草食系男子が肉食系女子に食べられるまで

Joker0808

第13章 文化祭と新たな火種 7

「まぁ……気にすんなって」
「気にするなと言う方が無理だ。あの時のお前を見る限り、何か重要な事のように思えたのだが?」
 雄介は黙ってしまう。 何かを察している北条。そんな北条に雄介は、少しだけでも真実を伝えるべきか、それとも伝えて注意を促すか……。
「北条…すまんが、これに関しては言えない。俺個人の問題だ」
 雄介は伝えない道を選んだ。 これは誰か一人に話せば、確実にどこかで綻びが生じてしまい、秘密が他の親しい人物に伝わってしまう恐れがあったからだ。 北条は、雄介の答に目をつぶって何かを考えるように口を閉じる。
「分かった。確かに、人には言えない事の一つや二つあってもおかしくない。だが、これだけは教えろ…」
「まだあるのか、赤鬼?」
「赤鬼と呼ぶな!!」
 場を和ませようと、雄介が冗談を言う。 雄介のおかげで肩の力が抜けた北条は、ため息を吐いた後に壁にもたれかかって雄介に尋ねる。
「本当に、お前は加山さんの事をなんとも思っていないのか?」
「あぁ、微塵も」
「即答か……じゃあ、なんで加山さんの悲しい顔を見たくないんだ?」
 北条が呆れた様子で尋ねると、雄介は少し寂しそうな表情で、外を見つめる。
「優子だけじゃねーよ……知ってる奴の悲しい顔なんて見たくねーだろ……」
「………」
 雄介の言葉に、北条は考える。 一体雄介はどんな過去を持っているのか、何を隠しているのか、それは雄介にとって重要な事なのか……。
「そうか……そろそろお互い教室に戻ろう。手伝わないでさぼっている訳にもいかん」
「そうだな、じゃあな、赤鬼」
「そろそろぶん殴るぞ!」
 そういって最後はお互い笑顔で別れた。 雄介は教室に戻る道すがら、考えていた。流れとはいえ、北条に自分のケンカを見せてしまった。口止めをしなければ、色々と厄介になるかもしれないと。 そんな事を考えていると教室に到着し、雄介はドアを開ける。
「おぉ、雄介帰って来たか」
「今村君、時間が無いわ。早くこれ着て」
「お、おう。なんだ来れ?」
 雄介は帰って来て早々に雄介と沙月に捕まり、コスプレの衣装を渡される。色は黒で、なんだか見た限りは普通の服の様だ。
「じゃあ、着替えてくるわ」
「いや、あそこで着替えてこいよ。今は簡易更衣室にしてるから、男子専用の」
「そうなのか? じゃあそっちで……」
 雄介は言われるがまま、教室の黒板側の隅に壁で区切られ、部屋のようになっているところに入っていく。 中は狭く、男子が三人は入ったらもうぎゅうぎゅうだ。
「ゆ…雄介!」
「おう、渡辺も着替えてたのか?」
 中には渡辺が一人、着替えをしていた。 雄介を入って来るのに気が付くと、なぜか前を隠す渡辺。
「お前は何を着るんだ?」
 見たところ、渡辺は今制服を脱いでいる途中で、何を着ようとしているのか分からない。
「あ、あぁ。俺はこれだ」
「なんだ…この黄色い耳の生えた生き物?」
「ニャフッシーだ」
 渡辺が雄介に見せてきたのは、全身が黄色で耳の生えた猫のような生物の着ぐるみ。 着ぐるみなんてものまであるのかと雄介は思いながら、着替えを始める。
「んで…お前は何を着るんだ?」
「あぁ、よくわからん。さっきこの衣装をもらったからな……それより、なんで顔赤いんだ?」
「気にするな……」
 着替えを始めた雄介を凝視しる渡辺。雄介はそんな渡辺の視線に背中にゾクっとした何かを感じる。
「なぁ、あんま見ないでくれないか? いくら男同士でも、そこまで見られるのはちょっと……」
「あ、あぁすまん。気にするな」
「渡辺、鼻血出てるぞ?」
 渡辺の顔を見ると、鼻から大量の血を流していた。 咄嗟に花を抑える渡辺だが、血がどんどん溢れて行く。
「すまん! 先に出る」
 そう言いながら鼻を抑えて渡辺は出て行った。 雄介は「疲れているんだろうか?」と思いながら、渡辺を見送り、着替えを再開する。
「なんだ、普通じゃないか…」
 黒いパンツに、白色のYシャツ。そして暗い青色のネクタイとチョッキ。すべて着終えてもこれと言って、なんのコスプレなのかいまいちわからない。 他の奴のを見た限りでは、国民的人気アニメのキャラクターのコスプレやら、女装やら色々あり、雄介も覚悟していたのだが、普通過ぎて面白くなかった。
「なぁ…これってなんのコスプレだ?」
「おぉー、似合うじゃんか」
「良い感じね。まぁ、ルックスもまぁまぁだから、良いんじゃないかしら?」
 更衣室から出て来た雄介に、慎と沙月は感想を告げる。 沙月の言葉が少し引っかかったが、まぁ似合っているなら良いかと思い、雄介は改めて自分の姿をみる。
「これってなんのコスプレなんだ?」
「あぁ、それは喫茶店にはマスターが必要って事で用意した『喫茶店のマスター』よ」
「まんまじゃん……」
 沙月にツッコミを入れつつも、変な服じゃなっか事に安心する雄介。
「そう言えば慎。お前は何を着るんだ?」
「俺はスーツだ」
「ん? それってなんのコスプレだよ?」
「ホストらしい」
「あ~、なんだか納得できる」
 雄介はスーツ姿の慎を想像しながら納得する、イケメンでスタイルも良い上に、今回は接客がメイン。となると、女性客を呼ぶための慎は、女性が喜ぶような格好で接客しなければならない。 ホストはまさにはまり役だ。
「雄介~!」
 慎と沙月、雄介が話をしていると、相変わらずメイド服姿の優子が、雄介の元にやってきた。 何やらすごく興奮しながら、スマホのカメラを構えている。
「ゆ…雄介! 写真撮って良い?? こんなレアな雄介の格好、見れる機会なんて、そうそうないから!!」
「わ…わかったから、あんま近づくな…」
 息を荒くして、頬を赤らめながら優子は、雄介にスマホのカメラを向け。ニヤニヤしながらシャッターを押しまくる。 被写体の雄介は、複雑な表情を浮かべながら、優子に写真を撮られ続ける。
「はぁ……なぁ、もう良いか?」
「うん! 満足~。あ、私と一緒に撮ろうよ!」
「はぁ? なんでお前とツーショットなんて…」
「良いから良いから! 沙月、シャッターお願い!」
 優子は沙月にスマホを預けて、雄介の隣に並んで立つ。雄介は優子から少し距離をとって並び、シャッターが切られるのを待った。
「行くわよ。はいチーズ」
「イエーイ!」
「はぁ……」
 撮影された写真には、メイド服姿でハシャグ優子と、頭を抱えてため息を付く雄介の姿が写っていた。 これが雄介と優子の初めてのツーショット写真になった。

「草食系男子が肉食系女子に食べられるまで」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く