きみのその手はやさしい手

芦屋めがね

第53話

「「──間に合ったようだな」」

 その時、空也の名を叫ぶ私の鼓膜を震わせたのは、そんな一言だった。

 一拍置いて、戦場を俯瞰する私の目に映ったのは、精緻な風景画を斜めに裂いたような錯覚。その正体は奇跡じみた技量で生み出された斬線──剣の軌道だ。

 時が凍り付くに似た静寂。溶け落ちるように再び刻まれた後には空也を射抜かんとしていた無数の鏃と体に纏わりついていた網が寒気のする断面を見せながら舗装されたコースのあちこちに散らばっていた。私が知る限り、こんな芸当ができるのは一人しかいない。

「──間に合ったようだな」

 自らを象徴する得物になぞらえて鋼鉄と称される男、時宮高校元序列三位、『剣聖』刀山剣太郎は、やけに年季の入った木刀を携え──相変わらず、どこから持ち出したのか知りようもないが──もう一度先ほどと同じ台詞を呟きながら戦場と化した山道に降り立った。


 『剣聖』──当真家の査定によって、最上級に格付けされた異能者に送られる二つ名。『序列持ち』になる以前から自称、他称問わず呼び謳われる事も多々あるが、二つ名は基本的に当真家が異能者管理の一環で割り振っている。

 管理する以上、混同を避ける為、なるべく憶えやすく、また、その人物を具体的に表すよう、それなりに苦心して名付けているそうだ。ただ、刀山剣太郎に関しては二つ名はともかく、能力そのものをどう言語化し、どう定義付けすればいいのか大いに悩まされたらしい。

 比較的年若い担当者が便宜上、命名したのは『剣術スキルの強化・補正』。なんともゲーム染みたセンスではあるものの、お試し感覚暫定的に名付けた割に関係者にはわかりやすいと概ね好評のようだ。

 しかし私としては、その注釈・説明が適切かどうかと問われたならば、否と返す。なぜなら、世代的にゲームを嗜んだ経験のある私の感覚で言えば、その説明はせいぜい、攻撃力や命中率を上げるといった効果しか思い浮かばない。そこへいくと、今、戦場に躍り出る剣太郎の剣はどうか。

 攻撃力や命中率とやらが上がれば、斬撃が伸びるだろうか? 曲がるというのか? 遠くを狙って飛ぶか? そんなわけがないだろう。

 だが、目の前の光景はそれらを余すところなく、誰がどう見ても疑いようもなく、繰り広げられている。

 『曲がる斬撃ソードウィップ』──全身を脱力させた立ち姿から腕だけを動かし、木刀を振るう。高校生が使うには不釣り合いな黒檀の刀身がしなりとは明らかに異なる角度で曲がり、錯覚では片づけられないほど剣身が伸びていく。

 その狙いは違わず、私を吹き飛ばしたロイヤルガードへと殺到する。キィ、と金属が歪む音を立てて構えた盾を切り裂き、なおも持ち主である少女に迫る。

 少女は咄嗟の判断から寸前で盾を手放し、空手からトンファーに持ち替えるも、新たな残骸を生み出すだけで、わずかに一秒か二秒、自らの胸元に届くのを遅らせたに過ぎない。結局、彼女の体は私の時とは比べ物にならないほど遠くへ弾き飛ばされてしまう。

 剣太郎からすれば、殺気の伴わない無造作な手つき──攻撃というより羽虫を追い払った感覚に近い──だが、追い立てられた側のロイヤルガードからすれば、生と死は紙一重だっただろう。

 弾き飛ばされた際に命中した部分を見るに切断された様子はない──剣太郎なりの"みねうち"といった所か。まぁ、木刀なのだから、当たり前と言えば当たり前だが、事、剣太郎に関していえば、からでも斬ってしまうので、油断はできない。

 とはいえ、斬られていなくても戦闘不能には変わりなく、立ち上がれない少女をサイを持った方相方が回収し、『皇帝』の元へと下がる。

「──ありがとね、剣太郎」

 それに入れ替わって、空也が私達の元へと歩み戻る。今だに貼り付いている網の切れ端を振り切りながら剣太郎援軍に対する礼を告げる。

「やけに早いわね。持ち場はどうしたのよ」

瞳子お前と優之助の通話で敵が侵入したのを知った。その時点で持ち場を守る意味がないと合流しようとした──何か問題が?」

「──ないわよ」

「ダメだよ、剣太郎。瞳子ちゃんはね、自分が僕のピンチに思わず取り乱しちゃったのに、それを剣太郎があっさりと助けたもんだから、バツが悪いんだよ」

「──あぁ、なるほど」

「何が、なるほど、なのかしら?」

 訳知り顔で耳打ちする空也と、それに対して感心と納得を示す剣太郎を睨みつける。戦場の只中で流れる呑気な遣り取りと空気。敵がいる前でするにはもっとも愚かな行為だろう。しかし、向こうも似たようなもので──

「──やけに遅かったな。戦闘終了まで間に合わないと思ったぞ」

「しょうがねぇだろ。舗装されていない所を通ったんだからよ。つーか、俺がいなきゃあ、負けてたぜ、『皇帝お前』」

 空也が無数の矢に襲われた瞬間、私の耳を突いたのは二種類の声。山頂の持ち場から降りてきた剣太郎とは別方角からの声は、咎める『皇帝』を前に悪びれもせず、変わらず傲岸不遜を貫き通す。それは、組織の長としての矜持と野心、そして何より、あらゆる異能と正面から立ち向かえる強靭な肉体あればこその自信の表れ。

 その持ち主である時宮高校元序列五位、『王国』王崎国彦は不敵な笑みを浮かべ、再び私達の前に立ちはだかった。


「──何を恩着せがましい。その舗装された道を登るのが面倒だと不満を垂れた上、近道と称して雇い主を置き去りに、獣道を突っ切っていったのを忘れたのか? しかも、近道とやらが山を横に移動する事だったとはな」

 『皇帝』の眉間に深い影ができる。日原山のルートは大きく分けて二つ、学園側と裏のキャンプ場側だ。それらはいくつかの分岐があるものの、山頂しか双方の道を行き来できない。横に一周しようとするなら大半が獣道になるだろう。

 そもそも、こう配を上り下りするのとは違い、進んでいる方向を見失いやすい為、山を横に回るのはあまり得策ではない。先行しておいて遅れたという事は確実に一度や二度道に迷っているはず。『皇帝』の怒りも、間に合わないという算段も、もっともな話だ。

「まったく、愚かしい事、この上なしだな『王国』。も、あくまで自業自得の内なのを肝に銘じておくといい」

 『皇帝』の射抜くような視線が『王国』の肩口から脇腹にかけて走る。『王国』がその身に纏うのは、2mを超える巨体に合わせた特注サイズの天乃原学園の制服──その制服が『皇帝』の目の動きに沿って切れ目が出来ている。もちろん、その部分も特注だったわけではなく、剣太郎の剣で斬られた跡だ。

 『皇帝』と私達との距離は優に50mは離れている。直接戦闘を得手としない事を踏まえると、それですら近いと言わざるを得ない彼我の位置は、それでも空也が囚われていた瞬間に限り、安全圏だといえた──剣太郎がいなければ。

 離れた相手を斬り伏せる剣太郎の超絶技巧は、あの時、空也を脱出させるのみならず、同時に『皇帝』の撃破を狙っていた。『皇帝』の戦法を盤上に見立てたように、群れの要である『皇帝』が討たれるという事は文字通り王手になる。その身を守らせていたサイとトンファー二人組は私への足止めに使い、守る者がいない中、剣太郎の剣は『皇帝』に届こうとしていた。いみじくも、本人の台詞や先の言に倣うなら──『王国』がいなければ"負けてた"。

「見たところ、皮一枚か。『剣聖』の攻撃を受けてその程度で済むとは、相変わらず非常識な肉体だな」

「空也の野郎を助けるついでに振った手抜きの剣で俺がどうこうなるかよ──おい剣太郎、やるなら空也を見捨てるくらいの覚悟で狙えよ!」

「無用の心配だ。今日の得物は"丸み"がない」

 『王国』の煽りに対して、淡々と返す剣太郎。むしろ先ほどの失態をネタにされた空也が隣で不満気に、次はないよ、とこぼす。

「それはそうと剣太郎。いったい、どこから拝借してきたのよ、それ」

 目線を剣太郎が持つ木刀へと移す。木刀とは言え、一目見ればわかるほどの高級品。今までの得物とは違い、そこらで簡単に持ち出せる品物ではない。そうなると、どこで入手したのか。それが少し気になる。

「昨日の晩の内に学園の道場から少し──な」

「少し──な。じゃないわよ。なに、さらっと盗難を自白してるのよ!」

「拝借しただけだ。一応、関係者には伝わるようにしてある」

「事後報告じゃない! どうやって関係者の伝えたの。──ん? 伝わるってどういう事? 伝えたじゃなくて? もしかして、伝わったかどうか確認してないの?」

 似たようなものだ、とブレない態度の剣太郎。手際に問題しかない気がするが、一応むやみやたらと騒がれにくいように配慮しているようだ。いざ通報されそうになったら天之宮姫子生徒会長がどうにか止めるだろう──そう思う事にした私を剣太郎はぬけぬけとトドメを刺す。

「緑川を置いてきた」

「授業はどうするのよ! 馬鹿じゃないの!」

「俺達に単位は必要ないだろう?」

「たしかにその通りだけど、その言い訳、今思いついたでしょ」

「そう責めるな。言ったみた後で、別の手段を用意しようとしたが緑川が"それがいい"と了承したんだ。むしろ、是非にと言われて最終的に許可した」

「瞳子ちゃん、瞳子ちゃん、あれだよ、あれ、放置プ──」

「いいからあなたはさっさと狙撃手を黙らせてきなさい!」

 は~い、と緊張感のない相槌を残し、空也が飛ぶ。まったく、どうしてくれたものか、ある意味序列持ち私達以上に濃い元後輩──それもろくでもない事情が生み出した満面の笑み──を思い浮かべ、ややげんなりする。それは命のやり取りができるまでに近づいた『王国』も同様らしい。こころなしか普段から厳めしい表情をさらに苦み走らせ、思い直すように軽くため息を吐く。

「ま、なんであれ、今度はまともな得物のようで何よりだ。木刀とはいえ、刀の形してりゃ、お前の本領は発揮できるんだろ? 剣については素人だが、手前ぇの剣と言わず、全身から揺蕩って見えるぜ──剣気ってやつがな」

「揺蕩う、とはまた随分と難しい表現を知っているな『王国』」

「は、これでも国語は得意な方でな。自慢じゃねぇが、他の教科で赤点アカを喰らっても国語だけはねぇんだよ」

「それ、本当に自慢じゃないわよ。もう少しまともなハードルになってから自慢しなさい──な!」

 ──あと、不用意に近づきすぎ。とは口に出さず、私の愛刀を持って対峙する巨体へと技を叩き込む。その名は当真流剣術、『炎竜』。一本指歩法によるバネを利用し、その力を突きに変換する速度と威力に長けた技は『王国』に回避も防御も許さず刀身を吸い込ませていく。

「──なに、この生まれついて頑丈さが一番の取柄でな。他は愛嬌程度だ──現に、お前の剣術自慢でも傷つけられねぇだろ?」

 私の『炎竜突き』を棒立ちで受けたまま、犬歯を覗かせる『王国』。愛刀を通じて伝わる感触からして、生身のそれとは明らかに異なる硬度。おそらく刃先すら通っていない。

「(本当にいったい何で出来ているのよ、この体!)」

 刃が骨にぶつかった時ですら、ここまでの手ごたえにはならないだろう。悔しい事に『王国』の金城鉄壁は私の『紅化粧愛刀』を絡めとっていて拮抗状態に持ち込まされている。

「(下手に切り替えせば、体を崩してしまう)」

 要は鍔迫り合いに近い膠着状態だが、本来の武器対武器ではなく、武器対肉体という勝手が違いから、うまく立ち回れない。しかも──

「そして実のところ、不用意に近づいちまったのは瞳子お前の方だったわけだが──仮にも女だ、多少は手加減してやるよ」

 ──しかも、武器はおろか、両手の塞がっているこちらに対し、『王国』の両手は完全にだ。巨体に比例して長い腕は、今、この瞬間、私を狙って、大きく振りかぶっている。あれを落とすのと、私が体勢を立て直すのと、どちらが速いのか?

「あら、それはどうもありがとう。お礼にこれ以上ない敗北を味わせてあげる」

「それだけ、減らず口がいえりゃあ、上出来だな──とりあえず、寝てろ」

 むしろ穏やかといえる口調とは裏腹に私へと迫る拳は唸りを上げる。──それのどこに手加減の要素があるのだろうか? 呑気な感想を浮かべながら私の瞳は『王国』の動きを他人事のようにただ眺めていた──わけではない。

「──"古流"は古ければ古いほど──」

 ──武芸百般に近くなる。呟きは『王国』に怪訝な顔をさせるだけで、もはや凶器そのものといえる拳を止めるには至らない。私は近づく拳を体捌きフェイントで誘導し、それによって深入りした『王国』の袖口を掴む。

 例年にない暑さで早まった夏服の薄い袖口は、それでも問題なく。後は掴んだ肩口を支点に一本指歩法を小出しに使い、体ごと入れ替える──当真流組内式くみうちしき、『ころばし』。

「(──さすがね)」

 本来なら、不用意に先走った上半身から縦に引き倒されるところ。それを覆したのは『王国』の獣じみた運動能力と反射神経だった。例え、私が十全のタイミングと技のキレを発揮しても、その巨体は不恰好に転ぶ事を許さない──

 しかし、比較的平地に近いとはいえ、山道は緩やかな坂。その僅かばかりの傾斜がつま先を必要以上に踏みしめさせる。地面はいくら舗装されたといえども、その圧力に耐え切れず陥没し、必然、『王国』の動きが止まる。

「──私、素手が苦手なんて、一言も言ってないけど?」

 拳を中途半端に出したまま、私に無防備な背を見せる『王国』。それはほんの数瞬前に私が味わった感覚。迫る『王国』の拳を研ぎ澄まされた集中力によって時が緩やかに見えたように、秒刻みで引き伸ばされた時間感覚は、私の挑発をただ受けるのみ。同時に比例して『王国』の屈辱を煽る。

「っ! てめぇ──」

「俺を忘れてないか? 『王国』」

 激高する『王国』に向けて無感動な声色で告げる剣太郎。動けない『王国てき』の前へと相対し、完全な一刀を打ち放たんと切っ先が揺らめく。

「──舐めんな!」

 止まれば死、下がっても死の中で活を求める──常人なら、ただ棒立ちで終わる場面、しかし、『王国』は迷わずに"それ"を選択する。

「おらっ!」

 振り下ろした拳を勢いそのままに、狙いを私から剣太郎、ではなく、足元の地面に変える。挟まった足を引き上げる為か? ──いいや、違う。

 大きな音を残し地面を抉る──剣太郎の足元も巻き込んで。鳴動する道路に合わせて黒檀の木刀が持ち主の意志に反して乱れ、斬り込めたはずの間を逃す。いかな『剣聖剣太郎』とはいえ、不意に足元を揺らされては本来の斬れ味を発揮するのは難しいという事だろう。あの一瞬のうちに、そこまで考えついた『王国』の判断は結果、正しかった。しかし、『王国』は一つ忘れている。そんな状況下でも苦にせず動ける存在がいる事を。

「──僕も忘れないでね」

 修繕にいったいいくら要り様になるだろうか。私や剣太郎が容易に近づけないほど陥没させた地面を越えて『空駆ける足』篠崎空也が走る。ロイヤルガードの攪乱に向かったはずのしなやかな足は担当分を置き去りに、一目散に『王国』の元へ走る。

 それを妨害せんとするのは、本来の割り当て相手である『皇帝』のロイヤルガード。その彼女達が空也に向けて再び網を飛ばす。剣太郎剣聖がいようと関係ない、『王国』が持ち直すまでの時間を稼げればいい。そんな判断といったところか。

 それなら矢を射かけるより、よほど援護になるのは確かだろう。ただ回避し続けていた先ほどとは違い、『王国』へ向かっていく空也の行動を読み切ったのか、狙いは正確に対象を捉えている。不意打ちでなくとも、逃げきれない。

「"それしかないとは言え、芸がないのは否めない"──だっけ?」

 アルトボイスが不敵に響く。次の瞬間、覆いかぶさるように広がる網が真っ二つになって空也を通り過ぎていく。

「──その言葉そっくりそのまま返すよ、『皇帝』」

 私が見たのは、体を包みかける網へ向けて蹴りを振り抜く空也の姿。一つ妙なのは網が空也の足に届く前に二つに裂かれたという事。いくら空也の蹴りが鋭いといっても、触れずに斬るなどという剣太郎じみた真似はできない──異能を使わなければ。しかし空也の異能は“力場干渉による障壁を作り出す事”だ。

「(──まさか)」

 不可視の障壁は、一瞬しか展開できない分、頑強にできている。仮に力場を薄く鋭く尖らせ、に展開したとしたら? それを足に装着し、そのまま蹴り抜いたとしたら? もしかすると、斬れ味を帯びた蹴りになるのではないか?

 果たして、その推察は正しかったのか、こちらを一瞥した空也が笑みを浮かべる──心なしか、意地悪く。

「──『切り裂く足スライサー』」

 私の知らない新たな力を一閃、二閃すると空也は高く高く上昇する。切り裂いた網の切れ端がまるで羽根のように舞い、飛び去っていく鳥の“それ”をいやがおうにも連想させる。あれは──

「──剣太郎!」

「あぁ、ここでは巻き添えを食らうな」

 同じく気づいた剣太郎が首肯する。『神算』で一足早く読んだのか、『皇帝』はすでに待避している。

「(っ、逃げ足の速い)」

 舌打ちしつつも、“ターゲット”から少しでも遠くへ離れようと、足を急かす。その一方、“ターゲット”である『』は──
「ふん、いいぜ。──来な、空也」

 およそ目視では確認できないほど空へ上がった空也に睨みを入れ、その両足を踏みしめる。迎え撃つ気か? いくら『王国』でもを食らって無傷で済むとは──

「──もしかして、動けない?」

 よく見ると、踏みしめ、一回り肥大化した下半身の大元である足首から先が埋まっている。抉り出した地面が『王国』の体重に負けて崩れてしまっているのだ。

 もはや、緩やかな斜面など跡形もなくなった道路は私や剣太郎を遠ざけたものの、同時に自分自身の身動きをさらに取れなくなってしまっている。剣太郎の攻撃を潰す為の判断がここへきて、文字通り足を引っ張ってしまっていた。

 それでも、『王国』の目に影はない。強がりの一片すらなく、ただ獰猛さをその強面に刻む。

 遠くの空が鳴いている。飛行機が音の波をかき分けているのに似たそれは、空也の仕業。序列持ちでも比類なき頑丈さを誇る『王国』に対して、大げさなほどをつけた為に掛かった準備時間だったが、"その瞬間"がくるのは本当に瞬きの間だった。元序列七位『空駆ける足』の必殺技フェーバリット、『コメットストライク』。

「──つっ!」

 着弾と同時に発生した衝撃波と巻き上がる土煙で、二人がどうなったかわからない。息を吸うにも困難な状況で辛うじてわかるのは、近くにいる剣太郎の気配。視界すらまともに確保できないのにその気配がわかったのかというと──

「瞳子、そのまま動くな」

 剣太郎の気配が──というより、剣気が──爆発的に密度を増して溢れんばかりに膨れ上がる。見えないからこそ、剣太郎のやろうとしている事がわかり、言われるまでもなく(有無を言う暇もない、というのもあるが)、身を固くする。

「──ふっ!」

 大気が再度、震える。頬をなでるひりつくような太刀風が土煙を切り裂き、跡形もなく吹き飛ばす。改めて、剣太郎の剣の非常識さに驚きを通り越して呆れ果てていると、開けた視界に『コメットストライク大技』の爆心地でしゃがみ込む人影。一目見て、誰だか判別できる丸みを帯びた華奢な肢体──空也だ。

「空也!」

「や、瞳子ちゃん」

 地形を変えるほどの事をやらかしておいて、どこまでも軽い張本人に剣太郎に向けた同種の"呆れ"が頭をもたげる。

「──それで、『王国』は?」

「吹っ飛んじゃった」

 ある方角を指差しながら、あっけらかんと言い放つ。

「いや、あなた、吹っ飛んじゃったって──」

「いや、ね。足場がこんな感じじゃない? 踏ん張りが利かなかったようでさ──ついでに僕の蹴りで脆くなった地面がさらに削れちゃったもんだから、押し出す形になったんだよ」

?」

 この先に、とおうむ返しの空也から、『王国』が"落ちて"いった先を見る。

 戦場となった道路は山を切り開いた時の名残で大型の車両は建機が余裕で通れるほどの広さがあったのだが、それが今や、『王国』と空也の攻撃で半ば以上穿たれ、大穴を晒している。都市部と学園を繋ぐ道と同じく、木々の合間から見える一面の景色と、少し道から外れるだけで急激な斜度の坂が山頂へと続いている。常人が落ちれば、まず無事では済まないだろう。

 幸も不幸も同じ要因とは皮肉な話だ。自ら掘った墓穴に足を取られて追いつめられておきながら、結果そのおかげで空也の『コメットストライク大技』から致命的なダメージを逃れられた。踏ん張りが利かなかったからこそ、被害は少なく済んだのだ。そもそも、あの瞬間の判断がなければ、剣太郎の剣で終わっていた。悪運にもほどがある。

「──まぁ、『王国あの男』なら、死にはしないでしょう」

「落とした僕がいうのもなんだけど、無茶苦茶言うね」

「それより瞳子、気づいているか?」

「えぇ、『皇帝』の姿が見えない」

 剣太郎の指摘に首肯する。『コメットストライク』の巻き添えから逃れる時までは、その姿を確認していた『皇帝』がロイヤルガード共々消えている。

「通しちゃったかな?」

「どうだろうな」

「あのね、瞳子ちゃん、剣太郎。『王国』の事なんだけど──」

「『王国』の事はひとまず置いておけ。瞳子の言う通り、坂道から転げ落ちた程度では死ぬどころか自己再生で無傷で戻ってくる。だが、戻るには時間がかかるだろう。後回しだ」

「や、そうだけどね。そうじゃなくて、あの先って──」

「『皇帝』を追うわよ。剣太郎、空也」

「あぁ」

「あぁ、もう──」

 ──落ちた方角って、優之助がいるんじゃなかったっけ? かろうじて聞き取った空也の呟きを私は華麗にスルーしてみせる。あっちは優之助に任せておけばいいのだから。

「きみのその手はやさしい手」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く