話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

大統領フルスイングで殴ったら異世界に転生した件。

慈桜

23



『各馬一斉にスタートしました、土のフリーズ競馬場。長い長い12000mレース、ステイヤーズスレイブラッドが始まりました。やはりスローな展開、予想通りと言った所でしょうか・・・前から3番ファイヤボール、1番ロクアイコン、6番チャンスが一団となって後続・・・おっと、順位が入れ替わりました、先頭7番二トロ、大きい馬体の馬です鞍上はシャイン厩舎のシューマ、老馬シューネホップリのイメージが強い騎手です。』

そうだ、二トロ。自由に走れ。今は全力を出すところじゃない、今のスローペースのうちに逃げれるだけ逃げるんだ。
「おい、シューマ!随分でかい馬のようだが、そのペースで最後まで持つのか?」
3番ファイヤボール鞍上、ジャルジか・・・・。こいつは生まれの厩舎に恵まれて、いい馬を回してもらってるボンボンだ。レース中に金や権力で交渉をして勝ちを譲って貰おうとする馬乗りの風上にも置けないやつだ。ここは少し追って距離を取った方が良さそうだ。
「おい!聞こえてんだろ、無視すんな!!!」
「よぉし二トロ、少しだけスピードをあげよう、強さがばれないようにゆっくりゆっくりだ」「ブヒヒヒン!(行かせろ!絶対に負けん!なぜ歩かねばならない!!!)「落ち着け、最高の勝たせ方をしてやる。二トロが出した事の無い本気を出させてやるから今は体を暖めるんだ。」「ブヒヒヒ!!!!(今から本気を出しても勝てるだろうが!!あんなに遅いんだぞ!!)」「違う!!!あいつらは最後に本気を出す為に力を温存してるんだ。4周目ラスト3000メートルで全馬が本気を出す。お前と同等の脚を使える馬が本気を出すんだ。」「ブルルルプヒ(それでも俺は勝てる、引っ張るな!行かせろ!!)」「(くっ、指がちぎれそうだ・・・。)違う、聞け二トロ。あいつらはラスト3000メートルを30秒台で走る。お前と変わらない強い馬なんだ。生まれ持って走る事を生き甲斐とするスレイブラッドなんだ。そんな名馬を最高の形で降す方法を僕は知っている!!だから言う事を聞いてくれ!!!」「ブヒップルルルル(くそ、しゃあなしだぞ。)」「もし負けたらお前は馬肉だってコナンさんが言ってたぞ!!!」「プウルルルル(それはイヤー!!!!)」
『かかり気味でいってしまっていた二トロが持ち直したようです、最後尾からはおよそ40馬身程の開きがあるでしょうか、持たせたい鞍上シューマ、2周目に差しかかろうかと言った所・・・最後方から1番人気5番アテネの鞍上、ノーザン厩舎エネルの手が動いた。どういったレース展開になるのか、怪物二トロがレースを乱した。』
「よし、もう少しだけペースを上げよう。二トロ、お前の敵は5番のアテネだけだ、アテネだけ置き去りに出来ればお前の勝利は意のままだ」
二トロは確かに見た事の無いぐらいの名馬だ。もし、この先レースで使っていけばタイトル総なめも容易いだろう。だが相手は歴史に名を刻むとまで言われた4歳6冠牝馬アテネ、幸いにしてGⅠ出走の為に一発叩いとく流れで来ているだけに本調子では無いはず。だが、それでも白々しく80馬身、最低でもその差は必要だ。鞍上エネル氏も騎手会長を勤める程のベテラン、会話は出来ずともアテネと人馬一体のレースをする事で有名だ。うまく80馬身離せれば勝てる・・・・。いけるか・・・・?
だが、甘くない事は知っている。僕は以前、負ける事を極端に嫌うアテネと一度話した事がある。
『私に競馬で勝てる馬は存在しないのよ。そんな馬を連れて来る事ができるなら私の背中を預けてもいいわ』
あの自信は競馬を知り尽くしたからこそ、開催場がどこだろうと圧巻の勝利をおさめてきたからこそのモノ。そして彼女はデビューと同時に最後方から20馬身離した圧巻の追い込みを見せたレースの直後にこう言った。
『レースのグレードは関係ないわ、レースは勝つからこそ素晴らしいの』
フリーズ史上最高の牝馬の勝利を嗅ぎ分ける嗅覚が、この危機に気付かないわけがない。
『依然先頭は二トロのまま、その差は最後尾アテネから80馬身に差しかかろうかというところ、おっと鞍上エネル、我慢の限界か2周目半ばと言った所でアテネをおいだした!!!』
来たか!!!!
「行くぞ二トロ!!<獣走ビーストラン>これよりお前の走る道は一条の光とならん!!!」「ブヒヒヒヒンブヒ(待ってましたぁぁぁぁ!!いだっ!!!)
『ここに来て先頭をひた走る二トロ、鞍上シューマがスキル発動と共に鞭を入れた!!!この判断はどうなのだろうか?早すぎる判断か?しかしここで最後尾アテネの鞭も入る!この位置から脚を使う、もう逃がさないと光の濁流のように馬群をすり抜けて行く!!』
すごい脚だ二トロ。空気がバターみたいにドロドロだ。
「ぐっ・・・。」
まずい、気を抜いたら吹き飛ばされそうだ・・・・。目前には周回遅れで馬群が見える。いける。耐え抜けば勝てる。
アテネにでも勝てる名馬。
「二トロ、お前は最強だ」
『5番アテネが一気にまくるぅ!!!!完全に先頭独走二トロを捕らえた!!!その差およそ20馬身、簡単には逃がさない!!絶対的女王はいかなる時でも勝利を渇望する貪欲なる女王!!!二トロ必死で逃げる!しかしゆっくりとゆっくりと距離が詰まる、このままゴールまで走りきってしまうのか?この2頭は文字通り次元の違う戦いをしてるのか!』
「お前の全力を見せろ!二トロ!!」「グルッグル!!!!!!(こなくそぉぉおお!!!!!!!!!!)」
やはり強い、このままだとアテネに差される。80馬身キッチリ離れてからのよーいどんなら確実に逃げれたはずだが・・・。しかしこの距離を剃刀のような脚で上がるアテネもアテネだけど鞍上のエネルさんもおかしい。どんな体してるんだ。僕でも今バラバラに砕けてしまいそうなのに・・・。
『ラスト1000、完全に後続をモノともせずよーいどんの体勢のこの2頭。だれがこの結果を想像したでしょうか?長い距離を追い上げ、未だに失速しない女王アテネが勝つのか、剛脚で逃げ続けた新星二トロなのか?両者一歩も譲らずハナを並べたぁ!おぉっと?互いに限界を迎えたか?失速し始めた、空腹か?めまぐるしい速度から緩やかだが力強い均衡、均衡している!!!』
だめだ、手に力が入らない。二トロの息も限界だ。あと少し、僕は負けられない。
「ふん、とんでもない馬だなシューマ。お前もいい顔じゃ!」「ええ、最高の馬ですエネルさん。僕が勝ちますよ」「はん!ほざけ!!アテネはここからじゃ!」
二トロもアテネも限界だ、だが、二トロには最後の力があるはず。



「行け!二トロ!!コナンさんの笑顔はお前の足にかかってる!!」「ブロロロロロ!!!」



『完全に失速した所で二トロの馬体がグンと沈んだ!!!ここから加速する!!しかしアテネも勝負根性で食い下がる!!!両馬同時にゴールイン、結果は判定となりました!!!!』




-----------------------------------------------------------
「ふぅぅ、いいレースだったな、じゃあ5億4千万分の仕事期待してますよ。」
「ちょっとまちなさいよ、判定じゃないさ!!」
「見なくてもわかる。」
「おっと、コナン坊!!待ってくれよぉぉ!!」



「大統領フルスイングで殴ったら異世界に転生した件。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く