ネカマな回復職の物語

春乃秋

2.邂逅



「スーリアちゃん今日も可愛いなー」

うるせぇなー、こっちはINした瞬間お前の顔見てげんなりしてるよ…。

「&@#☆♡¥$#&☆」


目の前では金髪の美形エルフで作られたキャラクターが何か話しているがシャットアウトだ。

「あ、ごめんなさいシャルロアさん、ちょっとマイルーム行ってきますね」
「あ、うんじゃあまた後でね!」

シャルロアはそういうと図書室へ向う扉へ向う。

「はぁ…。」

なんかINしただけなのにどっと疲れた…。
気を取り直してマイルーム行こう

マイルームにある鏡をのぞき込む。

「あー、やっぱ可愛いなー俺。」

鏡の中には人間種の女の子の顔
10人中8人は美人と答えるだろう少し色気のある顔がそこにある。
髪は銀色で腰まであり、出る所は出て引っ込んでる所は引っ込んでる理想的なスタイルだ。

「キャラメイク1ヶ月かけたもんなー」

そんな事を言いながらくるくると回る。
年齢は21の設定、身長は162cmと少し大きめだ。

「よし、狩場行くか。」

ストレージ内の装備やアイテムを確認し狩場へと向う。

「転移」

転移のスキルを使い狩場まで飛ぶと
中位モンスターに群がられている
白いワンピースを着た少女が突っ立っている。

「寝落ちかな?」

などと考えながら自分も狩りを始める
今回の目当てはエフェクトドロップ品だ
0.3%の確率しかないため大技を使う

「コーリングエンジェル!」

スキルを宣言すると俺のMPが3分の1程減ると共に天に大きな輪が浮かび12体の天使が降りてくる。
この天使のレベル自体は70程度だがスキル習熟度を10段階中のMAXまで振っている事もあり恩恵がレベル+10。
この辺りの中位のモンスター程度なら問題なく狩り尽くせる。

俺の10個ある内の奥義スキルの1つだ。
難点なのがターゲット宣言が出来ない為敵対モンスター全てに攻撃してしまい狩場泥棒になりかねない事と発動時間が3分なのに対してリキャストがゲーム時間で2日かかる事くらいか。

「これでドロップしてくれるといいけどなぁ…」

などと一応漏れたモンスターを警戒しつつ考えながら天使達を眺めて居ると天使の一体が少女へ向う。

「なんで!敵対行動されてないのに!」

そう言った瞬間少女が俺の視界から消え
そして、目の前に現れた。

「見つけた―私の―」


それが俺のゲーム内での最後の記憶だった。

「ネカマな回復職の物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く