話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

片思い片手間ヒーロー

Joker0808

15

翌朝、純は目を覚ました後、ぼーっとしたままシャワーを浴び、ぼーっとしたまま食事を取り、ぼーっとしたまま登校した。 考えていたのは、昨日の女性の事ばかりだった。 武装が強いのか、それとも女性自身が強いのか、純にはわからなかったが、ただ一つ自分よりも強力な力を持った人間が居る、そのことを知った。 しかも、味方では無い。 これからIDを退治する度に、あの女性が現れたら、今度は逃げ切る事が出来るのか、純は不安だった。
「はぁ……」
 溜息を吐きながら教室に入ると、スマホにメッセージが届いた。 差出人はエレーナだった。 文章には短く「学校は何時に終わるの?」と書かれていた。 本日は終業式で、授業は午前中で終わりだった。純はすぐさま、午前中で終わるとエレーナにメッセージを送り、机の上に突っ伏す。
「どうしたもんかなぁ……」
「何がだよ?」
「ん? なんだ竜也か……」
「どうした? 調子でも悪いのか」
「別に……ちょっと昨日の疲れが残ってるだけだ」
「それはドンマイ、それよりお前、今日暇か?」
「あぁ、悪い多分用事が入る」
 純は、さっきのエレーナのメッセージの内容を思い出した。 きっとまだここら辺の事がわからないので、色々と聞きたいのだろうと考える純。 とりあえずエレーナの返信を待っている状況なので、他に予定は入れない方が良いだろうと思い、純は竜也の誘いを断った。
「多分? 先約でもあんのか?」
「あぁ、多分……っと、言ってる間に来たな」
 話しをしていると、純のスマホが震えだした。 純はスマホを取り出し確認すると、想像の通り、エレーナからのメッセージが届いていた。 エレーナからは「日用品を買うから手伝って」というメッセージが送られて来ていた。 昨日出会ったばかりの男に、随分気を許しているなと、純は思いながら、返信を打つ。
「誰だ?」
「うぉっ! 覗くなよ…」
「まぁまぁ、俺とお前の仲だろ?」
「関係ねーよ……ちょっとご近所さんから、手伝って欲しいことがあるって話しだよ」
「ご近所付き合いってやつか……一人暮らしも楽じゃねーのな」
「ま、そんな感じだ。悪いな、また誘ってくれよ」
「了解。じゃあ他をあたるか~」
 純はエレーナに返信を打ち終え、再び机に突っ伏す。
「パワーアップね~」
 昨日の帰り道に、エレスが言っていた事を思い出す。 確かに最近のIDは力を増している。 前のように簡単に勝つことが出来ないほど、厄介な敵も多い。 しかし、そんな簡単にパワーアップなんて出来るのだろうか? 考えれば考えるほど、これからの事が不安になってくる純だった。 そして、そうこうしている間に学校がが終わり、純はエレーナを迎えにエレーナの自宅である、高級マンションに来ていた。
「えっと……確か603号室だったな……」
 玄関ホールのオートロックで、純は部屋番号を押してインターホンを鳴らす。
『はい、どちら様ですか?』
「あ、俺だよエレーナ、純だ」
『あぁ、純。待ってたわ、今開けるから』
 純はエレーナにドアを開けて貰い、中に入っていく。 エレーナの部屋は六階にあり、結構上の方だった。 エレベーターで目的の階に向かい、純は部屋を探す。
「ここか……なんだ、ここにもインターホンかよ」
 純はドア横のインターホンを押して、ドアの前で待った。 すると、インターホンを押して数秒後、エレーナがドアを開けて純の前にやってきた。
「いらっしゃい、ごめんなさいね、連日付き合って貰っちゃって」
「いや、良いよ……ん、怪我したのか?」
 エレーナは左腕に包帯を巻いていた。 昨日分かれた後に、何かあったのか純は心配になり、エレーナに尋ねる。 女性の一人暮らしだと、ストーカーなど、危ない事も多い。 しかもエレーナは美少女だ、変質者なんかに襲われないとも言えない。
「あぁ……これは昨日の晩に、野良猫にね……」
「猫? てか、夜に一人で出かけたのかよ……慣れないうちは危ないぞ?」
「いやー、ちょっと買い物に行ったら、野良猫が居て、追いかけてたら転んじゃって……」
「はぁ……何やってんだよ……確かにそれじゃあ、重い物は持てないもんな……」
「面目ない……」
 怪我をしているから、自分に日用品の買い出しを頼んだのだろうと、連絡してきた意味を理解する純。 とりあえず、中に入れて貰った純。 中は段ボールであふれており、あまり女の子の一人暮らし、と言う感じはしなかった。
「引っ越してきたばっかりだから、散らかってるけど、楽にしてよ」
「あぁ、何も出さなくていいぞ、買い物行くんだろう?」
 飲み物を用意しているエレーナに、純はそう言い、フローリングに座る。
「んで、何を買いに行くんだ? 結構多いのか?」
「まぁね、色々と必要な物をメモに書いたから、それを買う感じかな……はい、どうぞ」
「あぁ、ありがとう」
 エレーナは小さな折りたたみの机を出し、それを純の目の前に置き、机にお茶を置く。
「はい、これが買い物リスト」
 そう言ってエレーナは、机の上にメモ用紙を出す。 そこには、びっしりと買う物が記されており、純は上からさらっと見る。
「結構多いな……まぁでも、買えなさそうな物は無いか……」
「怪我しなくても、多分純の事呼んでたかもね」
「まぁ、女一人でこれはキツいな……まぁ俺も暇だったしな」
「そう言えばお昼食べた?」
「あ、食ってねーな……食ってから行くか?」
「うん! 私、天丼が食べたい!」
「了解、じゃあ行くか」
 純とエレーナはお茶を飲み終えると、二人揃って街に向かい始めた。

「片思い片手間ヒーロー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く