話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

甘え上手な彼女

Joker0808

♯39




 二日目の文化祭は、朝から大盛況だった。
 外部からのお客さんに加えて、昨日入れなかった学内の生徒が高志達の店に溢れていた。

「おい! 高志のアホは何処行った!! ツーショット撮影の客が来てんだよ!!」

「あいつなら休憩に行きやがった! 茂木で良いか、客にきいてくれ!!」

「呼んだかい? 僕で避ければいくらでも……」

「ダメだ! 茂木より、高志の方が良いってよ!」

「……なんでだ」

 高志は休憩を取り、教室には居なかった。
 
「じゃあ、宮岡居ないか!?」

「宮岡も休憩だ!」

「じゃあ、優一は!?」

「優一は別な客の対応で、外に行ってるよ!!」

「あぁぁぁ! クソ!! うちの主力がほとんどいねーじゃねーか!!」

「何を言っているんだい、僕が居るだろ?」

「あぁ、はいはい、茂木もそう言えば居たな」

「雑すぎないかい……」

 教室が忙しくなって居る中、高志はグランドの中央に設置されたステージに居た。
 ステージでは現在、学生の叫びというイベントが進行中であり、生徒が皆自由に、不満や悩み、自分の思いを叫び、ストレスを発散させていた。

「裕樹(ゆうき)の浮気ものぉぉぉぉぉ!!」

 現在は、二年の女子生徒が彼氏への不満を叫んでいた。

「はい、ありがとうございました! いや~三股男の裕樹さん、最低でしたね~」

 高志はそんなステージを見つめながら、一人で立っていた。
 その場には紗弥も居るが、高志は一緒では無い。
 それぞれ、違う目的為にここにやってきていた。

「え~それでは、どんどんまいりましょう! エントリーナンバー24番! 二年の中で一番のイケメンとの呼び声も高い、三竹光輝君です!!」

 視界の女子学生が、進行をする。
 高志はその名前を聞いて、ついに来たと思った。
 高志がここにいる理由、それは光輝に対抗するためだった。
 そして紗弥も、光輝に呼ばれ、この場に来ていた。

「………」

 高志はジッと光輝の顔を見る。
 光輝は高志に気がつかない様子で、マイクに向かって話し始める。
 光輝の人気のせいか、人が増えている気がする高志。

「俺は、今日! ある強い思いを持ってここに立っている! その思いとは……一人の女子生徒への思いだ!!」

「おぉぉ!! 来ました!! 毎年恒例の公開告白!! 今年は三竹君だぁ!!」

 三竹の言葉に、会場は盛り上がり、司会の女子学生もテンションが上がる。

「でも……その人には現在彼氏がいる……しかし! 俺は今日、そのとこを打ち破り! 彼女を俺の物にしてみせる!!」

「あぁっと!! まさかの三角関係だぁぁぁ!! 一体その女子生徒は誰なのか!!」

 会場は更にヒートアップし、光輝を応援するような声も聞こえてくる。
 高志とは違い、人望も持っている光輝を高志は素直に、凄いと思った。

「その人は!! 宮岡紗弥さん!! 貴方です!!」

「あぁぁぁぁっと!! 相手も二年の中で一番の美人と噂の宮岡紗弥さんだぁぁぁ!! しかも彼女はこの会場に、一人でやってきているぅぅぅ!!!」

 司会者の女子生徒は会場の紗弥を指差す。
 周囲のお客さんは、紗弥から離れ紗弥の位置を光輝にわかるようにする。
 紗弥は、少し不機嫌そうだった。
 それもそうだ、公開告白なんて物は、言ってしまえば、相手の逃げ道を無くさせるような、卑怯な告白の手段。
 しかも、光輝のような人気者であれば、紗弥に公開告白してフラれても、可愛そうだと言われて同情され、ダメージが少ない。
 しかし、紗弥は断った事によって、空気の読めない女だの、見る目が無いだの色々と陰で言われる危険性がある。
 だから、高志はここに来ていた。

「宮岡さん! あんな男は忘れて、俺と……」

「ちょっと、待ってくれ!」

 高志は、大きな声でそう叫ぶと、会場のステージに上がっていく。
 そして、高志は光輝と向き合う。

「俺は言ったよな? 宮岡に迷惑を掛けたら全力で殴りに行くって……」

「来たか……迷惑? 何のことだか、さっぱりだな」

「こんな大衆の前で、告白される事を紗弥は望んでないって言ってるんだよ」

 高志は、迷惑そうに一人会場に立つ紗弥を見て確信した。
 だから、高志はこうしてステージに立った。

「それは本人次第だろ? それに、君は言っただろ? 告白は個人の自由だって」

「あぁ、そう思ってたよ……でも、最近色々あってな……なんか、ムカつくんだよな」

 ステージ上で、高志と光輝は火花を散らす。
 そんな二人に、会場は盛り上がり、司会の女子生徒も興奮した様子で実況する。

「まさかの今カレ登場だぁぁぁぁ!!! さぁ! 宮岡さんはどうするんだぁぁぁぁ!! てか羨ましぃぃぃぃぃ!!」

 高志と光輝はジッとにらみ合う。
 そんな時、会場から高志に対しても大きブーイングが始まった。

「追いコラ高志! 引っ込め!!」

「邪魔してんじゃねーよ! さっさとフラれろ!!」

 その大半は、光輝が仕込んでいた、高志に恨みを持っている、紗弥のファン。
 一気に高志に対して悪い空気になってしまい、状況は光輝に有利かと思われた。

「会場の皆はお前の退場を望んでるみたいだぞ?」

 余裕の笑みを浮かべながら、話す光輝に高志はフッと笑って答える。

「お前、こんなんで紗弥が手に入ると思ったのか?」

「もちろん思ってないよ、でも優位には立てる。そしてまだ、手は残ってる」

「使えよ、それも」

「あぁ、言われなくても……那須」

「へいへ~い」

 そう言って、ステージ上がって来たのは、優一だった。
 高志は一瞬驚いたが、すぐにいつも通りに戻る。

「何してんだ優一?」

「いや、このイケメン君が高志の黒歴史をバラせば、テンション上がって、報酬をはずんでくれるって言うからよ、バラしてやろうと思って」

「おいおい……てことは最初から……」

「あぁ、知ってた」

 優一は笑いながら高志にそう言う。
 そして、会場に向かって話し出す。

「俺は高志と、中学一緒だったんだけどよ、昔こいつヤンキーと連んでて、学校中から嫌われてたんだぜ~」

「………」

 ニヤニヤしながら話す優一を高志は黙って見ていた。

「そのヤンキーっていうのが、めちゃくちゃでよ~、30人と喧嘩して全員病院送りにしたなんて伝説もあったな~、高志はいわゆる舎弟ってやつだったんだろうよ」

「なんて野郎だ!」

「引っ込め!」

「ぶー! ぶー!!」

 高志へのブーイングは激しさを増した。
 優一は更にニヤニヤしながら続ける。

「なんでそのヤンキーとこいつがつるんでいたか……お前ら、気になるだろう?」

「優一! 持ったいぶらずに言え!!」

「そうだ! 早く教えろ!! あいつの悪行の数々をよぉ!」

「オーケー、オーケー、急かすなって。そのヤンキーは、毎日気にくわない奴を殴って、教室で一匹狼を気取ってた訳よ、そんなヤンキーに高志言ったんだよ……」


 優一は会場に向けて語り出した。
 昔の高志の話しを……。





 中学時代、俺こと那須優一は馬鹿な不良学生だった。
 気にくわない奴には鉄拳を食らわせ、喧嘩の毎日。
 クラスでは嫌われ者で、腫れ物に触るような扱いを受けてた。
 頭はそれほど悪く無かったから、進級は出来た。
 しかし、その進級で俺はあの馬鹿と出会ってしまった。

「お前、那須なんて珍しい名字だな」

「あ? んだお前?」

 これが俺と高志の出会いだった。
 
「消えろ、失せろ、俺の視界に入るな」

「いや、全部同じ意味だろ? それに、クラスが一緒になった訳だし、仲良くしようぜ」

 教室内の他の生徒、全員がビビっているなか、高志は俺に手を差し出してきた。
 俺はそんな高志の胸ぐらを掴んだ。

「てめぇ……なめてんのか?! 俺の事をしらない訳じゃねーだろ!!」

「イテテ……離せよ! 全く、そんなんだからボッチなんだぞ?」

「っち! 黙れこの野郎!!」
 
 そう言って俺は、高志を殴った。
 すると高志は、俺に向かって叫び、殴りかかってきた。

「いってぇな! 馬鹿野郎!」

「やるってのか? 良いぜ! その方がわかりやすい!!」

「おりゃぁぁ!!」

ポフ

 そんな効果音が出てしまうほど、高志のパンチは弱かった。
 結果、俺は高志を出会ったその日に二発殴り、めでたく二年でも嫌われ者になった。
 しかし、いくら殴っても、いくら怒鳴ろうと、高志は毎日俺に話し掛けてきた。
 いつしか、放課後も俺についてくるようになり、高志と一緒にいる時間が長くなって行った。
 そんなある日だった。

「あいつ、今日は休みか……つきまとわれ無くて、清々するぜ」

 高志はその日休みだった。
 俺は久しぶりの一人を満喫し、放課後を迎え帰宅しようとしていた。

「ん? なんだ……」

 帰ろうと思って下駄箱を開けた時、中から何かが落ちた。
 それは手紙だった、しかしラブレターなんて生やさしいい物では無かった。

「17時に廃工場に来い、友達を預かっている」

 手紙にはそう書かれていた。
 俺は、その手紙から嫌な予感がした。
 友達、そんな奴は自分には居ない、しかし最近付きまとってくる、鬱陶しい奴を一人知っていた。 
 俺は気がつくと、廃工場まで走っていた。
 そこには、ぼろぞうきんのようにボロボロになった高志と、前にボコボコにした他校の不良が三十人居た。

「おいおい、お前が来ないから、お友達がボロボロだよ~」

「まぁ、こいつも悪いんだけどな~、素直に俺らの言うこと聞いて、那須を連れてくるって言えば、こんな事にはならなかったのによ~」

 不良数人が俺にそう言う。
 なんで、言うとおりにしなかった。
 言うとおりにすれば、お前の身の安全だけは保証されただろう!
 なんで言うとおりにしなかった!
 俺はボロボロになった高志を見て、そう思った。
 俺はなぜだかわからないが、イライラし、その場に居た不良全員を殴り始め、気がつくと、その場には俺だけが立っていた。
 俺は、ボロボロになって転がる高志に近づき、尋ねた。

「なんで……言うとおりにしなかった……」

「……う……お、お前……は……良い奴……だから……」

「俺が? 良い奴? はん! 笑わせんな!! お前は俺の噂を知らないのか!」

「噂は……知らない……」

「じゃあ。教えてやるよ!! 俺はな、ムカつく奴は全員殴る! 男も女も! そんな奴なんだよ!! だから嫌われてる!」

「……噂は知らない……でも……事実は知ってる……」

「は? 何を……」

「お前は……ただ暴力振るうだけの奴じゃ無い……うちの生徒をカツアゲした他校の生徒や、女子生徒を強姦しようとした奴なんかに暴力を振るってた……それだけだろ?」

「そんなのは偶然だ! 俺は! 俺は……ムカつく奴を……」

「強がるのは……やめろよ………俺みたいに………本当のお前を見てる奴が……他にも……必ず居る……だから……無理に……強がるな……」

 俺はそのとき、本当の自分の気持ちに気がついた。
 はじめは、友達を守るために喧嘩を始めた。
 しかし、その友達は俺の喧嘩の強さを恐がり、怒らせると暴力を振るう奴だと思ったらしく、俺から離れて行った。
 それから俺は一人だった。
 一人で居るうち、喧嘩を売られる事が多くなり、俺はそのたびに返り討ちにしていった。
 ムカつく奴は殴る、そう思って喧嘩をしていれば、何も考えなくて良いから楽だった。
 でも本当は寂しかった。
 一人で食う飯、一人の時間。
 すべてが寂しくて、喧嘩でその寂しさを埋めた。

「………うるせーよ……お前も! どうせ俺から離れて行く!! そうだろ!!」

 気がつくと俺は目から涙を流していた。
 そんな俺に、高志は言った。

「俺は……お前の友達だ……だから………信じろ」

 俺はその言葉に救われた。
 一人じゃ無い、こいつが居てくれる。
 そう思っただけで、心が軽くなった。

「気持ち悪ぃ……んだよ……お前は……」

「フ……お前もな……」

 それから、俺は変わった。
 喧嘩を極力しなくなり、高志のおかげもあって、三年の頃には嫌われ者では無くなった。
 喧嘩をしていた理由も、ただ気にくわないから、と言う訳では無いことが、徐々に広まり、いつしか俺は、不良と呼ばれなくなっていった。
 一時期は、高志が俺の舎弟になって、二人で悪さをしているなんて噂も流れたが、毎日のように口喧嘩をし、毎日コントのような罵り合いをしていた為、その噂も直ぐに消えた。





「……てな感じで、こいつは一人の不良を更生させちまったってわけ」

 優一は、不良が自分だと言う事を隠し、高志と自分の昔話を聞かせた。
 もちろんその話は、高志の好感度を上げはしても、下げるような物ではなかった。
 そして、その話を聞いて一番動揺したのは、光輝だった。

「ど、どういう事だ!! 金さえ払えば、あいつの黒歴史を暴露してくれるんじゃ無かったのか! お前の情報には信頼性があるから、頼んだんだぞ!!」

「あぁ、だから全部本当だよ? なんせ、その元不良が言うんだからよぉ!」

「お、お前ぇ……」

「テンションは上がったか?」

「上がるわけ無いだろ!!」

「じゃあ、お前から貰った三万は返すぜ……そんな金無くても、クラス賞は取れそうだからな」

「八重の野郎に嫉妬してるんじゃ無いのか!!」

「するに決まってるだろ? あんな可愛い彼女が出来て、俺は誰よりもこいつが憎いし、こいつが妬ましいよ……ダチだからな」

 高志はそう言って、ステージをゆっくり下りる。
 そして去り際に一言言う。

「俺、イケメンって嫌いなんだわ」

 そう言って優一はステージを後にし、高志に視線を送って帰って行く。
 会場はの観客は戸惑い、司会の女子生徒もアタフタしていた。

「えっと……つまり……八重君って……普通にいい人?」

「てか、三万も渡してたのか……」

「そこまでするか?」

 ブーイングを飛ばしていた連中も、光輝のやり方に若干引き始める。
 そんな中、高志は光輝に向かって言う。

「お前が何をしようとどうでも良い……でも、金で人の弱みを買って、そこにつけいろうとする奴に、紗弥は渡さない……紗弥は……俺のだ!」

 高志はそう言って、ステージを下り、囲まれていた紗弥の元に向かう。
 紗弥の正面に立ち、高志は紗弥に言う。

「俺は、女子にはモテないし、顔もあいつ以下だ……それでも……これからも、一緒にいてくれるか?」

 紗弥は高志に尋ねられ、涙を浮かべながら高志に抱きついて言う。

「あたりまえだよ……」

「「「うぉぉぉぉぉぉ!!!!」」」

 会場は紗弥の行動に、一気に反応し盛り上がる。
 光輝はステージ一人取り残され、会場は紗弥と高志を祝福し始めた。

「あぁぁ! クソが!! 幸せになれ!!」

「もう諦めるよ! 未練たらたらってのも嫌だしな!!」

「うらやましぃ……先生もあんな告白されたい……」

「あ、いたんですか、35歳独身、ただいま絶賛婚活中の横田先生」

「なにかしら司会者さん? その説明的な口調は……」

 会場の真ん中で、紗弥と高志は抱き合う。
 高志は腕の中の紗弥を見ながら、決意する。
 何があっても、彼女は守ろうと……。

「甘え上手な彼女」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く