話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

Bouquet of flowers to Messiah

有賀尋

Rule to live in the dark world

俺が死んだ時、あいつの泣き声が聞こえた。

俺が死んだ時、あいつの必死の声が聞こえた。

俺が死んだ時、必死に走る背中の温もりがあった。

僕が死んだ時、あの人は自分の戒めを作った。

それはどんな時であっても、人としての一生を「死」という形で終わらせる。

だが、俺達は生き返る。

俺達は亡霊ゴーストだ。
もっと言えば屍生人ゾンビだ。

縛るものはなく、ただ心霊現象のように人を殺していく。
全てを抹消されてもなお生きていく。
それは時に人を殺し、それは時に人を救う。

それが、この暗黒の世界で生きていくためのルール。
現代いま生きていく中で必要な力だ。

俺達はこれからもこの国の闇で居続ける。
そして世界の闇と戦い散っていくのだ。

「Bouquet of flowers to Messiah」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く