話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

Bouquet of flowers to Messiah

有賀尋

To favorite you

「おはよう」って言えば「おはよう」って返ってくるのに、「おやすみ」って言ったら「おやすみ」って抱きしめてくれるのに、「ただいま」って言ったら「おかえり」って言って迎えてくれるのに。

...それなのに、どうしてその声は聞こえないの?

俺の大好きな人なのに。
俺の大好きな声なのに。
俺が唯一許した人なのに。

...ねぇ、どうして...?
どうして置いていったの...?

知ってるでしょ、俺は君がいないと寝れないんだよ?
君がいてくれたから強くなりたいと思えたんだよ?
君が守ってくれていたから、俺はここまでになれたんだよ?
君が守ってくれていたから、俺も守りたいと思えていたんだよ?

なのに...なのにどうして...?

どうして大事なものを奪っていくの?
俺は神なんて信じていないけど、でも、もし信じるとするなら、俺はきっと神を恨む。
俺は...何よりも大事なものを奪っていった神が憎い。

...返してよ、俺の大好きな人を。
返してよ、あの声を、あの温もりを、あの背中を。
もし時間が戻るなら、俺が代わりたい。

でも、今は泣かない。
泣きたくなる時もある。
蘇生槽のそばにいるとどうしても泣きたくなってしまう。だけど、次に泣く時は海斗が起きた時と決めている。

「...行ってくるね、海斗」

そう海斗に告げても声は返ってこない。
でもいつかまた聞けるんだ。

...その時まで耐えてみせる。
海斗に褒めて貰えるように。

また隣に立てるように。

「Bouquet of flowers to Messiah」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く