話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

片思い片手間ヒーロー

Joker0808

14

純を助けた人間は、全身を機械で武装した女性だった。 右手にはライフル銃、顔はバイザーのような物で隠れている。 女性とわかったのは、バイザーの下から覗く口元と、体格からだった。 細い手足には黒いアーマーを付け、胸が膨らんでいた事から、女性であることが想像出来た。 そして、背中には大きなウイングがついており、シルエットからこの前のIDを打ち抜いた人物と同一である事が想像出来た。
「なんなんだ……こいつ」
 目の前で見せつけられた力に、純は驚きを隠せなかった。 半年以上IDと戦ってきた純以上の力を持ち、その上女性。 今までの自衛隊や警察の武装で無いことは一目瞭然だった。 女性は、IDの方にゆっくりとライフルを構え、引き金を引く。
「グギャァァア」
 ライフルから放たれた線香が、IDの体を貫き、鳴き声を上げた後にそのまま倒れた。
「あの体を一発かよ……」
 IDは光となって消えた。 女性はIDの消滅を確認すると、長い金髪をなびかせ純を見る。 純は思わず身構えた、敵か味方か、その判別が出来ていない以上、自分よりも確実に強い目の前の人間から、すぐに逃げられるようにするために。 そして、純は意を決して、口を開く。
「お、お前は一体……」
「………」
 女性は答えない。 沈黙が続く中、女性はゆっくりとライフルを構え、そして__。
「うぉっ!」
 引き金を引き攻撃してきた。 純は間一髪で避け、攻撃を回避する。 しかし、ライフルを構えた女性の攻撃は終わらない。
「のわ! またか!」
 間違いなく純を狙って攻撃をしていた。 純は避けるのに精一杯で、逃げる事まで頭が回らない。 なんとか、公園の遊具の後ろ側に逃げ込み、純は体勢を立て直す。
「な、なんなんだ……あいつ」
 いきなり攻撃してきたところを見て、味方では無いと確信する純。 どうやって逃げるか策を考えていると、エレスが現れた。
「ねぇ、何!? あのSFアクションに出てきそうな、重装備の人間は!! めちゃくちゃ格好いいじゃない!!」
「今の状況わかってんのか!! 攻撃受けてんだぞ! お前も何か考えろい!!」
 目をキラキラさせながら、エレスは興奮気味に話す。 そんなお気楽なエレスに純は声を上げる。 女性は、ライフルの引き金を引くのを止め、純の方に近づいてくる。
「撃ってこない? 今のうちか!」
 純は勢いよく上空に飛び、家の屋根に飛び移りながら、公園から逃げた。
「はぁ……危なかった」
「何者だろうね~、それにしても人間がこれだけの科学技術を持っているなんて……」
「あいつのおかげでIDは倒せたけど……攻撃してきたよな……」
 IDでは無い、人間の敵。 それは純が戦い始めて、初めての事であり、どう対処するべきか悩む事だった。
「なぁ、あいつがIDを倒してくれるなら、俺が戦う必要なくね?」
「何言ってるの、戦わないと生きれないよ?」
「はぁ……やっぱりか……なら、どうにかあいつと……ん?」
 何かが飛んでくる音が聞こえ、純は後ろを振り向く、するとそこには空中を自由に飛び回りながら、純を追ってくる。
「ちょっ! 飛べるとか卑怯だろ!!」
 空を自由に舞う相手に、大ジャンプで移動している純が早さで勝てるはずもなく、すぐに追いつかれる。
「やばい、おい! なんとかなんねーか!」
「う~ん、確かに君が捕まって、人体実験とかされたら面倒だしな……よし、神パワーで助けてあげよう!」
 そう言うと、エレスは実体を表し空を舞う女性の前に立つ。
「ごめんね、ちょっとまぶしいよ」
 エレスはそう言うと、両手を前につきだす。 すると、両手の前に光の球が出来激しく発光を始める。 そしてその光の球を女性に投げつける。
「……!!」
 女性は咄嗟に避けようとしたが、避ける事ができず、光の球は女性に直撃する。 直撃と同時に、光の球は更に激しく発光する。 光の影響で女性の動きが止まる。
「はい、今のうち~」
「は? え……」
 純がそんな様子を見ていると、突然エレスが実体の状態で目の前に現れ、純を抱える。 そして、その瞬間純の見ていた景色が変わった。
「は……ど、どこだここ」
「君のマンション近くの路地だよ」
「は?! さっきまで確かに……」
「これが神パワー……ワープさ!」
「なんで溜めたんだよ……後、こんな便利な能力あるなら、さっさと使えよ!」
 とりあえず、純は装展を解き、元の姿に戻る。 エレスも実体から、いつもの半透明の姿に戻っていた。
「一体……何者だったんだ」
「あぁ! 是非また会いたいね!!」
「もう会いたくねーよ……殺され掛けたんだぞ」
 家に帰る道すがら、純はエレスとあの女性の話しをしていた。 圧倒的な力の差、そして最近IDを簡単に倒せなくなって来ているという事実。 どうすれば良いのか、純は考える必要があった。
「なぁ……さっき言ってたパワーアップって、どんな感じなんだ?」
「ん、気になるかい? まぁ、確かに最近は勝てなくなってきてるからね~、ぷぷ~だっさーい」
「こっちは素人なんだよ! 普通は勝てるはずもねーんだよ!」
 相変わらずのエレスの対応に、純は若干キレながら答える。
「ま、でも僕も最近のIDの強さは感じてたよ……冗談抜きで、そろそろパワーアップしないとまずいね……」
「そう思うなら、教えろよ」
「いや、今日はやめようよ。君、結構疲れてるだろ?」
 確かに純は、戦闘の疲労と逃げた時の疲労で、いつも以上に疲れていた。 意外と見ているなと、純は一瞬関心したが、偶然だろうとすぐに考えを改める。 どうせ自分が面倒なだけだろう、そう思い純はエレスの言うとおり、今日は家に帰って休むことにした。
「ただいま……はぁ……疲れた」
「あ、じゃあ僕はここら辺で~」
 エレスは家に着くと、そう言って姿を消した。
「自由な奴だな……突然現れたり、居なくなったり……」
 玄関先でそう呟き、一人部屋の中に入る。 相当に疲れていた事もあり、純はそのままベッドに横になり、夢の中に落ちていった。

「片思い片手間ヒーロー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く