地味な俺がなんでモテるの!?

斉藤 自由

第2話 態度大きいお嬢様な彼女は 橘 桜花



「ねぇ」

と成城の隣で歩いていた二葉は突然切り出した
急に喋り掛けて来たが特になんとも思う事なく返事を返す

「ん?」

「あのね…その…」

と成城でもわかるぐらいに顔が赤面していた
そして何故か少し恥ずかしそうにモジモジとしていた

「ん??」

何か隠してる事があるのか?と一瞬思ってしまったが、成城は別にカップルでも無いのに
「なんだ?何か隠し事をしてるのか?」
なんて彼氏面してたら さすがの幼なじみでも引いてしまうだろう………だからここは

「どうした?トイレか?」

この時 成城は正しい選択をしたと確信をした
何故ならば!未来は人と会話をしていてモジモジするような照れ屋では無いことを知ってるからだ!そして…何よりの証拠は!
二回目だがモジモジしているという事だ!
そう…女の子は人と会話をしている時モジモジとしていたら だいたいトイレだからだ!

と見事ボディーブローや正拳突きを食らわずにすんだと内心カッコを付けフッと思いながら未来を見たら未来は俯いて何かを我慢していた様子だった
やはりと成城は思っていたが

「まぁトイレだったらそこの公園にでも」

「ば」

「?」

「ばかーー!」

「ぐふ!」

とどうやら正拳突きを食らったらしい
ははっ今なんかメキッて言った
未来の正拳突きを食らいその痛みで倒れたら
未来は成城に食らわした後 直ぐに
ばかーー!と言いながら先に行ってしまった

「 本当に何がしたかったんだよ!」

成城は痛む所を押さえながら頑張って立とうとするだがやはり痛みがありフラフラと歩いている

「なんか 怒らせる事したかな?」

と本当ににわかっていない成城はゆっくりだが歩いていると

「あの」

と少女は呟いたが声が小さすぎて成城には聞こえていない
そして少女はもっと声を張ろうとさっきより大きく言ったのだが

「あの」

「マジで痛え」

と痛い所を抑え込ている成城はまだ気付いていない
そして少女はそのまま声を掛けられずに
成城とは違う道で学校に行くのであった

(私のバカ…)

「未来の奴…本当に先に行きやがったな…」

ともう痛みは…少し残っているが
普通に歩いていても大丈夫と言う程回復し
学校への道のりを辿っている
そしてただただ歩いて
十字路を渡ろうとしたら列がぞろぞろと曲がって来た


「あぁ!橘様!」

「今日もなんという美しさ!」

「お飲み物はいかがでしょうか」

と何故か大声で黄色い声援を送っている奴がいる

「頂わ」

と金髪のハーフ系な美少女が取り巻きの男子に囲まれながら歩いている

「あー橘様」

と取り巻きの男子が口々に橘と言う名前を連呼している
何処の神様だよ…
と思わせるような雰囲気だ
普通はその列に少し離れて歩くのが得策だと思うのだが成城にはそんな事関係無く列の横を堂々と歩いていた

「ちょっとそこのあなた」

とキレイな声が聞こえたが成城は自分が呼ばれたのを気付いて無く無視をしてしまった 

「ちょっとあなたよ!あなた!」

と少し声が荒かったのでもしかしてと言う表情で成城はその声の方に顔を向けると

「あなた!この私を無視するなんて!
庶民には私を見るのも烏滸がましいこの私に!」

とちょっと痛い子かな?と思わせる口振りで
成城はその橘と呼ばれる彼女に少し冷やかな目線を向けながら

「ごめんごめんで  何?」

と何故こちらは悪く無いのに謝ってしまうのは多分面倒なのかとこの場合は思わせる

「あなた…私の横を歩くのは止めて下さる?」

と少し小馬鹿にしながらイラッとくる台詞を言って来た
コイツは何を言ってるんだ?と成城は思ってしまう
だが成城は頑固なので退けと言われても退かない主義である

「やだね それは俺が決める」

と断ったのだがその言葉に取り巻き含め当の本人も驚きの表情をしていた

「おい…あいつ橘様の命令を…」

「あいつ…終わったな…」

と声が聞こえて来た
そして成城はこの橘と言う奴は少し金持ちでルックスが良いだけでこんなにもちやほやされてるのだろうと思った
いじめ等されそうだが成城は決して折れないと自信がある
と少し気が張りながらも成城は淡々と歩いている

「あなた…名前は…」

と橘から声を掛けられたので名前位はと
成城は名乗った

「斉藤 成城」

「そう…その名前覚えとくわ
私も名乗ってあげるわ!」

と異常に態度をでかくして行ってきた

「私は橘 桜花たちばなおうか…そして」

「ハイハイわかったわかった」

「な!」

と軽くあしらい怒鳴っている声が聞こえてきたが無視をした

そして止まっている列を尻目に成城は先に学校に向かった

「地味な俺がなんでモテるの!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く