余命宣告された俺は、召喚された異世界で美少女達と共に世界を救います

あまたつ

第1話 理解不能

「…………は?」
 拍子抜けの声が出た。
 なぜかって?そんなん決まってんだろ。
「なんで………死んでないんだ……?」
 俺の名前は寺尾翔太てらおしょうた、高校二年生だ。特に優れたものはない。ちょっと筋肉があるくらいかな?
 まあ、それは置いといて。
 俺は今、小さな個室であぐらをかいている。床も壁も天井も白、白、白。
 この真っ白な個室で、俺一人、あぐらなのである。
 とりあえず、話をまとめるか。
 駅にて、線路の上で倒れていた女性を助ける→電車が迫っていることに気づかなかった俺、ひかれる→白い光に包まれる→気がつくとこの真っ白な部屋にいた。
 いや待てや。ちょっと待てや。
 いや俺ひかれたよね?死んだよね?白い光に包まれたって何?つーかここどこ?
 溢れてやまない疑問の数々。頭が完全に混乱状態だ。
 俺は頭をかきむしった。そして、苛立ちが募った俺は、大声で叫んだ。
「あああああ!!くそ!もう訳がわからん!!」
「でしょうね」
「ぴゃあっ!?」
 ななななな何!?驚きすぎて変な声出ちゃったよ!
 突如、背後から聞こえた声に、俺は驚愕の表情で振り向いた。
 そこにいたのは………。
「だ、だだ、誰だお前!?」
 ひとりの女の子がそこにいた。
 高校一年生くらいの背に、ピンク色の髪を腰まで伸ばしていて、顔が綺麗に整っている、いわゆる美少女が、そこにいた。
 その美少女は、腰に手を置いてエヘンと胸を張った。
「私の名前はココア!翔太をここに連れてきたのは私っ!」
「……………?」
 ポカーンと口を開ける俺。まあ、これが普通の反応なんじゃないかな?
「どうしたんですか?そんな顔して。変な人ですね」
 どうやら普通じゃなかったらしい。
「い、いやいや。だいたいお前、俺は死んだはずじゃ……」
「生きてるじゃないですか」
 …………。
 ま、まあ、確かに。
 俺は情報が頭の中でごちゃごちゃになり、なかなか整理がつかない状況だ。
 とりあえず、分からないことは質問するっきゃないかなぁ。
「え〜と、まず、君は何者なの?」
「魔法使いです!」
 おっと質問の順番を間違えたようだ。
 もっとごちゃごちゃになったぞ。
 ココアはエッヘンといった様子で胸をはっている。
 ………思ったんだが、こいつ、結構胸あんな。どうしよう、急に恥ずかしくなってココアを直視できなくなった。
 くっ……!邪念を消せ俺!とにかく質問だ!
「え〜と、俺、何で生きてるの?」
「私が翔太を召喚したから」
 あ、ダメだ。理解に2日はかかる。
 ま、まあいいさ、もっと質問してけば、何かしら分かるだろ。
「え〜と、これから俺、どうなっちゃうの?」
「異世界に行きます」
 何か分かるどころか疑問が増えましたーー!(泣)
「ああー!もう良い!!訳が分からない!!何で俺を召喚したんだよお前は!!」
 俺がヤケクソで怒鳴りつけると、急にココアがもじもじし始めた。
「何でって………。それは………そのぉ………」
 何だってんだ一体。
 いまだもじもじし続けるココア。
 そして、俯きながら顔を赤く染めて口を開いた。
「し、翔太が……私のストライクゾーンど真ん中だったから………」
「…………はぃ?」

「余命宣告された俺は、召喚された異世界で美少女達と共に世界を救います」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

  • かオース⤴︎

    更新頑張れ〜
    ファイトー!ヾ(  ̄0)乂(0 ̄ )

    2
コメントを書く