話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

第2の人生ハーレム過ぎて草

˙˚ʚまりめろつぇるɞ˚˙

夕焼けのプリンセス#4





バレエもおわった。今日はルイくんの誕生祭だ。行きたかったけどゲームの誕生祭もあるからいいや。


カーカー__カー_

カラスの声。辺りは夕焼けに染まり光が私を照らす。
「光はあんま好きじゃないんだけどな…」
そう言葉を漏らした。
今日は短縮授業だから自己紹介もクソも何もしていない。
明日…だ。元コミュ障にはとても耐え難いものだ。

けれどもなにか楽しみな自分もいる。


コンコン…
『お入りいたします』
その声を聞くとビクッとしてしまった
メイド)来週のスケジュールの予定をお話いたします。
ノア)…なんだ…メイドか。
メイド)月曜日は撮影がございます、そのあとお茶会がございます。火曜日は天皇陛下ご挨拶。水曜日は雑誌撮影、木曜日は取材あとピアノのお稽古がございます。
金曜日はマスカーレイドがございます
ノア)わかりましたの。晩御飯は8時になさって。
メイド)了解致しました。

プルルルル   プルルルル
『はい、もしもし』
「あーノアさん…?/////」
『そうですが』
「あの…/////話したいことあるから明日…放課後屋上で待ってる/////」
『…はぁ。わかりましたの』

またこれか。告白ってめんどくさい

〜つづく〜

「第2の人生ハーレム過ぎて草」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く