話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

第2の人生ハーレム過ぎて草

˙˚ʚまりめろつぇるɞ˚˙

私も…? #6

淡々と自己紹介が終わっていく。
「俺は轡牙城ひがし竜馳りゅうた中国とアメリカのハーフ。よろしく。」

『次のひとは〜…』
え、私…?
「ンンッ!夢結ノア。イギリスとアメリカのハーフ。親はシャメルの社長ですわ。よろしゅうお願い致しますわ。」
『お〜!!!』『金持ちきた!』『オトメキャラ!』『モテそうだ』『可愛い!』『話してみたい…!』

私の反響はこんなもんだろう。

私は完璧。このままやり通せばいい。

前の私とは…ちがう…!!


「な、なぁ…?カラオケ、行かね?3人で!」
「ちーす!私だよ〜!」
「俺もいるし。りゅうただよ。」

『わ、私も…?いいの?』

「もちろん!歓迎するよ!1年間よろしくね☆」
『う、うん!!分かりましたわ!』

ღおまけღ

そのころ、運転手は_____

運転手】…太鼓の達人でも…しようかな…
(`-ω-´)ドンッ!!(`⊙ω⊙´)カッ!!(`-ω-´)ドド(`⊙ω⊙´)カッ!!


セルフ太鼓の達人…
悲しいな…




〜続く〜

「第2の人生ハーレム過ぎて草」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く