話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

甘え上手な彼女

Joker0808

♯17

 時間にしすると、数秒の事だったが、高志からしたら数時間にも感じられる時間だった。
 そろそろ良いだろうと思い、高志は手を紗弥から話す。
 自分でも顔が赤くなっているとわかるほど、高志は顔に熱を感じた。
 しかし、一方の紗弥は一向に手を離してくれない。

「さ、紗弥……そろそろ良いか?」

「ん……もうちょい……」

「いや、ここ外だし……誰かに見られたら……」

 高志はこの間の部屋での一件を思い出す。
 こんな状況をまたしても身内や知り合いに見られたらと思うと、高志は更に顔が赤くなるのを感じた。

「……わかった」

 ようやく高志から離れる紗弥。
 しかし、右手はしっかりと誠実の手を握っており、これはこれで恥ずかしかった。

「じゃあ、そろそろ行くね」

「………ねぇ、もうちょっとだけ一緒に居たいって言ったら……怒る?」

 紗弥は高志の手を握ったまま、顔を赤く染め、俯きぎみに高志に尋ねる。
 確かに、今あの家には帰りたくないだろう、帰ったところで、あの父親から色々と質問攻めに合うのが落ちだ。
 色々あって疲れているのは、紗弥も同じだろうと思い、高志は自分の家で少し休んで貰うことにした。

「俺の家来るか?」

「行く」

「即答ですか…」

 高志はそのまま手を握って、紗弥を家まで連れて行く。
 昨日の出来事のおかげで、高志は既に紗弥との関係が親にバレている為、紗弥を家に連れて行くことに抵抗は無かった。

「ただいま~」

「高志、おかえ……え? えっと……」

 家に帰り、玄関のドアを開けた高志を出迎えたのは、エプロン姿の母だった。
 高志の母は、紗弥の姿を見るとどこか気まずいそうな表情で視線を泳がせ、言葉を詰まらせた。

「あ、こんばんわ。私、高志君と…その……お付き合いさせて貰ってます。宮岡紗弥ともうします」

「ちょっと、事情があって家に呼んだんだけど、良いよな?」

 礼儀他正しく挨拶する紗弥。
 しかし、昨日の事もあってか、一瞬言葉を詰まらせてしまった。
 高志の母は、慌てた様子で挨拶を返した。

「あ、あぁ…そ、そう! え、遠慮しなくて良いのよ? ゆっくっりしていって頂戴!」

「すいません、お邪魔します」

 そう言って、紗弥が靴を脱いでいると、リビングの方から、上下スウェット姿の高志の父が現れた。

「なんだ、お客様……か?」

 玄関に出てきた高志の父は、紗弥の顔を見て動きを止めた。
 紗弥も高志の父の姿に気がつき、再び挨拶をする。

「あ、初めまして。私、高志君とお付き合いさせてもらっている、宮岡沙耶と申します」 

「あ、えっと……高志の父です」

 紗弥の突然の訪問に驚いたのか、高志の父はなんと言って良いかわからず、短くそう答える。
 これ以上ここに居るのは、色々と面倒そうだと感じ、高志は紗弥を連れて二階の自分の部屋に向かう。
 階段を上がっている途中、玄関から高志の両親の興奮した話し声が聞こえてきた。

「あ、あなた! なんでスウェットなのよ!!」

「しょ、しょうがないじゃないか! まさか高志がこんな時間に彼女を連れてくるなんて思わないし……」

「やっぱり可愛い子だったわ~」

「高志の奴……一体どんな手を使って落としたんだ?」

「そんなの知らないわよ! でも、これを逃したら、あの子にあんな可愛い彼女が出来る事は一生無いわね」

「確かに」

(確かにじゃねーよ!)

 そう心の中で思いながら、高志は部屋のドアを開けて紗弥を部屋に入れる。
 昨日、紗弥が来たときとあまり変わっては居ないので、部屋はある程度綺麗なままだった。

「疲れただろ? リラックスしてろよ、俺何か飲み物持ってくるから」

「うん、ありがと。じゃあ遠慮なく……」

 そう言って紗弥は、高志ベッドに腰を下ろした。
 高志は未だに玄関先で話しを続ける両親の元に向かい。
 溜息交じりに両親に言った。

「うるせーよ」

「あら高志、どうしたの? 飲み物だったら私が持って行ってあげあるわよ!」

「昨日の事もあるから、俺が持って行くよ」

「何言ってるの! こんな時間に若い男女が密室で二人っきりなんて……まだ高志には早すぎるわ!」

「母さん、ちょっとうるさい」

「母さんの言うとおりだぞ高志」

「父さんはなんで着替えてんだよ……」

 いつの間に着替えたのか、高志の父は今から外出でもするかのような、服装に着替えていた。
 やっぱり面倒になった、そう思った高志は、溜息を吐いてリビングに向かい、キッチンの冷蔵庫から飲み物をを取って、再び二階の自分の部屋に戻ろうとする。

「高志! 高校生らしい、健全なお付き合いをするのよ!」

「そうだぞ! やるとしてもちゃんとゴ…グフッ!」

「何言ってるのよお父さん! 有りでも無しでもダメよ!」

「良いからもう黙れよ!」

 階段下で騒ぐ両親を高志は怒鳴り、そのまま部屋に戻って行く。
 ドアを開けると、紗弥がスマホを弄って待っていた。

「おかえり、親子仲良いんだね」

「うるさいだけだよ……って聞こえてた?」

「ばっちり」

 高志はまたしても羞恥心で、顔を赤く染める。
 飲み物を乗せたお盆を机に置き、高志は紗弥の隣に腰を下ろした。
 すると、紗弥はいつものように、高志にぴったりとくっつき、高志を見ながら尋ねる。

「私とそういう事……したい?」

 紗弥に聞かれ、高志は更に顔を赤く染める。
 さっきの両親の会話の内容から、高志はそういう事の意味を理解する。
 なんて答えて良いのか、高志はわからなかった。
 正直ちょっと妄想してしまい、今は立ち上がる事が出来なくなってしまった。

「したくない?」

「う……」

 つい数十分前まで触れたていた、紗弥の感触を高志は思い出してしまった。
 この状況は非常にまずかった。
 密室で二人きり、しかもデートが終わって一悶着あったが、今は結構良い雰囲気だ。
 しかし、高志は……。

「お、俺は……その……紗弥をまだちゃんと好きになって無いから……そういう事はしちゃ行けないと思う……そ、それに……ちゃんと好きになってからした方が……お互い良いと思う……」

 自分は何を言っているのだろう?
 高志はそんな思いでいっぱいだった。
 しかし、紗弥はそんな高志を見て、笑みを浮かべながら、高志に抱きついた。

「ウフフ、そっか! じゃあ、何しても高志は私に手を出さないんだよね~」

「ば、ばか! やめろ! 今は色々とヤバいから!」

「いや、高志がそんなに私の事を思ってくれてるなんて、思わなかったよ~」

「お願いだから、離れてくれ!」

「ねぇ、高志……」

 高志が抱きつく紗弥を引きはがそうとしていると、急に大人しくなった紗弥が、優しい笑顔をで高志の方を真っ直ぐ見て言う。

「大好きだよ」

 その言葉に、高志は今日一番ドキドキした。

「甘え上手な彼女」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く