話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

草食系男子が肉食系女子に食べられるまで

Joker0808

第14章 文化祭と過去と……2

「なんだ、このガキ!! イッ!!」
 幼い俺は、女性の額掠めて切り付ける、女性の額からは、真っ赤な血が流れ出る。 女は額を抑えた後、手についた血を見て笑い出す。
「うぅ……痛っいねぇ~」
 女性は幼いを俺の方を睨む。 危険を感じた母さんは、俺の方に向かって来ようとするが、スーツの男に突き飛ばされてしまう。 もう一人のスーツの男は、姉さんを捕らえて離さない。
「気が変わった……ガキ二人は連れて行く。女は殺しな」
「やめて! 私はどうなっても良いから!! 子供たちに手は出さないで!」
 必死に懇願する母さん。しかし幼い俺と。姉さんはスーツ姿の男に押さえつけられてしまう。 母さんも突き飛ばされた際に怪我をして立てない。 そして、男の一人がスーツから何かを取り出して、母さんに向ける。 女性は抑え込また幼い俺の方にやってきて、ニヤリと笑う。
「いいかい、よく見てな」
 女性は幼い俺と姉さんを押さえつけていた男と変わって、姉さんと俺を押さえつける。 そして、もう一人の男もスーツから何かを取り出し、二人でそれを母さんに向ける。
「やめて! お母さんになにするの!」
 姉さんは大声でそう叫ぶ。 幼い俺は、混乱して状況がつかめない。
バーン バーン
 二回大きな音がした、幼い俺は、すぐにその音が、男たちが母さんに向けていた物から下事に気が付いた。 そこで、幼い俺は、男たちが母さんに向けていたものに気が付く。 拳銃だ。実物を見たことが無かった幼い俺は、すぐに気が付かなかった。
「ママ!!」
 姉さんの鳴き声が聞こえる。 俺は母さんの方を見た。 母さんは、血まみれで倒れていた。 父さんと同じく、動かないし、何も話さない……。
「見たかい? あんたが余計な事をしたせいで、ママは死んじゃったよ」
(僕のせいで……)
 幼い俺は考えた。 自分がこの女に向かって行かなければ、母さんは死ななかった。 自分が、ナイフを手に取らなければ、母さんは死ななかったと……。
「あんたは私の顔に傷をつけたんだ。あんたは楽には殺さないよ。いくよ」
「ママ! パパ!!」
 姉は泣きじゃくりながら、父さんと母さんを呼ぶ。 しかし、もう二人は答えてはくれない。 俺と姉はそのまま連れていかれた。 後に残ったのは、狂ったように笑う、女性の声だけ。
「どうするんですか? このガキども」
 スーツの男の一人が、幼い俺と姉さんを縛りつけながら言う。 女は車の助手席で、タバコを吸いながら笑って答える。
「決まってるでしょ? あの薬の実験に使うのさ、良いモルモットが手に入ったよ。しかも丁度、性別も分かれてる。楽しい楽しい実験の始まりだよ」
 幼い俺と姉さんは車でどこかに連れていかれる。 目隠しをされて、どこに向かっているのか分からない。 口もふさがれ、声を上げる事も出来ない。 時間が過ぎるのが遅く感じた。ようやく一時間たったであろうかというところで車は止まった。
「アジトの場所も考えて欲しいもんだよ、全く」
 またしてもあの女の声が聞こえてくる。 視界が少しだけ明るくなるのを感じる。どうやら光の強いところらしい。 幼い俺と姉さんは、車から降ろされ、男たちに抱えられながら、歩いてどこかに連れていかれた。
「ほら、新しいおうちだよ~」
 連れてこられたのは、古い畳の敷かれた六畳ほどの部屋だった。 かび臭い匂いが鼻を刺激する。
「あんたらは、今日からここで生活するんだ。大丈夫、ちゃんと食事は与えるよ~。せっかくのモルモットに死なれちゃ困るからね~」
 そういって女は部屋を出て行った。ドアには鍵が掛けられ、中から開ける事が出来ない。 部屋の中は薄暗く、高い天井に小窓が一個あるだけ。 布団も一応あるが、随分古くて、もうほとんどペラペラ。
「ママ……パパ……」
 姉さんは泣いていた。 幼い俺は、泣くことが出来なかった。 自分も泣いてしまったら、姉さんに心配をかけると思ったからだ。 それから、幼い俺と姉さんの地獄の日々が始まった。

「草食系男子が肉食系女子に食べられるまで」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く