草食系男子が肉食系女子に食べられるまで

Joker0808

第13章 文化祭と新たな火種 1

 文化祭を二日後に控えた今日。雄介たち1年2組は、メイド喫茶で出すメニューの施策を家庭科室で行っていた。
「まぁ、お茶はパックで良いだろ? 問題は食い物だよなぁ~」
 文化祭でメイド喫茶を提案し、張り切っている堀内は、顎に手を当てて考え込む。発案したのは自分だからと、積極的に文化祭に強力しており、今も自ら中心となって、メニュー作りに勤しんでいる。
「あんた、料理出来んの?」
「出来ない」
「……」
 考え込む堀内に尋ねたのは、江波だった。クラスの女子の中心的存在で、文化祭の準備にも積極的に参加して頑張っている。堀内の頼り無さに、言葉も浮かばず、江波は呆れながら、手を頭に当てる。
「なんだよその反応! お前だって出来んのかよ!」
「う……で、出来るわよ……」
「ほ~ぉ? 何が作れんだよ?」
「ゆ……ゆで卵……」
「どこの元プロ野球選手だ!! そんなの料理とは言わん!!」
 言い争う二人を、雄介と優子、そして渡辺が見つめていた。なぜこんな人選になったのかは理由があった。雄介は、日常的に料理をしている事を理由に江波に頼まれ、そんな雄介に優子と渡辺はついてきたのだ。
「う~ん、喫茶店って何を出してたっけ?」
「まぁ、アニメなんかだと、メイド喫茶にはオムライスが定番だよな?」
 堀内と江波を抜きに、雄介と優子、そして渡辺がメニューについて話を始める。雄介も考えるが、あまり喫茶店というものに馴染みが無く、何を出す店なのかが浮かんでこない。
「まぁ、学園祭の喫茶店なんだから、そこまで頑張る必要はないだろ、喫茶店なんかはお茶を飲みながら、軽くお菓子を食べる店だろうし、俺達も簡単なお菓子を作って提供できれば良いんじゃないか?」
「おお~流石私の未来の夫……」
「加山さん、それは違う」
 雄介の提案にいつものようなノリで言う優子だったのだが、意外にもそれを否定したのは渡辺だった。雄介は驚きと共に、渡辺がわかってくれた事を嬉しく思っていた。
「それに、教室で店をするんだったら、調理場は限られてくるし。それにあんまり予算もないからな……」
「そうだな、俺は雄介の意見に賛成だぜ。後はパフェなんかも良いんじゃないか? あれって、グラスに順番に材料を入れてるだけだろ?」
「あぁ、基本はそうだな。甘いものを中心にメニューを作るか……」
「あのさぁ……」
 雄介と渡辺が相談をしていると、優子がジト目でそんな二人を見ながら不満そうに声を上げる。
「どうした?」
 雄介は優子に尋ねる。すると優子は頬をふくらまし、雄介と渡辺を交互に見る。
「なんか、仲良すぎない? ついこの間まで、話したことすらなかったのに……」
「ん? あぁ、まぁそうだな。なんだが、渡辺だと話やすくてな、自然と話せるんだ。なんでお前は不機嫌なんだよ?」
「ん~。なんかな~、渡辺君男子だけど、ライバルの匂いがするっていうか……」
「はぁ? なに言ってんだ。兎に角時間も無いし、お前も手伝え。卵くらい割れるだろ?」
 そういって材料を取りに行く雄介。残された優子は渡辺を睨む。渡辺もその視線に気が付き、加山を睨み返す。ここで渡辺と優子はお互いがライバルである事を互いに確認した。
「好きって気持ち、私にもわかるからバカになんかしないけど、全力で勝ちに行くから」
「加山さん。恋に性別なんて関係ないんだよ。だから、俺も全力で行く」
 バチバチと火花を散らせる渡辺と優子。そんな二人を傍から見つめる、堀内と江原は目を丸くしてその様子を見ていた。
「え? 何? あの二人がライバル??」
「ちょっと! 堀内どうなってんのよ! 健全な私のクラスで、健全とは言えなさそうな事が起こり始めてるんだけど!!」
「俺だって知るかよ! あ! そういえば、渡辺が最近三次元に興味を持ったって話を聞いたが……まさか!!!」
 堀内は少し離れたところで材料を確認する雄介と、渡辺を交互に見る。そして気が付き、顔を真っ青にして無言で驚いていた。
「堀内! なに私を置いて気絶しようとしてんのよ! 私一人に、この複雑すぎる三角関係をどうにかしろって言うの?!」
「はっ! すまん! あまりの出来事でつい……」
 事実に気づいた堀内と江波。優子と雄介の現在の関係を知る、という目的から、随分ややこしい展開になりつつある現状。二人は気まずそうに三人の様子を見つめる。すると__
「おい、気が済んだなら手伝ってくれ。時間も人員も足りないんだ」
 二人の背後から、雄介が声をかけてきた。二人は飛び上がって驚き、歯切れ悪く返答をする。
「あ…い、今村……わかった……すぐ…取り掛かろう」
「そ…そうね……うん……急ぎましょう……」
 そんな二人の様子に疑問を抱く雄介。しかし、時間が無いのは事実なので、あまり気にせずにメニューの試作を作っていく。
「おい優子。どさくさ紛れにくっ付こうとするな」
「え~、だって雄介の一番近くに居たいんだもん」
「俺は居たくないんだが……」
 作業が始まり、いつも以上に積極的雄介に近づいて行く優子。しかし、そんな優子の行動を渡辺が許すはずもなく、二人の間に渡辺が入っていく。
「雄介。分量はこれで良いのか?」
「あぁ、もう少し生地が固い方が良いな、もう少し小麦粉を入れてくれ」
「おう、了解」
 間に入った渡辺は優子に向かって勝ち誇った笑みを浮かべる。そんな渡辺に優子は頬を膨らませて怒りをアピールする。 そんな三人の様子を、向かい側から見ていた堀内と江波は気まずくて仕方なかった。
「おい……なんだあれ?」
「今村をめぐって、クラスのアイドルと元オタク男子がいがみ合ってるわね……」
 衝撃の事実を知ってしまった二人は、居心地が悪かった。正直、このことを誰にも言う気に二人はなれなかった。理由は至極簡単で、誰も信じないと思ったからだ。
「あ、おい堀内。小麦粉入れすぎだ」
「え? あ、あぁすまん」
「二人してさっきから何コソコソしてんだ?」
 向かいの雄介が二人に注意をする。雄介の言葉に、堀内と江波は体をビクッとさせる。
「べべべ…別に……コソコソなんて……しし、してな、イッツ!」
 あからさまに挙動不審になる堀内を江波が、持っていた軽量カップで頭を叩く。
「なにすんだよ!」
「あんたはどんだけバカなの! あんだけきょどってたら、不審がられるでしょうが!」
 江波の不安とは裏腹に、雄介は別に不振がっていなかった。ただ、変な奴。というだけの感想で済ませ、料理を続けていた。 そんなこんなで作業は進み、それぞれ試作品が完成したのだった。

「草食系男子が肉食系女子に食べられるまで」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー240181

    渡辺やばすぎWW

    1
  • ペンギン

    とりあえず...渡辺はいらないと思います...
    そう思うのはぼくだけでしょうか...?

    2
コメントを書く