話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

草食系男子が肉食系女子に食べられるまで

Joker0808

第13章 文化祭と新たな火種 10

 文化祭前日の帰り道、雄介は途中まで一緒だった慎と沙月、そして優子に別れを告げ、雄介は一人、織姫の家に向かっていた。 一日文化祭の準備だったため、今日はいつもより早く織姫の家に向かう事が出来る。
「はぁ~、なんだか疲れたな……」
 バスに揺られながら、雄介は手すりにつかまって、外の景色をボーっと眺めながら目的地に到着するのを待った。
「……」
 普段雄介がはあまり乗らない時間なので、気が付かなかったが、どうやらこの時間はバスが混雑するようだった。 バス停に泊まる度に、人がバスに乗車し、人がすし詰め状態だ。
「キッツいな……」
 雄介も出来るだけ体を寄せてスペースを作る。すると、後ろのお客さんが更に距離を詰めてきた。 しかもどうやら女性の様だ。
(う……やばい……)
 かなりの至近距離にまで近づかれ、雄介の体は拒絶反応を起こしていた。 まだ触れられたわけでは無いので、気絶はしないが、それでも気分は最悪だ。 雄介自身も顔が青ざめていくのを感じた。
(次で……一回降りよう……)
 雄介は次のバス停で降りて、あとから来たバスに乗っていくことを決意し、降車ボタンを押そうと手を伸ばす。しかし、隣に居た見知らぬ人がそれを止め、雄介の腕を掴んだ。
「? あ、あの……何か?」
 突然の事で驚いたが、雄介は気分の悪さが先に来てしまい、あまり動揺はしなかった。 帽子を深くかぶっていて、性別は分からないが、触れられてもなんともないという事は、おそらく男性なのであろうと、雄介は思い、その男性に尋ねる。 しかし、その人は何も言わずに、雄介を自分の近くまで引っ張り、女性から距離を置かせてくれた。 少しだが、気分が楽になるのを感じた。しかし、なぜこの人はこんな事をしたのだろうか? 雄介は疑問だった。 すると、その人は雄介に小声で話を掛けてきた。
「久しぶりね……雄介…」
「!? お、お前!!」
 雄介はその声に聞き覚えがあった。 忘れるはずがない、忘れて良いはずがない、その声の主を雄介は睨みつける。
「滝沢…絵理……!」
「おっと、ここでやりあおうなんて思わない事だよ。こんなところで私らが暴れたら大変だ」
 ニヤニヤとした笑みを浮かべ、雄介に注意を促すと共に、雄介の腕を拘束して滝沢は楽しそうに言う。 雄介はそんな滝沢を今にでも八つ裂きにしてやりたかった。 しかし、ここでそんな事を始めてしまえば、確実に周りに被害が出てしまう。雄介は震える拳を精一杯抑え、話を聞いた。
「久しぶりだね~、随分大きくなった~。覚えているかい? 私と過ごした10年前を……」
「あぁ、嫌ってほどにな。あんな悪夢を簡単に忘れられるわけがねーんだよ」
「フフ、そうだろうね~。それより、今の状況に違和感を覚えないかい?」
「は? 違和感だと?」
 雄介は周りを確認したりするが、別に変った様子はない。 しかし、その変わった様子の無い事が、雄介にとっては違和感だと気が付いた。
「!! な、なんで拒絶反応を起こさないんだ?!」
 女性である滝沢絵里に触れられている上に、この至近距離。いつもの雄介ならば、確実に気絶しているにも関わらず、体調に変化はない。 それどころか、先ほど悪くした体調が、嘘のように回復し始めていた。
「フフフフ、なんでだろうね~。不思議だね~」
「お前! 俺に一体何を!!」
「さてね~、大方あんたの体は、私を家族だと思っているんじゃないのかい?」
「っ!! お、お前!!」
 家族というワードに雄介の怒りは更にました。 雄介の家族を奪ったこの女が、ニヤニヤと笑みを浮かべながら、その単語を口にする事が雄介は許せなかった。
「それよりも、随分可愛いお友達が居るんだね~」
滝沢は自分のスマートフォンを見ながら雄介に言う。 スマートフォンには、優子や凛、慎や渡辺といった友人たちの写真が写っていた。
「お前! 今度は何をするつもりだ!」
 滝沢の発言と写真に危険を感じた雄介は、滝沢に尋ねる。すると、滝沢は笑いながら、耳元でささやいた。
「あんたの大事な物……私が全部壊してあげる……」
 滝沢のその発言に、雄介の怒りは頂点まで登っていた。 今すぐにでもこの女を何とかしなければ、関係ない友人達にも被害が及んでしまう。 雄介は滝沢を睨みつけながら、低い声でいう。
「んな事してみろ……俺がお前を殺す!」
「アハハ、そうだよ。その目だ! 私の額に傷をつけた時のその目! 私はあんたのそういう目が好きなんだ!」
 滝沢は喜びながら、更に笑った。 この女は狂っている、それは雄介が10年前から知っている事であり、今更こんな異常な人間を見ても何とも思わない。
「明後日、楽しみにしててね。最高の舞台で、最高の演出で……殺してあげる」
「まさか、おまえ!!」
「ウフフ、あの餓鬼どもが全く役に立たないから、もう私たちが行くしかないのよ」
「やっぱり、あの不良たちにナイフを渡して、俺を襲わせたのは!」
「ちゃーんとメッセージは届いてたんだね~。安心したよ」
「やっぱりか……」
 楽しそうな笑みを浮かべる滝沢に対して、雄介は顔をゆがませて怒りをあらわにしている。 そんな中、バスはバス停に到着し、停車した。
「じゃあ、また明後日に……」
「ま、待て!!」
 滝沢はそのままバスを降りる人ごみの中に消えて行った。 雄介も慌てて追おうとしたが、人が多くてうまく進めず、バスを降りた頃には、滝沢の姿は何処にも無かった。
「クソ!!」
 ブロックべーの壁に思いっきり拳をぶつける雄介。 自分のせいで、文化祭が地獄に変わるかもしれない。 自分のせいで、友人に被害が出てしまうかもしれない。 どうにかしなければ、そういう思いが最初に出た。
「絶対に……今度こそは!」
 雄介は決意する。 今度こそ、誰も死なせない。今度こそ、守って見せる。家族を友人を、誰も傷つけさせたりしない。 雄介は一人、バス停のベンチに腰掛け、ブロックべーを殴った拳を見ながら思う。
(たとえ、俺が一人になっても……)
 雄介の拳は傷一つ付いては居なかった。

「草食系男子が肉食系女子に食べられるまで」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く