話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

Bouquet of flowers to Messiah

有賀尋

The sun which disappeared

「万夜ー?ったくどこ行ったんだよ...」

俺は自分のメサイアを探してチャーチの中を彷徨いていた。
任務はないし、出て行ったというのも聞いていないからどこかに居るはずなんだ。それがどうしてか見つからない。

「任務終わって帰るって言ったのに...部屋で待ってるって言ったじゃん...」

すると、緊急音を鳴らして端末が震えた。
緊急の時だけ音が鳴るようにしてある。

「なんだよ、また任務?」

通達を見て、俺は時が止まった気がした。俺は端末を投げ捨てて走り出す。

...なんで...!
なんでだよ、万夜!

投げ捨てた端末は持ち主を失って薄暗い廊下の上を滑っていった。
その端末の画面には、冷たい文面が映し出されていた。

【通達】
神代万夜が失踪。
空港にて最後の姿を確認後行方不明。
全員、捜索せよ。

「Bouquet of flowers to Messiah」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く