話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

Bouquet of flowers to Messiah

有賀尋

If all is over, and the stage ends

もしも全てが終わって僕達が必要とされなくなったら、僕らはどうなるんだろう?

戸籍や、生きる上で必要なもの全てを抹消され、亡霊として生きてきた僕達は、全てが終わったら生きていく意味などない。
きっと僕らは何かしらの形で処罰を受けるか、もしくはそのままなんだろう。

全てが終わっても、彼はまだ僕の隣にいてくれるのだろうか。
その声で僕の名前を呼んでくれるのだろうか。

「嫁に貰ってくれるの?」なんて冗談で言ってみたけど、僕はあながち冗談じゃなくて。
だけど、僕は1日でも、1時間でもいいから長く彼に指令を出していたいと思う。

でもそれはきっと我儘なんだろう。

僕が一緒に戦う意味はそれしかないのだ。

僕をそばに置いて欲しい、なんて我儘は言えない事くらい分かっているし、この世界はそういうのに寛容がない。
それに、彼の中で僕は「メサイア」という存在でしかないことくらい分かっている。

表舞台に出る彼を支えるのは僕だ。
好きなように舞い踊る彼を支え続けるのが、僕の役目。
どんな怪我をしても、どんなふうでもいいから。

どうか、僕のところに帰ってきて。

「Bouquet of flowers to Messiah」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く