話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

Bouquet of flowers to Messiah

有賀尋

光とともに

僕にはいない、救世主メサイアなんて。

そう思っていたはずなのに。

僕には光なんてない。

そう思っていたはずなのに。

いつからこんなに君を求めるようになったんだろう。

君が光でいてくれたから、僕は前を向けた。

君と歩いていこうと決めた。

だから、僕に守らせて。

きっと命は短いかもしれないけれど

それでも一緒に色んなことを乗り越えたい。

僕の命が尽きるまで。

どうか、どうか隣にいさせてください。

「Bouquet of flowers to Messiah」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く