紅茶と供に福音を

海野水雲

プロローグ

 黒い雲が空を埋め、雨の降る昼下がり。 少し湿気ている制服を整える。深く息を吐いて、大きな扉をノックした。「入ってもよろしいでしょうか?」「どうぞ」 扉をゆっくりと開き、部屋に足を踏み入れる。 薄暗い部屋で窓から外を眺めていたのは、まるでビスクドールのような少女だった。 ガラスのような碧眼、人間離れした真っ白な髪、そして白い肌。四肢は簡単に折れてしまいそうだ。 美しい少女の表現に良く使かわれる描写だが、目の前の少女の容姿はまさにそれだった。 若干違う部分があるとすれば、明らかな不機嫌オーラを漂わせている、と付け加えなければならない点だろう。 生唾を飲みこんだ。聞きしに勝るとはこういう事か。 世界に名をはせる大企業、九条グループの御令嬢、というのがこの少女の肩書きである。今日からは自分の主でもある事を付け加えなければならないのも、忘れてはならない。 本来正しい血筋の人が立つべきであろうこの場所に、専門教育もほとんど受けていない自分が立っている。 自分自身、こんな事になるなんて予想すらしていなかった。 だが、彼女の父親には大きな恩があった。頼まれたら断れない。それに、別に嫌々承諾したわけでもない。役に立てるのはむしろ嬉しい事だった。「いい天気ね。雨は好き?」「どちらかと言えば嫌いです」「そう」 少女はこちらへと歩み寄る。新人の使用人を、おそらく品定めをしているのだろう。頭から足の先まで一通り眺める。 拳一つ分ほどの空間を開けて、目が合った。 別に眼力が強いわけではないが、何かに威圧されて、自分よりも小さな少女に萎縮する。身長は平均よりも低く思えた。見た目は中学生ほどにも見えるが、実際は高校生のはずだ。 眺め終えると目を瞑って唸った。そして、一言。「まぁ、いいでしょう」 苦笑して答える事しかできなかったが、どうせ彼女はこちらの反応なんて気にしていないだろう。 案の定、何の反応もなく、彼女は続けた。「……貴方、私の言う事ならどこまで聞ける?」「どこまで、とは?」 少女は薄く笑って言った。「私が殺してと言ったら、殺してくれる?」

「紅茶と供に福音を」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く