甘え上手な彼女

Joker0808

♯3

「あのさ、そろそろ俺の家なんだけど?」

「うん、知ってる」

 学校を出て駅に向かい、高志と紗弥は電車に乗り、四駅ほど離れた駅で電車を下りて、再び歩き始めた。
 高志はいつも通りの帰宅コースを帰っているが、一向に紗弥は高志から離れようとしない。

「あのさ、本当に宮岡の家ってどこなの?」

「八重の家の裏手。あ、ここだよ」

「あぁ、最近新しく建った家の……宮岡の家だったのか……」

 まさかのご近所さんとは想像も出来なかった高志。
 建ったばかりの真新しい大きな一軒家を見ながら、高志は新しいご近所さんで、初めての彼女である紗弥の顔を見る。

「じゃあ、俺はここで」

 そう言って手を離そうとした高志だったが、紗弥が高志の手を離さなかった。

「上がって行かない? お母さんに紹介したいし?」

「え? いや、いきなりそれはハードルが高いと言うか……そういうのはもう少し互いを知ってからのほうが……」

 いきなりの提案に高志は焦った。
 つい一時間ほど前に告白されただけでも高志にとっては、慌ただしい一日だと言うのに、その上、母親に挨拶して、女子の部屋に上がるなど、高志は想像していなかった。

「どうせ家は裏手だし、それにまだそんなに遅くないから大丈夫だよ」

「いや、そう言う意味じゃなくて……あ、すまん! ちょっと俺これから用事が……」

「暇だって言ってたのに?」

「うぐっ!」

 ここ一時間で紗弥と話しをして、高志はすこしづつ紗弥の性格を理解しはじめていた。
 一つは結構強引な性格だと言うこと、そしてもう一つは……。

「ねぇ…寄って行ってよ…」

 わざとか素なのか、教室でのクールな態度からは考えられないほど、甘え癖があると言う事に。





「ただいまぁ」

「お、お邪魔します…」

 結局彼女の勢いと、甘えた声に負け、高志は宮岡家に足を踏み入れた。
 高志にとって、人生初めての彼女の家はなんだか新鮮で落ち着かなかった。

「紗弥、おかえり…あら? どちら様?」

「あ、ど…どうもこんにちは、自分は娘さんと……」

「彼氏、ちなみに今日告った」

「あらあら、まぁまぁ…紗弥ちゃんに彼氏? ママびっくりだわ~、いままで家に彼氏なんて連れてきた事なかったから〜」

 紗弥の母親は一言で言って美人だった。
 どことなく顔の輪郭や口元などが、紗弥と似ているなと高志は思いながら、彼女の母親に少し見とれてしまった。
 紗弥の母親は娘が初めて彼氏を家に連れて来たのが嬉しいのか、ニコニコと笑いながら、高志の手を取った。

「こんなところで立ち話も何ですから、どうぞ上がってください。ようやく引っ越しの荷ほどきも終わってきたところで、綺麗ですから」

「え? あ、はい…お邪魔します」

 高志は言われるがまま、家の中に連れて行かれ、そのままリビングに通された。
 紗弥は着替えをしてくると行って、自室に戻ってしまい、今は高志と紗弥のお母さんと二人きりだった。

「飲み物はアイスティーで良いかしら?」

「あ、なんでも大丈夫です」

「ウフフ、そんなに緊張しないで、くつろいでもらって大丈夫だからね」

「は、はい。ありがとうございます」

 そうは言われても、一切くつろぐ事が出来ない高志。
 紗弥の母親は顔立ちが整っているせいか、随分若く見えた。
 スタイルも良く、二十代後半と言われても信じてしまいそうなほどに若々しかった。
 
「あの子は学校ではどう?」

「え? あぁ、紗弥さんの事ですか? えっと…友達も多いし、勉強も出来て学校でも人気ですよ。自分なんか釣り合ってませんよ」

「そんな事無いわよ、貴方も十分素敵な男の子よ」

「あ、ありがとうございます」
 
 あまりそう言った事を言われた事が無い高志は、すこし照れてしまった。

「ねぇ、告白は一体どっちからしたの?」

「えっと……娘さん…さ、紗弥さんから今日の放課後に……」

「あら、もしかしてあの子が強引に?」

「えっと……若干……」

「ごめんなさいね、悪い子では無いのよ、でも好きな事とかになると、多少強引というか、無理をする子で……」

 頭に手を当てながら、紗弥の母親はそんな話しをしてくる。
 高志は苦笑いをしながら、その話しを聞いていた。

「でも……きっと嬉しかったと思うわ…」

「え?」

「あの子、親の私から見ても普通に可愛い子だと思うの、でも昔から、好きな男の子が居るとか、そう言うの全くないし、気配もないしで心配だったのよね……でも、今日君を連れて来たあの子の顔を見てほっとしたわ」

「そうなんですか?」

「えぇ、あの子があんなに楽しそうに誰かを連れて来たのなんて初めてよ」

 それを聞くと、誠実は少し嬉しくなり顔が熱くなるのを感じた。
 そんな事を話していると、リビングのドアが開き、私服に着替えた紗弥がリビングに入ってきた。

「ママ、変な事とか聞いてない?」

「聞いてないわよ~、ママはお買い物に行って来るから、後は若い二人でごゆっくり~」

「え…マジで……」

 紗弥の母親はそう言うと、立ち上がりバックを持ってリビングを出て行ってしまった。

「何話してたの?」

「え、あぁいや、特にはなにも」

「ふーん……まぁいいや、私の部屋行こ」

「え! み、宮岡の部屋?!」

「何? 嫌?」

 高志は紗弥に連れて行かれるままに、紗弥の部屋に来てしまった。
 中は青を基調とした色合いの部屋になっており、ベッドの上にはぬいぐるみが置いて会ったり、本棚には写真が飾られていたりとしていた。

「あんまりジロジロ見られると、恥ずかしいんだけど」

「じゃあ、部屋につれて来なければ良いのでは?」

 紗弥はベッドの上に座り、隣をぽんぽんと叩き、高志に座るように指示する。
 高志は、言われるがまま、紗弥から少し感覚を開けて隣に座る。
 すると、紗弥は高志の方に体をぴったりくっつけ、腕を絡めてきた。

「あ、あのぉ……これは…」

「嫌?」

「嫌じゃ無いけど……」

「なら良いじゃん」

 何かにつけてくっついてくる紗弥に、高志は先ほどからドキドキしっぱなしだった。
 紗弥が一体何を考えているのか、高志は全くわからなかった。

「甘え上手な彼女」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • アホの子は俺だ!

    それな!

    0
  • ノベルバユーザー240181

    素晴らしい

    2
コメントを書く