99回告白したけどダメでした

Joker0808

142話

「はぁ……はぁ……やべーな、まずはシャワー浴びたい」

 汗でベトベトになってしまい、汗臭いまま恵理と会うのも失礼だと思い、誠実は取り合えずシャワーだけ浴びさせてもらおうと考えながら家のドアを開けた。

「ただいまー」

「お、やっと帰ってきたか~恵理ちゃん待ってたんだぞ~」

「なんすかその変なキャラ……」

 家のドアを開け玄関で誠実を待って居たのは、フリル袖の紺色のトップスに白いスカート姿の恵理だった。
 家の中は日差しが無い分、外よりも涼しかった。

「色々聞きたいところなんですが、とりあえずシャワー浴びて良いっすか?」

「うむ、許してしんぜよう」

「だからそのキャラなんなんすか……」

 恵理から許しが出たところで、誠実は着替えを準備し風呂場に向かう。
 自宅には両親は居なかったが、美奈穂が家に居た為、恵理の相手をしていたようだった。
 軽くシャワーを浴び、誠実は着替えを済ませ、エアコンのガンガンに効いたリビングに向かった。

「あぁ……生き返る…」

 思わずそんな言葉出てしまうほど、外との温度差は大きかった。

「馬鹿な事言ってないで、さっさとドア閉めてよ。冷気が逃げる」

「あ、美奈穂も居たのか……はいはい」

 誠実は言われるがまま、リビングのドアを閉める。
 リビングには、ダイニングテーブルに座って向かいあう恵理と美奈穂が居た。
 
「んで、今日は急にどうしたんですか? 俺を訪ねて来るなんて」

「いや~、実はお姉さん、今困っててさ~」

「何かあったんですか?」

 誠実がそう尋ねると、恵理は視線を下に落として話しを始めた。
 美奈穂も気になるらしく、黙って聞いていた。

「最近、同じ大学の先輩に告白されたんだけど……」

「あぁ、恵理さんモテそうですもんね」

「そりゃあ、男共が放っておかないわね」

 恵理が告白されたと言う話しを聞き、伊敷兄妹は疑う事もなく話しの続きを聞く。

「でも、正直タイプじゃないから断ったんだけど……」

「あ、もしかしてその後もしつこく告白してきたんですね、全くあきらめの悪い奴ですね~」

「おにぃ…それ自分で言ってて恥ずかしくない?」

 兄の言葉に、美奈穂は頭を押さえ呆れた様子で言う。

「まぁ、その後もしつこく迫ってきて……正直怖くて……それで本当は彼氏居るって言ったら……」

「あぁ、私なんかなんとなくわかった……」

「え? 諦めたんじゃ無いのか? そいつ?」

 不思議そうな顔をしながら、誠実は恵理に尋ねる。
 そんな誠実に、恵理は話しを続けた。

「うん、どんな彼氏か見たいって……それで……」

「この後連れて行く予定で、丁度いい人もいないから、咄嗟にうちのおにぃを頼って来たって訳ですね」

「美奈穂ちゃんってエスパー?」

 どうやら美奈穂の言うとおりらしく、恵理は驚いていた。
 誠実は話しを聞きながら、頭の中で話しを整理する。

「えっと……要するに……俺が彼氏役をやるって事ですか?」

「まぁ、そんな感じです……お願いします」

「う~ん……俺は良いけど…俺で良いのかな? 全然釣り合ってないと思うけど……」

 お願いされる誠実だったが、あまり乗り気では無かった。
 自分なんかでは、直ぐに偽の彼氏だとバレてしまうのではないかと心配だった。

「ま、案外適任かもよ? 相手はおにぃの同族みたいなもんだし」

「おい妹よ、それはどう言う意味だ?」

「同じストーカーって意味」

「一緒にするな! 俺は……否定できない……」

 確かに自分も綺凜に何度も告白したし、色々しつこくやってしまった事を考えると、すべて否定する事が出来ない事に気がついた誠実。

「大丈夫! 一緒に居てくれるだけで良いし! あとは私が上手くやるから!」

「まぁ……それで良いなら……海でもお世話になりましたし……」

「本当?! ありがとう! じゃあ、早速準備しようか!」

「え? 準備?」

「美奈穂ちゃんも手伝ってくれる?」

「いいですよ、いつもお世話になってますし」

 そこから、恵理に告白してきた男に対抗する為の作戦会議が始まった。
 まずは簡単に二人の馴れ初め話を作り、その後どのように交際してきたのかを話しあう。
 その後、誠実は服を着替え、髪をセットし、少しでも恵理に釣り合うように頑張った。
 そして、約束のショッピングモール内のカフェテリアに三人はやってきた。

「で、なんで美奈穂までついてきたんだ?」

「色々気になるし、その男の顔も見てみたいし」

「ただの興味本位かよ……」

「じゃあ、私はここで待ってるから、相手が来たら来てもらって良いかな?」

「わかりました、じゃあ俺と美奈穂はとりあえず隠れて様子をうかがってますんで」

 恵理はカフェテリアに入り、外からでも様子が覗える席に座る。
 誠実と美奈穂は向かいの大手ドーナツ店の店先の席で、ドーナツを食べながら様子を覗っていた。

「全く、しつこい男は嫌われることも知らないなんて、とんだお間抜け野郎だぜ」

「その言葉、おにぃに全部帰ってくるわよ」

 ドーナツを食べながら、誠実と美奈穂は相手の男が来るのを今か今かと待っていた。

「なんだか探偵になった気分だな」

「探偵はドーナツじゃなくて、あんぱんと牛乳じゃない?」

「それは刑事だろ?」

 などと話しをしていると、恵理の座る席に一人の男性が座った。

「来たみたいだな…普通にイケメンだ……死ねば良いのに」

「はいはい、嫉妬してないで行った行った」

「お、おう……」

 美奈穂に背中を押され、誠実は向かいのカフェテリアに向かう。
 中に入り、誠実は恵理の元に向かい、恵理の隣の席に座った。

「99回告白したけどダメでした」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く