話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

片思い片手間ヒーロー

Joker0808

8

 スマホの画面を見ながら、純は少し不安になってくる。
(大丈夫なのか? あいつ、今回は俺無しで良いって言ってたけど……)
 IDは繭の姿のまま動きを止めていた。 自衛隊や警察もこれ以上の攻撃は無駄だと判断したのか、武器を構えて繭を包囲したまま動かない。
「これって、倒したって事なのかな?」
 一緒に見ていた弥生が純に尋ねる。 IDは倒すと、光に包まれて消えていく。 それはIDを今まで倒してきた純が良く知っていた。 消えていないところを見ると、おそらくまだ生きていると言う事になる。
「この場所って……ここから近いよな……」
「そうだね、電車で三駅くらいのとこかな?」
「ここは大丈夫なのかな?」
「警報は来たけど、注意警報であって、避難警報ではないからね、それにIDも動いてないみたいだし、大丈夫なんじゃない?」
 純は自分のスマホに来た警報を確認する。 確かに、注意警報であって避難警報ではない、その為周りの人たちもいつも通りに生活をしている。 純はスマホの中の繭になったIDを見ながら顎に手を当てて考える。
(体力でも回復してるのか?)
 純がスマホの画面をジッと見つめていると、頼んだ料理がやってきた。
「あ、やっと来たね。私おなかぺこぺこだよ~」
「え? あぁそうだね、食べようか」
 純は考え過ぎかもしれないと、スマホから目を離し、注文したたらこスパゲッティーを食べる。
「このまま何も起こらなかったら、来るかな?」
「えっと……誰が?」
 純は弥生の質問の意味も答えも知っていた。 しかし、あえて聞いた。
「もちろん赤い破壊者さん、いつもの感じでやっつけてくれないかと思って、そうすれば安心なのにね」
「あ、あぁ……」
 自分を頼ってくれる人が居る。 それなのに、自分はこんなところで呑気に食事をしている。 今まで気にならなかったが、耳を澄ますと他の客も同じ中継を見ているらしく、純達と同じ話をしていた。
「え、これ大丈夫なの?」
「自衛隊と警察だけじゃ、やっぱり不安だよな~」
「あの~何だっけあいつの名前?」
「あぁ、赤い破壊者か? あいつならソッコーなんだけどなぁ……」
 食事が全く進まなかった。 純は思っても見なかった。 自分がこんなに必要とされているなんて。 今朝のニュースでの偉そうなおじさんの話しだけがすべてではないと、純はこのとき実感した。
「あ! なんかあったみたいだよ?!」
 弥生に言われ、純は弥生と一緒にスマホの画面を見る。 画面の中の繭が、赤く発光し始めていた。 自衛隊と警察も危機を感じたのか、火炎放射器で繭を焼き始める。 しかし、その攻撃も意味は無く、繭は段々と光を増していった。
「な、なんか割れてない?」
「あぁ……確かに……まさかと思うけど…変体するんじゃぁ……」
「え、あの虫とかが成虫とかになるあの?」
「うん、芋虫みたいな外見だったし、繭を作った時点でそうなのかなって……でも、IDと虫が同じように変体すると思え無かったし……」
 純の予想は最悪にも当たってしまった。 ひび割れた繭から、IDは先ほどとは異なる姿で空に飛び上がり、姿を現した。 虹色に怪しく光る蝶のような羽に、体はムカデと芋虫を足したような外見をしていた。
「うわ……気持ち悪い……」
「……」
 純は画面を見ながら息を呑んだ。 あのIDは今までの奴とは違う。 直感的にそう感じた。 画面の中では、自衛隊と警察が、上空のIDに対して攻撃を開始したが、全く効いていない。(なにやってんだよ……)
 画面を見ながら、純はそんな事を思う。 高く空に舞い上がったIDはその場から姿を消した。 その瞬間、弥生のスマホが音を立ててなり出した。 画面には「緊急避難警報」と言う文字が映し出されていた。
「避難警報出ちゃったね、早くシェルターに行かないとね。あぁ……まだ全部食べて無いのに……」
「あぁ……行こっか……」
 店内の客も店員も、店の近くのシェルターに避難していく。
「大丈夫かな? 自衛隊と警察だけで…」
「やっぱり不安?」
「うん……それに赤い破壊者さんなら、皆を守ってくれるって信じてるから」
 店を出て外のシェルターに向かおうとしていた時、純は弥生にそんな事を言われ、自分の胸が高鳴るのを感じた。 頬を赤らめながら、彼女は純にそう言った。 その反応から、純はすべてを理解した。 危ないところを助けられ、名前も告げずに去って行った、謎の人物。 弥生はそんな彼に惚れているのだと……。
「……皮肉なもんだ」
「え? 何か言った?」
「いや、なんでも無い……ごめん、俺ちょっとトイレしてからいくわ!」
「え! 純君?!」
 純はそう言って弥生の元を離れ、路地の裏の人気の無いところに向かって行った。
「さっきトイレ行ったのに?」
 残された弥生はそんな事を思いながら、一人シェルターに向かって歩いていった。



「おい神! …くそ! 肝心な時に居ねぇ…」
 純はスマホを片手にIDが居るであろう場所に向かっていた。 ネットの中継は接続が切れてしまったようで、見ることが出来ない。 純はとりあえず装展し、建物の上からIDを探す。
「いた!」
 建物の上に向かったところで、すぐにIDは見つかった。 建物の間を飛行し、建物を破壊しながらこちらに向かっていた。 純はIDの方に向かって行く。
「デカいな……」
 IDは画面で見て想像していたよりも遙かに大きかった。 純は大通りでIDと対峙し、挨拶代わりにIDに蹴りを入れる。 しかし、見た目に反してIDは石のように堅かった。
「な、なんだこいつ……堅いな…」
 いつもなら蹴り一発で倒す事も出来たのだが、今回はそうも行かないようだと純は悟った。「どこが最弱だよ! いままでよりも厄介じゃねーか!」
「だね~、もしかしてが起きちゃったね~」
「あ! お前何してやがった!!」
 ようやく現れた神様に、純は怒鳴り声を上げる。 神様は肩を回してため息を吐きながら、疲れたような声で話しを始める。
「こいつの誘導だよ、なるべく被害が出ないように誘導してたんだけど……それでも結構疲れるね」
「い、以外とちゃんと仕事してたんだな……」
 神様のいつもと違って真面目にIDを倒す事に協力的な様子に、純は驚いた。
「君も、なんでここに居るんだい? 今日は休んで良いって言ったのに」
「こうなっちまったら、自衛隊でも警察でも無理だろ? それに……信じてる人も居るぽいしな……」
 純は弥生の事を考え、笑みを浮かべながら神様に言う。
「ま、君の事だから来ると思ったよ……じゃ、さくっとよろしく~」
「おい! お前も協力しろよ!」
「言ったでしょ? 僕はちょこっとしか人間の世界に干渉できないの、誘導したんだから良いでしょ?」
「あぁ、いつものお前だ……一瞬でも関心するんじゃ無かった!」
 空中に横になり、欠伸をする神にそう言い放ち、純は再びIDに向かって攻撃を開始する。

「片思い片手間ヒーロー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く