草食系男子が肉食系女子に食べられるまで

Joker0808

第15章 文化祭の開始2

 雄介は、校門に向かっていた。 しかし、織姫を迎えに行くには少し時間が早い。 織姫と会う前に、会わなければいけない人がおり、その人に会いに行くのだ。
「賑やかだな……」
 校門に向かう間、雄介は校内の様子を見ながらそうつぶやく。 いつもと違う学校の様子が新鮮で、こんな状況だというのに、自分も興奮しているのが雄介はわかった。
「確か、ここらへんで……」
 校門を出て、すぐの場所で雄介は目的の人物を待っていた。
「雄介君!」
「あ! 小畑さん」
 校門を出てすぐの曲がり角で、雄介は目的の人物を見つけた。 刑事の小畑信梧オバタシンゴ。昔、家族が殺され、一人になってしまった雄介を世話してくれた刑事さんで、雄介が信頼を置いている刑事さんだ。
「急にすいません。学校には?」
「あぁ、話は通した。凶悪犯がこの学校に何らかの干渉をする可能性があると言ったら、明日は中止にする事にしたらしい」
「そうですか、良かったです」
「だが、気は抜けないよ。相手はあの滝沢だ、雄介君に接触したという事は、確実に君を狙ってくる。今日も学校周辺に刑事や周辺の交番から警察を呼んで、この学校をマークしているが、何かあったらすぐに知らせてくれ」
 小畑は真剣な表情で雄介にそういうと、雄介の肩に手を置き、優しい笑顔でいう。
「十年前、私は君しか救えなかった……。だが、今回は必ず、君も君の友人も家族も! 私達警察が守って見せるよ。約束しよう」
 小畑の表情に、雄介は決意を感じた。 滝沢の事を考えているのは、雄介だけではない、小畑もずっと後悔していた。 滝沢を逮捕出来ないまま、十年が経過し、今度こそは! と意気込んでいる。
「ありがとうございます。俺も……もうあの女に人生を狂わされるのはうんざりですから……」
「……そうだよな。ともかく、君は今は学園祭を楽しみなさい。犯人を逮捕するのは私達警察の仕事だ」
 小畑と雄介はそういって別れた。 これで、滝沢の被害に会う人間は、かなり減少される。 雄介は少し安心し、織姫との約束の時間を待った。
「あいつ…リムジンとかで来るのかな……」
 校門で織姫たちを待ちながら、雄介は思う。 そんな車が校門前に止まったら、絶対目立つだろうと……。
「まぁ、今日くらいは良いか…」
 織姫が久しぶりに外に出るのだ、それぐらいは我慢してやらなければいけない。雄介はそう思いながら、織姫を待った。 少しして、雄介のスマホが鳴った。雄介はスマホをポケットから取り出し、画面を見て相手を確認する。 そこには『倉前さん』と表記されており、雄介は到着の連絡かと思い電話に出た。
「もしもし? もう着きましたか?」
『ハイ、間もなくです』
 間もなくという割には、近くにそれらしき車は見当たらない。 雄介は何処から来るのだろうかと、周りを探すが、やはりそれらしき車は見当たらない。
「あの? どこからくる予定ですか?」
『あ、上からです』
「え? 上って……」
 雄介が空を見上げると、そこにはヘリが一機あり、どんどん高度を下げて、こちらに向かってきていた。
「ヘリとか聞いてねぇぇぇぇ!!!」
 強い風が、周辺に吹き始める。そのせいでヘリは目立ち、周りの人々がヘリを見上げていた。 すると、ヘリから、はしごが現れ、それを突っ立ってメイド服姿の倉前さんが織姫を抱いて、雄介の目の前に落ちてきた。
「お待たせいたしました。お嬢様、大丈夫ですか?」
「大丈夫です。倉前さんありがとうございます」
 二人を送り届けたヘリはどこかに飛んでいき、周囲からはこれ以上ない視線を集めていた。
「あの……ヘリで来るなんて、聞いてないんですけど……」
「申し訳ありません。最初は車でと考えたのですが、どうにも道が狭い上に、学園祭という事で交通量が多くて……」
「多くて?」
 雄介は肩を落とし、少し猫背気味になりながら、倉前さんに尋ねると、倉前さんは笑顔のまま答える。
「飛んできました」
「……あぁ、そうですか……」
 雄介は金持ちの家の考える事は分からん、そう思いながら、文句を言う気も失せてしまい。ただ呆れていた。 一方の織姫は、何やら怯えた様子で倉前さんお陰に隠れている。
「ひ……人が…こんなに……」
 久しぶりの外、久しぶりの大勢の人。織姫は不安と期待の入り混じった思いでここに来ていた。 雄介も織姫の様子を見て、とりあえずどうしたものかと考える。
「とりあえず、どうします?」
 怯える織姫の様子を見て、雄介は倉前と相談をする。 とりあえず全体を見て回ってみる事にして、倉前と織姫、そして雄介は学校を回り始めたのだが……。
「おい、あの子スッゲー可愛いな」
「隣のメイド服の人もかなり綺麗だよな?」
 目立つ、織姫はもちろん、倉前さんも綺麗な容姿をしているので、どうしても目立ってしまう。 どこに行っても注目を集めてしまい、落ち着いてみて回れない。 織姫は引きこもりが長かったせいか、視線に敏感になっており、怯えっぱなしだ。
「おーい、織姫、大丈夫か?」
「な、何とか……」
 やはり早すぎただろうか? そんな事を考えながら、どうしたら織姫が楽しめるかを考える。 そこで、雄介はある事を思い出す。
「そう言えば、里奈さんとこは、お化け屋敷って……」
 お化け屋敷なら、他の人の視線も無いし、何より学園際っぽい出し物の一つだ。 織姫もお化け屋敷なら楽しめるかもしれない、そう思った雄介は織姫に聞く。
「織姫、学園祭って言ったらなんだ?」
「い、いきなりなんですか?」
「良いから、行ってみ」
「えっと…メイド喫茶でしょうか?」
「そこは勘弁してくれ、他を頼む」
 メイド喫茶、つまり雄介のクラスな訳なのだが、そんなところに連れて行ってしまえば、雄介自身もクラスメイトからうるさく聞かれてしまうだろうし、何より優子が居る。 織姫を連れて行けば、クラスの男子が黙っているはずがない。 そういった理由で、雄介は優子の答えを聞きなおす。
「それ以外ですか? ……お化け屋敷ですか?」
「そう! それだ! 行くぞ」
「え? はい?」
 やっと出た、望みの答に雄介は大声を上げ、そのままお化け屋敷をしている里奈のクラスまで歩き始める。 倉前と織姫は雄介の意図を理解できないまま、雄介についていく。

「草食系男子が肉食系女子に食べられるまで」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く