話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

Bouquet of flowers to Messiah

有賀尋

決意を胸に

─タグとか...ないっすかね...

どうしてこの言葉が出たのかわからない。
でも、離れる前にどうしても欲しくて。
チャーチを出ようと考えたのは万夜の火葬が始まってからだ。

チャーチを出て、万夜の望む世界を作る。

それができるのは、俺だけなんだ、と、意思を固めた。

メサイアなんていらない。
万夜がいれば。

「...万夜はここにいてくれる、それだけでいいんです」

そうタグを握りしめるとどこかタグがあたたかい気がした。

...やっぱいるんだな、ここに。

確信はない。ただ、そんな気がしただけなのかもしれない。

強い決意を胸に、俺はそんな素振りを見せないように準備を進めた。

「Bouquet of flowers to Messiah」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く