話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

大統領フルスイングで殴ったら異世界に転生した件。

慈桜

 田中一太たなかいった、26歳

 俺には大きな夢がある。

 26になるまで何の変哲の無い人生。

 普通に3流大学卒業して就職活動に嫌悪感を感じて、アルバイトしてた焼き鳥屋でそのまま就職。

 周りには将来自分の店が持ちたいです!みたいな事言いながら、心の中では笑い飛ばしていた。
 何故なら俺には常人では考えつかない大きすぎる夢があるからだ。

 その夢を叶える為に英会話も覚えたし、トレーニングもした。
 賄いも捨てる売れ残りのササミを選んだ。

 全ては大きな夢の為に……。

 渾身の一発を打ち込む。

 その一心で拳を最速で最短で打ち抜く修練を重ねた。

 高校の恩師は言っていた。

 どうせなら歴史に名を残す生き方をしろと。
 先生の生き様は素晴らしかった。
 音楽の先生を口説いては振られ、八つ当たりに舎弟みたいな先生を傘で殴って……。

 決まって言うセリフは俺みたいになるなよ!だった。

 そんな素晴らしい先生が俺は大好きだった。

 だから歴史に名を残せるように頑張りたい。

 先生の言葉を大切にしたい。

 俺の壮大な夢が叶えば俺は歴史に名を残す事が出来る。

 俺は夢を叶えるべく仕事を退職して飛行機に乗っている。計画は着実に進んでる。

 俺の偉大なる夢。 

 10年間抱き続けたこの想い。

 俺は歴史に名を残す為、星条旗を掲げる大国へ行く。

 俺の夢は——

 大統領を殴りたい。

 ——ただそれだけだ。

「大統領フルスイングで殴ったら異世界に転生した件。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く