟したはずだった、それなのに、クラスメイトに向けられた視線に、雄介は心を痛める。 嫌われても仕方ない、居なくなるんだからどう思われても良い。そう思っていたはずなのに、雄介はそんなクラスメイトの恐怖の視線が痛かった。
「じゃあ、さっそく始めよっか~、遊んであげな! おまえたち!」
 滝沢が声を上げると、スーツ姿の男たちは一斉に雄介に襲い掛かる。
「雄介!!」
 優子の叫び越えが聞こえた。 雄介はもう隠す必要はないと、覚悟を決め、構える。 そして、襲い掛かってくる男たちを次々に殴り飛ばしていく。
「フン! オラァ!!」
 男たちは一瞬のうちに全員が倒れる。 雄介は何かかがおかしいと思った。こんなに弱い奴らを滝沢がわざわざ連れてくるだろうか? その違和感は的中した。
「強くなったね~、でも残ねーん。こいつらにはノーダメージだよ~」
「やっぱり……まさかお前!!」
「あはは、気が付いた? そうだよ、こいつらはあの時の研究の成果さ!」
 滝沢が言った瞬間、男たちは起き上がり、目にもとまらぬ速さで、雄介を殴り飛ばす。
「グアッ!! こ、この力……やっぱりか!」
 雄介は何とか体制を崩さずに済んだが、一撃だけにも関わらず、大きなダメージを受ける。
「そうだよ、こいつらこそ、あんたの研究結果をベースに作った強化兵士の完成形さ! どうだい? 後輩たちと…同類とあった気分は?」
 狂気の笑みを浮かべながら話す滝沢。 男たちは再び雄介に襲い掛かる。 雄介は何とか身を固め、ガードで防ごうとするが、男たちの力が強力過ぎて防ぎきれない。
「がはっ!! クソ!!」
 隙を見て反撃を試みるが、男たちには全く通用していない。 雄介は距離を取り、どうにかしようと策を練るが、なにも思いつかない。
「こっちも奥の手を使うか……」
 雄介はポケットにしまっていたアンプルを取り出し、シューターにセットする。 そしてシューターを首筋に当てる。
「おやぁ? まさか、それは……あはは! 最高だよ!! 本当に最高だよ!! あんたは人間を捨てる気だね? しかもそんなものをまだ持っているなんてね~」
「あぁ、お前も知ってるよな? このアンプルの事を!!」
 雄介は言葉を言い終え、アンプルを首筋に打ち込む。
「う! ……グゥ…が! ウガァァァ!!!」
 雄介はアンプルを打ち込んだ瞬間。苦痛の叫びを上げながら、体を震わせる。 瞳が赤く変わり、前進は日焼けしたように薄っすらと黒くなっていく。
「あはは!! 打った! 本当に打ち込んだ!! あんたはもう人間じゃない! 化け物だよ!!」
「……」
 雄介は何も答えない、代わりに滝沢をギロリと睨みつける。

「草食系男子が肉食系女子に食べられるまで」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く