話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

草食系男子が肉食系女子に食べられるまで

Joker0808

第13章 文化祭と新たな火種 13

 雄介と沙月が教室に戻ると、教室では開店の準備作業が始まっていた。 みんな各々が衣装に着替え、メニューの作り方を確認したり、シフトを確認したりしている。 そんな中に、異様な雰囲気を醸し出している二匹の着ぐるみが居た。 着ぐるみだけを見れば、可愛いのだが、なぜか二匹ともしゃがみ込むように教室の隅に居た。
「なぁ……あれなんだ?」
「くまポンとニャフッシーだ」
「そういう事じゃねーよ」
 雄介は近くに居た慎に尋ねる。 慎の話によると、なんでも昨日準備が終わった後に、試験的に着ぐるみを着て外を歩いrたらしい。 そうしたら、近所の小学生にバカにされまくり、精神的にダメージが来てしまったらしい。
「あの中身って、確か石崎先生と渡辺だったよな? 今から本番だけど大丈夫か?」
「まぁ、着ぐるみはシフトの間だけって事になってるし、先生は見回りもあるから、そこまでずっと着てるわけじゃないから、大丈夫だろ。それより、加山は見つかったのか?」
「いや、教室に居るんじゃないのか?」
「さっきお前と入れ違いで登校して来てな。なんだ、会ってなかったのか?」
「あぁ、沙月さんとは会ったんだけど……」
 いつもは居なくても良い時に居る癖に、肝心な時に居ない。 こんな時に限って傍に居ない。 いつもは逃げる立場の雄介だが、今日は優子を追う側になっていた。
「もう一回探してくる」
「おい! あと十五分で文化祭始まるから、それまでに戻ってこいよ!」
 慎の言葉を背化に受けながら、雄介は廊下を駆け足で歩き、優子を探す。 登校したという事は、おそらく着替えをしに更衣室に向かったはずだろう、雄介はそう思い更衣室を目指す。
「来たわ良いけど、考えてみれば、中を見て確かめるわけにもいかんな……」
 更衣室に到着した雄介は、焦ってそんな単純な事を忘れていた。 仕方がないので、更衣室の脇の廊下でどうするか考える。 そして雄介は、気が付いた。 なぜスマホで電話を掛けるという、単純な事をしなかったのかと。
「そう言えば、電話番号知ってたんだっけ……」
 雄介はスマホを取り出し、連絡帳のアプリから「加山優子」の名前をタップし、電話を掛ける。
「も! もしもし!!」
「大声を出すな、びっくりしたわ……」
「あ、ごめん。雄介から電話って、久しぶりだったから……どうかした?」
「ん……あぁ、文化祭前に話がしたくてな。今どこに居るんだ?」
「えっと、屋上だけど、電話じゃダメなの? もうすぐ文化祭始まるよ?」
 雄介は、優子から居場所聞くと、優子との会話が終わる前に、屋上へと足を進めていた。
「あぁ、どうしても会って話たい。今から行くから待っててくれ」
 雄介はそれだけ言うと、屋上までの道のりを駆け足で向かい始めた。 何かあってからでは遅いと思い、雄介は登校して直ぐに、優子にある話をしようと決めていた。 雄介は思っていたのだ、あの時優子と約束した「その時」が今なんだと……。
「優子」
「あ、雄介!」
 屋上の扉を開けると、優子はメイド服姿で一人で景色を眺めていた。 雄介が名前を呼ぶと、満面の笑みを浮かべて駆け寄ってくる。
「どうしたの? あんな事言われたら、告白じゃないかって、勘違いしちゃうじゃん。あ! もしかして本当に……」
「あぁ、告白なのかもな…」
 雄介は真剣な眼差しで、優子を真っすぐに見つめてそういう。 当の優子はそんな雄介の真面目な表情に気が付かない。
「はいはい、わかってるって、違うんでしょ? まったく、雄介は………ん? 今なんて??」
 そこで優子は、真剣な表情の雄介に気が付き、顔を赤く染める。 雄介の表情から、優子は今から言われる事が冗談ではない事を察する。 雄介は、優子にゆっくり話し出す。
「前に、警察から二人で話を聞かれた時、俺が屋上でお前に言ったこと覚えてるか?」
「うん」
「今がその時なんだ」
 優子は何を離されるのか、雄介の「その時」という単語で思い出した。 雄介の過去の事だ。 前は、まだ話すときではないと言われてしまい、結局優子は聞くことが出来なかった。 優子はなぜ今が「その時」なのか、わからなかったが、雄介の過去に前から興味があり、静かに話を聞いていた。
「俺が、今村家の本当の子供じゃないのは知ってるよな?」
「うん、お姉さんが血がつながってないって……」
「あぁ、俺が今村家に来たのは10年前だ」
「じゃあ、本当のお母さんとお父さんは……」
 雄介は少し間を置く。 優子も雄介の言葉を待った。 学校は間もなく文化祭が始まるとあって騒がしい。しかし、屋上だけは静かだった。
「殺されたんだ。一人の女のせいで」
「……」
 優子は何となく察しはついていた。 警察から話を聞かれた時も、似たような事を雄介と刑事さんは話していた。 なぜそんな事になったのか、優子が知りたいのはそこから先の事だった。
「10年前、あの日はゴールデンウイークの丁度中日でな、姉さんの誕生日だったんだ。家で母さんが御馳走を作って、みんなでそれを食べながら、姉さんの事を祝ってた」
「本当のお姉さん?」
「あぁ、俺と二つ違いだから、生きてたら高校三年だ。強くて、優しくて、頭の良い姉さんだった」
 雄介は空を見上げて話す。 その視線はとても寂しそうで、優子は思わず視線を雄介からそらした。
「姉さんの誕生日……あの女がいきなりやってきたんだ」
 雄介は昔の事件の話を優子にし始める。


「草食系男子が肉食系女子に食べられるまで」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く