地味な俺がなんでモテるの!?

斉藤 自由

第1話 しっかり者で幼なじみな彼女は 二葉 未来

どうも!斉藤です!今回のテーマは恋です!
もしも楽しめて下さいましたら幸いです!




俺の名前は  斉藤  誠治 ごくごく普通の高校
生です
住んでる所は住宅街みたいな所 見所はコンビニ大戦争ぐらいです
そーんな人生で何にも起き無さそうな俺がまさか……
 
 「はぁーあ   良く寝たー 」
 
いつも通りの眠い朝 
俺はベットからおり登校の準備をする
そして決まっていつも俺の幼なじみが来る
 
 
ピンポーン
 
   「あっ やっぱり来たて言うか毎日来るよなー」
 
 俺の幼なじみは二葉 未来ふたばみく容姿を言うと黒髪ロングでポニーテールの少女だ。
スレンダーボディの彼女はそれがコンプレックスになっており、それを指摘するととてつもなく怒る。
しかし、顔立ちは良く一目みると惚れてしまく男子は多いいだろう、つまりは美少女ってやつだ。
まぁ俺には普通に見えるけど……
 そして、その様子を二階から眺めている。あいつはそんな俺に気がついて大人しめな感じで少し笑顔で手を振ってきた。
俺もそれを返すように手を小振りで振ったが未来は何故かびっくりした表情で俺を見ていた。
俺はその理由を窓を開けて言おうと思ったのだがもうすでに母が入れたらしく数秒たった瞬間       部屋の扉が勢い良くあいた
 
 「こーらーーー!!!! 」
 
と声をあらげていたのでなんでか理由を聞いてみた
 
 「なんだ?俺はいたって普通だぞ?どうかしたか?」
 
 「どうかしてたか? (モノマネ)
 じゃっなーーーーい!」
 
 「な  な  なんて格好してるのよ!」
 
 「ん?これか?いやっただの下着だぞ?」
 
俺の格好はいたってシンプルボクサーパンツにシャツのシンプルな服装だ 
 
 「お  女の子に見せられる格好じゃないでしょ!!!」
 
 「それは俺の自由だろ?しかも、ここは俺の部屋だし なんでお前が決めるんだよ?」
 
 「それは…幼なじみだからよ」
 
 「そうか?まぁとりあえず俺の部屋から出てくんね?」
 
 「え?あっごめんなさい!」
 
 いや…これは…もしかして…
 
 「もしかしてまさか……俺の裸を………仕方ないな………」
 
 そして彼女のほうにずかずかと歩いて鼻と鼻がぶつかりそうな位置まで近づいた
 
 「え?ちょっと…何を…」
 
 「二葉…」
 
 「そ…」
 
 「?」
 
 「それ以上!近づくなー!」
 
 そして俺はボディーブローを食らった
  
 「グフ!」
 
その光景を母は
 
 「ウフフ  今日も元気ねー」
 
これが俺の日常←?の朝だ


「あ!私も手伝います!」

「あら~助かるわ~」

「はいコレが 二葉ちゃんの分ね」
 
「ありがとうございます!」

といつもの様にお母さんの手伝いをしている二葉をみて身支度が終わった成城はその二葉を見てたらポロっとでてしまった。

「二葉は将来良いお嫁さんになるんだろうなー」

「え?」

その成城の言葉を聞き持っていた布巾を落としていた
突然落とした布巾に成城はどうしたかと言う意味で二葉に

「ん?二葉ー布巾落としたぞー」  

と言うが二葉は何かぶつぶつ言っていた

「い 今 お嫁さんって…」

もちろんこの言葉は成城に届いていない
空気を察したのかお母さんが

「じゃあ みんなで食べまよー」  

と手を二回叩いた後その音で二葉はハッとなっていた
その事をきにすることは無く成城は四人テーブルに座るのそして、必ずしも二葉が成城の
隣に座るのだ
そんな事に気づいていない成城は普通に朝食を食べるのであった

「ごちそう様」


「ごちそう様でした」

と二人は準備が出来ているのでお母さんにかたずけを頼み二人は玄関の扉の前で

 
 「行ってくるー」
 
 「行ってきます!」
 
 元気良く挨拶をしている彼女にお母さんは微笑みながら送った
 
             通学路
 
 「う…まだ痛む…」
 
 「あんたがわるいんだからね!」
 
 「いやいやさすがに冗談ってわかれよ…」
 
 「わかりたくないわよ」
 
 「てかお前は空手の世界大会優勝者なのに本気じゃなくてもいてえよ」
 
 「わかったわよ  確かに痛いと思うからもっと優しくするわよ…」
 
 「なんだよ?そのツンデレ的な暴力発言全然可愛げないぞ!」
 
 「べっべつに可愛げ何て求めてないから!」
 
 そして話す事がなくなった
 静かな時間が流れる気まずいが俺はこういう静かな感じが好きだ

 
 「やっぱり何かちょっと寒いね」
 
 あちらも気まずいのかしゃべりかけてきたそして
 
 手にはぁはぁと息をかけていた
 
 「そうだなー」
 
 と空を見つめながら言った
 
 「そういえば今更だけど高校一緒だね!」
 
 そう今日は始業式今は3月だがけっこう早めに始業式を初めるらしい本当にバカなのかな!まぁ1日だけだけどね
俺はその1日ほどおしい! 
 
 「あのね…」
 
 「ん?  なんだよ?」
 
 「いやっ…一緒のクラスになれたらいいね…って」
 
 「俺は別にどっちでもいいよ」
 
 「そこは!そうだねー とか 確かにねっていうところでしょう!」
 
 「え?そうかな?」
 
 「そういうものなの!本当に鈍いな」
 
 「俺はけっこう鈍くないよ」
 
 「いいや!せいじは鈍いよ!」
 
 そんな会話をしている内にコンビニが見えてきた  またいつものやってるんだろう

 「おぉぉらぁぁぁぁ!」
 
 「なんと!?だが我のこの必殺技…とくと受けてみよ!」

と白熱したバトルが繰り広げられていた

「おー今日も気合いの入ってるバトルだなー!」

と少し興奮している 成城に少し呆れたように二葉は突っ込みを入れて来た

「まぁ確かに気合い入ってるけど…」

とコンビニの店長二人を見て

「おにぎりをどちらがはやく食べるか
っていう変な戦いじゃなかったらなぁ」

ととんでも無いことを言って来た

「あのなー!この住宅街ではコンビニの戦いが唯一見られる場所なんだぞ!」

その言葉に二葉は溜め息をし

「私の住んでいる場所で 恥を晒したくないわね」

と冷たい事を言ってきたので成城は少し間があり 未だ白熱する店長二人を見た

「ぐぬぬ」

「う うっぷ」

どうやら決着がつかなかったらしい
二人とも大の字に倒れ吐きそうになっている
成城はその光景に拍手をした

「かっこ良かったぞーー!店長ー!」

と成城の言葉に反応し二人は腕を上げグッドサインをしてきた
それに合わせて成城もグッドサインをしていた
その光景はまるで英雄を見送ったような若き兵士のような光景であった
 
「ばかなの?」

そんな光景に対し二葉の言葉で現実を見る
成城であった。
 
 
 

「地味な俺がなんでモテるの!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く