余命宣告された俺は、召喚された異世界で美少女達と共に世界を救います

あまたつ

プロローグ 異世界に来たわけ

 不幸だ……。
 俺、寺尾翔太てらおしょうた、高校二年生は、今日、とてつもなく不幸なのだ。
 学校へ向かうため通学路を歩けば、犬のフンを踏みつける。好きな子に告白すれば、「あなた……誰?」と言われる。さらに、人生初の補修をくらった。
 そんな不幸な日なのだ、今日は。
「はぁ〜………」
 生気が抜けていくような重いため息をつく。
 少しでも気を晴らすため、俺はスマホでゲームを始めた。
 俺は今、補修が終わり、自宅へ帰宅中だ。いつも通り、駅で電車を待っている。
 ホームの柱に寄りかかり、俺は電車が来るのを待った。
 ふと、周りを見る。
 たくさんの人々が、友人と話しながら、または、俺と同じようにスマホに視線を落としながら、電車を待っている。
「………さっさと帰りてえなぁ」
 そう呟き、俺はまたスマホに視線を落とす。
 ………と、そのときだった。
「きゃあああ!!」
「!?」
 女の人の叫び声に、俺は驚き、視線を声のした方へ向けた。
「な………!?」
 視線の先には、線路の上で泣き叫んでいる女性がいた。足を痛めているのか、歩けない様子だ。
「がやがやがや」
 ホームが一際ひときわうるさくなった。
 って!まずいぞこれは!
『ガタンゴトン、ガタンゴトン』
 電車はすぐ近くまで来ている。
 ………ちっ!くっそ!
 ばっ!
 俺は急いでホームから降り、線路の上にいる女性の元へ向かった。
「つかまってください!」
「………!」
 そう言うと、女性は俺の腕につかまった。
「無駄に鍛えた俺の筋力、なめんなよーーー!!」
 ぐおっ!
 思い切り力を込め、女性を上へやった。
「あ、ありがとうございます!!」
 女性が泣きながら言ってくる。
「ははは、どういたしまし…………」
 ん?みんなの視線が俺に集まって………。
『ガタンゴトン!!ガタンゴトン!!』
「!?」
 俺は気づかなかった。電車が、近づいて来ていることに。
 電車のスピードは落ちることを知らない。接触までの時間はあとほんのわずか。
 おそらくもう、逃げても遅いだろう。
 死を覚悟したその瞬間、時が止まったように思えた。
 何もかもが、止まって見えた。
 ………ハハ。今日の俺は、本当についてない。
 俺は大きく息を吸った。
 ………本当に、本当に………。
「不幸すぎるだろーーーーーー!!!!」
 ピカッ!
「!?」
 突如、目の前が真っ白に染まった。
 ………まるで、光に包まれているかの様に。

「余命宣告された俺は、召喚された異世界で美少女達と共に世界を救います」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

  • あまたつ

    レッディーさん
    ありがとうございます!
    楽しんでいただけたのでしたら、とても嬉しいです!

    3
  • レッディー

    主人公が最後に
    ツッコミを入れるところが
    おもしろかったです

    3
  • あまたつ

    ありがとうございます!
    頑張ります!!

    1
  • かオース⤴︎

    頑張って下さい。

    2
コメントを書く