話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

草食系男子が肉食系女子に食べられるまで

Joker0808

第15章 文化祭の開始3

「ここなら大丈夫だろ」
「まんま、お化け屋敷にきましたが……」
 雄介達三人は、お化け屋敷をしている教室の前に来ていた。 2年1組、ここは里奈の教室でもあり、雄介は若干の不安もあったが、里奈には説明すればわかってもらえるだろうと思い、このクラスに来た。
「ここなら、中は暗いし、人の目も無い、それに学園祭っぽいだろ?」
「な、なるほど……それは分かるんですが……さっきから異様な雰囲気が中から漂ってくるのですが……」
 織姫の言った通り、なぜか教室内からは異様にどす黒いオーラが漂ってきている。 まさか、本当に幽霊が? 三人はそう考えるが、どうやらそうではないらしい、教室の中からそのどす黒いオーラを出している張本人が白装束を着て中から出て来た。
「ゆ~う~く~ん~」
「ぎゃぁぁぁぁ!!!」
 まだ中にも入っていないと言うのに、雄介は大声を上げて叫び驚く。 異様なオーラの正体はこの白装束の女性徒であり、しかも里奈であった。 雄介は色々と嫌な予感がして、必死に説明を始める。
「いや、あれですよ! 前も言ったじゃないですか! これは紗子さんから頼まれた一軒の延長で……」
「うふふふ、お姉ちゃん言ったよね? 一人で来てって……なのに、何? その綺麗なメイドさんと可愛い女の子は?」
「だから、星宮の家の人達で……言うなればそう! おもてなしをしてるんですよ!」
「おもてなし?? 本当に? まさかと思うけど……ユウ君は、また女の子に色目なんか使ってないよね?」
 笑顔なのに、全く笑っている様子を見せない里奈。 うっすら浮かべる笑みが異様に怖く、織姫は涙目で倉前の後ろに隠れている。 雄介はどうにかして、里奈をいつもの状態に戻さなければと思い、色々と言ってはみるのだが、一向に状況は変化しない。
「あの、雄介様のお姉さまですか?」
「いえ、妻です……」
「違います、姉です……」
 もう半分壊れてしまった里奈に、倉前がいつもの笑顔で尋ねる。 里奈はうっすら目を開けて、口元をゆがませながら、妄想が混じった回答を倉前さんにしていた。
「そうでしたか、いつも大変お世話になっております。私は星宮家のメイドをしております、倉前と申します。どうぞよろしくお願いします」
「え……あ、こちらこそお世話になってます……」
 倉前の落ち着いた対応に、里奈は調子を崩し、素に戻り倉前と挨拶を交わす。
「雄介様のお姉さまはお綺麗ですね~。やはり若いと言うのは羨ましいです」
「いや~、そんなそんな、あはは……」
 倉前の言葉に、里奈は頬を染めて照れている。 倉前のおかげで、里奈は落ち着きを取り戻し、先ほどまで出ていたオーラも消えていた。 落ち着いたところで、雄介は里奈のクラスに来た経緯を説明する。
「なるほどね~、確かに……この二人は色々目立つわよね…」
「もう既に周りがすごい事になり始めてますけどね……」
 周りには、既に多くの人が集まっていた。 目的は倉前と織姫のようで、ほとんどが男子生徒や男性客なのだが、それに混じって女子生徒や女性客も野次馬として集まり始めていた。
「やばい! 織姫が結構限界っぽい!!」
「う……人、人が……いっぱい……男が……」
 織姫は倉前さんの陰に隠れながら、顔を真っ青にして目を回していた。 今にも倒れてしまいそうなほどに、元々白い肌が、更に真っ青になっていく。
「た、大変! 早く中に!!」
「あ、ありがとうございます!!」
 倉前さんと織姫をとりあえずお化け屋敷の中に押し込み、雄介と里奈は息を吐きだす。 野次馬は二人がお化け屋敷に入ったのを見ると、徐々に解散していった。
「注目はされると思ったけど……まさかここまでとは……」
「ホントよ、すごく可愛い子だったわね、織姫ちゃん…」
 里奈はそいう言いながら、白装束の格好のままそっぽを向いて膨れた態度をとる。 雄介は、またややこしい事になったと、思いながら肩を落として里奈に説明をする。
「里奈さん……あいつは、俺と似てるんですよ……孤児院で一人だった俺と……」
「知ってるよ、初めて家に来た時のユウ君と似てるもん。あの日、お母さんの後ろにしがみ付いて家に来たユウ君に……」
 里奈も理解はしていた、織姫がどんな状態でこの学園祭に来たのか、この前まで外にも出られなかった事も雄介から聞いて知っていた。 だが、実物がすごく可愛くて、そんな子と好きな人が一緒に居るのを見て、里奈は少し不貞腐れてしまっていた。
「ねぇ、ユウ君……」
「はい?」
「お姉ちゃんの事好き?」
「え……」
 不安げな瞳で、雄介を見つめる里奈。雄介はいつものふざけた感じでない里奈の言葉の意味を考え、里奈に笑顔でその答えを告げる。
「はい、大好きですよ」
「……前のお姉ちゃんより?」
 里奈の今までに無かった問いに、雄介は一瞬戸惑ったが、すぐに気が付いた。里奈が不安なんだという事に……。 最近は里奈に迷惑を掛けっぱなしの雄介は、あまり里奈と話をしていなかった。 それを里奈きっと嫌われたのだろうかと思ったのであろう、雄介はそれに気が付き、笑顔のまま答える。
「里奈さんは里奈さんです。前の……美由姉さんと比べるなんて間違ってますよ……」
 里奈は静かに聞いていた。聞き終えた里奈はどこかすっきりした顔で、雄介に笑顔で答えた。
「そうだね、変な質問してごめんね。お姉ちゃんはまだ、クラスの仕事があるから、あとでユウ君のクラスに行くね」
「はい、待ってます」
 そういうと、里奈はお化け屋敷の中に消えて行った。 雄介は里奈の背中を見ながら、里奈と出会った十年間を思い出す。 そして、悲し気な視線を姉の瀬背中に向けて静かに言う。
「ごめん……里奈姉さん……」
 雄介は初めて里奈を姉さんと呼ぶ。 言い終え、里奈の姿も見えなくなったところで、出口の方から倉前と織姫が出て来た。 雄介は表情を戻し、二人の元に向かう。

「草食系男子が肉食系女子に食べられるまで」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く